未来予想図を見て | ぶどうちゃんのブログ☆ミぶどうがとれる柏原にいらっしゃい☆彡

ぶどうちゃんのブログ☆ミぶどうがとれる柏原にいらっしゃい☆彡

 このブログは、4年目になります。私は、当初から政治と日常生活、労働組合、社会民主主義、文化、趣味、市民運動などのジャンルを問わない記事を更新してきました。今後ともよろしくお願いします。


テーマ:
 私は、今月の6日に上映された未来予想図を見ました。この映画映画は、20日迄全国の松竹系の映画館で上映しています。
 私がこの映画を知ったのは、松竹のサイトを見て知りました。モデルの松下奈緒がこの映画の主役なるほどノリに乗っています。アップニコニコNEW
 この映画は、雑誌編集社に勤める宮本さやか(松下奈緒)が建築設計事務所に勤める福島慶太(竹財輝之助)と学生時代の映画同好会から付き合っていました。さやかは、当初印刷会社のOLをしていましたが、慶太の自分の理想を追い求める姿に触れて雑誌編集者に転職をしました。
 さやかが転職をしたとたんに、慶太がスペインのサクラダ ファミリアの建設現場の方に転職になりました。二人は、それぞれの道を歩みました。
 別れから5年が経ち、さやかは、インターネットで話題になっている花火職人の井上拓己(原田泰造)に取材のお願いをしても、拓己は、何度も拒否をしていました。
 さやかの母の陽子(松坂慶子)が入院先からさやかの自宅に電話して翌日に容態が悪化して、さやかは、生まれ故郷の福岡に帰ります。さやかは、母の容態がよくなっているのを見て、慶太のいるスペインに行きました。ところが、さやかは、慶太とスペイン人の女性と住んでいるのを見て、傷心の身で帰っていきました。
 さやかは、雑誌の編集の上司から花火職人の記事の取り止めについての文句を言われるなかで、花火職人の拓己から取材の了解を得て、仕事の充実感を体験しました。
 慶太は、さやかが勤務しているサイトでさやかの取材の記事を見て、記事で紹介していた花火大会に行くことを決めました。
 さやかと慶太が、花火大会で再び再会して、花火が打ち上がるなかでしっかりと抱きしめ会いました。
 二人は、一年後に大学時代の映画同好会の仲間の結婚式の会場のチャペルベルで結婚式を挙げました。
 監督カチンコは、蝶野 博です。蝶野氏は、この映画がデビュー作です。
 私は、最近国政選挙や自治体選挙の支援や建設政策研究所関西支所の研究集会、現代労働問題研究会の総会などの参加で映画映画を見ていません。この映画映画は、忙しいなかで見たのでホッとしました。ニコニコアップラブラブ

ぶどうちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス