彼だけをあなたに充足感を与えてくれる唯一の対象としてはならない~ベストパートナーになるために4 | 鹿児島・薩摩川内市 小学生でもわかる心豊かになるお勉強 元小学校教師『ぶちこ先生の心の教室』

鹿児島・薩摩川内市 小学生でもわかる心豊かになるお勉強 元小学校教師『ぶちこ先生の心の教室』

心屋認定カウンセラー田渕三紀(ぶちこ先生)
つらい しんどい ラクに ありのままに


テーマ:

 

 

昨日の続きで、タイトルを

『翻訳機』を新しくしてみませんか?②

にしようと思ってたけど、やぱ、変えてみた。(笑)

 

 

さてさて、女性にとってもっとも大きな問題の一つは、
男性がまったく口を開かなくなった時に、
彼の真意を正しく解釈し、適切に対応できないことである。

沈黙は、女性が一番誤った解釈をしてしまう男性の態度だ。
沈黙に限らず、言葉数が少ない時もそれに当てはまる。
 

男性と女性では、考え方や現実への対応法が全く違う。
 
女性は問題があれば、それを声に出しながら考え、
自分の話に興味を示してくれる聞き手とともに考えていく。
 
女性は、聞き手に向かって話をする過程を通して、
自分が何をいいたいのかを発見するのである。
 
自分の考えを口に出して表現するプロセスが、直観力を刺激するのだ。
 
 
 
しかし、男性の考え方、情報処理法はまるで違う。
 
言葉で反応する前にまず、静かに頭をしぼり、
自分が見聞きしたり経験したことについて考える。
 
そして、自分の内側でひそかにもっとも正しく有効な方法を割り出す
 
まず、自分の内側で自分なりに咀嚼してから外に向かって表現するのである。
 
 
したがって、女性は、相手の男性が沈黙を続けている時、

「自分にはまだ何と言っていいか答えが見つかっていない。一生懸命に考えているのだ」
 
という意思表示をしていることを理解する必要がある。
 
 
 
 
しかし、女性は、男性の沈黙を間違って解釈する。
その日の心の健康状態次第では、その解釈はいっそう悪くなる

「彼は私を憎んでいる。もう私を愛していない。私から永久に去って行ってしまった。」
 
最悪の場合、そう受け取ってしまう。
 
そして、「もし彼に捨てられてしまったらどうしよう。ひょっとすると、私は愛される価値のない女なのかもしれない」という最大の恐怖心にかられる。
 
 
 
 
しかし、それは当然のことでもある。

なぜなら、女性は女性の話に耳を傾ける時、
「自分はあなたの話を聞いています」というメッセージを伝えて安心させようと心がける。
 
相手の話に間が生じたときは、本能的に「へぇ」とか「そうなの」とか相槌をうつ。
 
だから、男の沈黙は大変な脅威となるのだ。
 
 
 
 
 
こんにちは!

『ぶちブロ』へようこそ♪
(ぶちこのブログ:略して!『ぶちブロ』)

鹿児島・心屋認定講師&カウンセラー
元小学校教員「ぶちこ先生」こと田渕三紀です❤
 
 
 
 
女性が話をよくするのには理由がある。

1.情報を伝達するか、収集するため。(これは男性と共通する唯一の理由
 
2.自分が本当に言いたいことを思索し、発見するため
男性は逆に沈黙し、自分の殻の中にこもる

3.精神的に迷い、いらだち、困ったときに自分を撮り戻し、神経を集中させるため。
(男性はそういう時に話すのをやめる。自分の穴の中で頭を冷やす)
 
4.相手との親密度を増すため。自分の内側の感情を共有してもらうことにより、愛を確認しようとする。
そうすることで、自分が愛されていると自信を持つことができるようになる。
(男性は相手と親密になりすぎると自分自身をコントロールできなくなると恐れている)
 
