(クリックで拡大)

うふふのふ♡

 

 

ハロ〜♡つばきです!

みんな、バブ活してる〜?

 

最近自分の女子力の低さをヒシヒシと感じるのよね。

 

パートナーとは、付き合い出して1年。

一緒に住みだして、7ヶ月ぐらいたつんだけどね。

 

料理は一切せずに外食バブリ〜ッ!!(シンガポール外食めっさ安いからね)

 

家事洗濯一切せずにメイドさん任せバブリ〜ッ!!(シンガポールはメイドさんめっさ安いからね)

 

なわけ。

 

おまけに、アテシが好きなことをやり放題でスケジュールを先に入れちゃうもんだから、クリスマスも、年末年始も別々に過ごすという謎の自由行動!

 

バブリ〜ッ!!!

 

そして、今仕事においても新たな挑戦をしているアテシは、夜中まで仕事をしたり、休日も仕事をしたりしてパートナーと一緒に過ごせる時間がほとんどない状態になってたのね。

 

流石に、彼も不満が溜まったみたいで「なんで僕と一緒に過ごす時間がこんなに少ないんだよ怒」って険悪なムードになったの。

 

そこで、二人で軽く言い合いになったわけ。

 

 

 

もーアテシのこともわかってよ!とキーキーゆうアテシに向かって彼がこう言ったの。

 

 

「僕は、君と一緒に過ごせないからハッピーじゃない。君はどうなんだ?」

 

「私もハッピーじゃないわよ、もちろん!!!キーキーーーー!!」

 

「じゃあ、僕たちは共通の想いを持ってるってことだね。」

 

「まぁ、そうね......」

 

「だったら、素晴らしいじゃないか。一緒に過ごせないことにたいして、僕たちは同じ想いを持ってるんだから。」

 

「....。」

 

 

思わず面白い視点だわ、と唸ってしまったわ。

 

 

「僕は、君と過ごせないことがすごくいやだし、それで機嫌が悪くなることだってある。君と一緒に過ごせないことに対してハッピーになれと言われても無理だし、そんなことを期待しないでほしい。でも同時にそのことについて、君が僕の機嫌をとる義務はないんだよ。」

 

 

そしてね彼が、続けてこう言ったの。

 

 

君は、僕との時間を過ごすこと以上に、大切に思うことがあって、成し遂げたい夢があって、それを優先するという決断をしたんだ。その決断をした自分を誇りに思わなきゃダメだよ。同時に、一緒に過ごせないことで機嫌が悪くなったとしても、僕はいつも君のことを誇りに思ってるし、応援してるんだ。そのことを忘れないでくれ。ただ、君と過ごせないことに対してハッピーになれないだけだよ。」

 

 

ってね。

 

 

 

やばい!

 

 

 

うちのこのこ!

 

 

 

 

 

かっこいいことゆうじゃないの!!!!!

 

 

 

 

 

バブリ〜ッ!!!!

 

 

 

って思ったわ!

 

 

 

「あんた......さすがに口がうまいわね!!!!」

 

 

 

って謎の視点から褒めておいたわ!

 

 

 

というわけで、ひどい彼女かもしれないけど、アテシ!愛されてる!

 

バブリーッ!!!

 

 

グフンホホ♡

 

 

バイビ〜♡

 

 

 

バイビ〜♡

 

寄せられたお悩みには絶対お返事するわ!↓

Twitterでバブリーお悩み相談をフォローするルンルン

 

 

 

1日2回更新中だよ〜ドキドキ

 

 

 

※ニンジャガールズってそもそもなあに?? こちら 💛

 

※つばきの自己紹介はこちら 💛

 

愛されたいならこれだ

 

人のアドバイスは聞くもんじゃないわよ!

 

婚活女子のみなさまへのご提案

 

あきらめの悪い女はこうゆう人生を歩むのよ!

 

人の幸せを喜べない困ったちゃんのあなたへ

 

ドブスが一瞬にして美人になる奇跡の方法をお教えするわ!