 
以上のような男女間の違いを理解できれば、言い争いが起こる仕組みがわかるようになる。
 
 
女性が肝に銘じておくことは、
男性がまだ準備不足のうちに彼の口を開かそうとするのを慎むことである。
 
 
たとえ彼が何かに悩んでいたり、ストレスに苦しめられて自分の穴の中に閉じこもってしまっても、
それが自分に対する個人的な理由によるものだと受け取ってはならない。
 
そういうことは頻繁に起こることだ。
決して愛想をつかしたわけではない。
時が来れば、彼は必ず帰ってくる。
 
 
大切なことは、穴の中まで彼の後を追わないこと。
 
もし、そんなことをしたら、穴を守っている竜に焼き殺されてしまうだろう。
 
 
例えば、彼が沈黙の世界にひとり浸っている時、
彼女はごく自然に彼に向って口を開かせようとする。

もし、何か問題があるのなら、彼を沈黙の世界から引き出し、
そのことに関して打ち明けさせて、自分の助力で立ち直らせようとする。
 
彼女は、「何か心配事でもあるの?」と彼に聞く。
すると即座に、「いや、別に。」と彼は答えるだろう。
 
だが、彼女には彼の苦悩がひしひしと感じられるのだ。
彼女は、彼を中ら引きだす代わりに、無意識に、彼の内なる思索をじゃましてしまうのである。
 
そして再び質問を繰り返す。
「そんなこと言っても私にはわかるのよ。苦しいことがあるんでしょ。私に話してみて。」
 
彼は「本当に何でもないんだ」と答える。
 
彼女はさらに言う。「本当に何もないの?いえあなたは絶対に何かに苦しめられているわ。どうなの?」
 
「うるさいな。放っておいてくれないか。」と彼は声を荒げる。
 
「まぁ、どうしてそんな答え方しかできないの?もう私には何も話したくないというのね。私のこと愛していないのね。」
 
 
この時点で、彼は自制心を失い、後になって後悔するようなことを口走り始めるに違いない。
 
心の中の竜が現れて、彼女を焼き殺しにかかるのである。
 
 
 
 
これは、何かを悩んでいる場合だけでなく、
仕事のストレスや疲れがたまっていて、ゆっくりしたくて
自分の世界にこもっている時も同じである。
 
とにかく、男性が、語りたがらない時はほっとくしかないのだ。
 
 
そこで、もしも、
話をする時間もとれないなんて!!
と責め立てると、アタシのように焼き殺されるのだ・・・
。。。_| ̄|○
 
 
話がしたいけど、
話に向き合うほどの集中力を費やす時間がとれない
そんなこともあるのに・・・
 
アタシは、時間なんてとろうと思えば5分でも10分でも、時間なんて作れるはずだ!!と思っていて、
たった5分の時間もとれないなんて、向き合うつもりがないんだ!!
っていう被害妄想に陥ってた。
 
ちがうんだよね。
5%くらいの意識での、アタシへの時間ではなく、
100%の意識を傾けられる時間をとって語ろうと思ってくれてたはずなんだよね・・・。
 
それなのに、理解できてなかった。
 
ホントに、あの時の自分が、アホすぎて(笑)
けど、わからんかったんやもん、仕方ないよなあ。
だからこそ、今、このことが納得できるし、よくわかるし、
次、気をつけよう!って思えるもんね。
 
 
 
 
男性は、自分の最愛の女性には、
自分がいかなる問題も独力で処理できる人間であることを信じてもらいたいと願っている。

それは、彼の名誉やプライド、自尊心を左右する実に重要な要素なのである。
 
 
といっても、心配するなというのはこれまた無理な話でもある。
 
なぜなら、特定の人間のことを心配することが、
女性のもっとも自然な愛情表現の方法
なのだ。
 
 
けれど、彼は彼女の幸福を願っている

彼女が幸福でいてくれれば、彼の心配事はひとつ減る。

加えて、彼女が幸福ていてくれるということで、
彼は彼女から愛されているのだという実感を得ることもできる
のだ。
 
 
愛する女性が実に幸せそうで心配事などないように見える時、
彼は安心して、問題解決に専念することができ、
男性は穴の中からより簡単に抜け出してくることができる。
 
そして、彼女が自分と一緒にいつだけで幸福であるということを確信できれば、より力が与えられ、やる気が湧いてくるのである。
 
 
 
 
 
 
役に立ちたい気持ちもわかるし、
自分に心を開いてほしいっていう気持ちも、
すっごくすっごくよくわかる!!
 
 
すっごくよくわかるけど、
相手の力になろうとすればするほど逆効果。
 
こんな時は、ぐっとこらえんとあかんのよね。
 
気になるけど、そっとしておく
気になるけど、ほっとく。
 
そして、自分は自分のことに集中する。
 
自分が『幸せ』な状態でいることが何よりも大切。
 
 
 
 
 
 
自立心のある女性は、『愛され上手』です。
 
 
自立というのは、何でもかんでも自分でできる!
という意味ではありません。

経済的に独立するとかいう意味でもありません。
 
 
自分で自分のご機嫌がとれるかどうかということだと思います。
 
もちろん、友達やカウンセラーなど誰かに頼ってもいいのです。

ただ、自分がご機嫌になる方法を、ちゃんと自分でわかっているかどうかなのです。
 
 
 
あなたが好きなことはなんですか?
あなたは、どうなったらご機嫌がなおりますか?
 
 
ご機嫌をなおすことを、パートナーだけに求めるのではなく、
(もちろん、パートナーの準備がOKなら求めてもいいですよ)
 
自分自身で、ご機嫌を元に戻すために、
どうしたらいいのか、わかってあげていますか?

ということなのです。
 
 
 
例えば、読書、女友達とお喋り、音楽鑑賞、庭いじり、日記、ストレッチや運動、ショッピング、散歩、瞑想、入浴、セラピー、テレビやビデオ鑑賞、趣味、料理の創意工夫などなど
 

あなたの好きなことや、あなたが幸せな気分になることをしましょう。
 
今「ない」と思っている人は、いろいろなことを体験し体感して、
じっくりと味わいながら、自分が心地いいモノを探してみましょう。
 

そういう『感じる』時間をしっかり味わうのです。
『自分』が『心地いい』『癒される』『ときめく』ものを。
 
 
 
 
 
どうすればよいのか。まとめ

1.彼が自分の殻の中に引きこもる必要性を認めてあげる。
 
2.頼まれもしないのに解決策を示して問題解決の手助けをしようとしない。
 
3.相手がどう感じているかを質問して、彼を自分の思い通りに教育していこうなどと考えない。
 
4.穴のすぐ横に座り、彼が飛び出してくるのを待ってはいけない。(放っておく)
 
5.彼のことをやたらに心配したり同情したりしてはならない。
 
6.彼のことにはかまわず、自分自身を幸福な気分にする何かをすること
 

もし、どうしても彼に『話す』必要があるのなら、
彼が穴から出た後に読めるように手紙を書いておけばいい。
 
聞いてほしい話が、気持ちをわかってもらいたい内容なら、友達に話せばいい。
 
彼だけをあなたに充足感を与えてくれる唯一の対象としてはならないのだ
 
 
パートナーを自分の中心に据えるのをやめよう!!
 
 
 
 
 
画像を探していたら、恐ろしい言葉を発見してしまった!!(笑)
 
 
 
だから、ダイエットに成功しないのか・・・(;´д`)
 
 

 

次回のオープンカウンセリングはこちら
必要なあなたに届くといいな♥
 
■心屋塾オープンカウンセリング■
♥ in 鹿児島 ♥
鹿児島会場
日時 担当カウンセラー 会場
2/21(水)11:00~13:00
田渕三紀(ぶちこ)
子連れ可
鹿児島 青少年会館3階礼法茶室(和室)
鹿児島県鹿児島市鴨池新町1-8
お問合わせ:オープンカウンセリング鹿児島開催に関するお問い合わせはこちら

♥ in 熊本 ♥
熊本会場
日時 担当カウンセラー 会場
2/25(日)11:00~13:00
お申し込みはこちらから
田渕三紀(ぶちこ)
子連れ可
スペース NORA
熊本市 大江5丁目 自家焙煎珈琲豆店 「南阿蘇珈琲Shop大江」となり
お問合わせ:オープンカウンセリング熊本開催に関するお問い合わせはこちら
 
 
みさちゃんが主催してくれるコチラもよろしく(*ˊᗜˋ*)/♡
 

【ぶちこ先生の春夏秋冬講座】

2018年2月24日(土)

秋講座 11:00~13:30 (おかわり!!ってことで再講座)

冬講座 14:30~17:00

場所:天神

秋講座お申し込みはこちら☆

冬講座お申し込みはこちら☆
★両方でも片方でも単発参加OKです!

 ただ会いに来てくれるだけでもOK❤(*´艸`*)うふ♡

 

 

 
★心屋塾初級セミナー★
「心屋塾初級セミナー」とは★★

 

通常版初級セミナー
◆3月10日(土)11:00~18:30 大分(別府)
※催行人数:4名様以上~12名様

お申し込みはコチラから

◆4月14日(土)11:00~18:30
※催行人数:2名様以上~8名様

お申し込みはコチラから


マンツーマン初級セミナー
★リクエスト開催可能(いつでもどこでも対応します♪)
詳細・お申し込みはコチラから
 
 

 

★『愛されバンビ講座』

単発参加もOKです!!

 

♦日程(鹿児島会場) 14;00~17:00
第4回:1月17日(水)  
第5回:2月21日(水)
第6回:3月14日(水)
 
 
 
一緒に、愛され体質になっていこう♡

 

 

 

 
特別個人授業❤コース
■生き方・考え方がラクになる個人講座■
~ありのままの自分にOKを出そう~
■あなたはどっちタイプ?■
★1日で6時間みっちりタイプ
★2時間ずつの3回じっくりタイプ

2時間ずつタイプの方
上巻(思考の仕組み・引き寄せ等)➡中巻(脳の仕組み・パートナーシップ等)➡下巻(お金について等)
の順に受講してください。

■場所■
基本は鹿児島の個室カフェでゆっくりとさせていただきます。
※移動代・宿泊代をいただければ出張もいたします♪

■金額■
上巻・中巻・下巻それぞれ各コース3万円
※ご自身の飲食代はご負担ください。
詳細・お申し込みはこちらから

 

 

 

 自己紹介ぶちこ先生のプロフィール❤
 心屋塾初級セミナー
  特別個人授業❤コース
  『生き方・考え方がラクになる講座』
  ~ありのままの自分にOKを出そう~
 補習★コース
 課外授業❤コース
 個人授業❤起業支援コース
   ~はじめのいっぽ~
 お客様の声
ご質問・お問い合わせはこちら
 メルマガ配信中
  ①小説みたいなストーリータイプ5日間連続配信
    『親との関わり方が変わった美幸さんのストーリー』
  ②真面目な話と無駄話の2種類が届く(不定期)
    『あなたも自由に羽ばたける!ぶちこからのLOVEレター』
 LINE@登録受付中『ぶちこのぶちこみ部屋』
 LINE『グループ de 里の行』
 文通(メールカウンセリング)
 カウンセリングメニューのご案内

 

 

 
 
 

心屋塾認定講師&カウンセラー 田渕三紀(ぶちこ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります