問題解決の基本

テーマ:

どのような問題であっても、

カウンセリングの基本は一つ。

 

それは、休養をとれるような環境を整え、

生理学的な疲れやストレスを軽減させること。

そして、安心できる環境で休めるようにするだけでなく、

自律神経系を安定させる方法を選択して実行することである。

ホメオストレッチの科学的実証研究において、

睡眠時よりも代謝活動が低下している状態(覚醒における低代謝・生理学的リラクセーション)、

脳活動の活性化、あるいは、催眠時リラクセーションの脳内表像の出現について関連検証をみていく。

 

ホメオストレッチはα波の振幅増加によって示される

中枢神経に対する生理的リラクセーション効果を持ち、

皮膚電気伝導水準の低下によって示される交感神経に対する

生理学的リラクセーション効果が示された。

また、心拍変動解析による自律神経系の解析結果は、

副交感神経が活性化され、交感神経が抑制されるリラクセーション状態を示し、

さらに、LF/HF 比が2を超えている交感神経系過緊張状態にある方の解析では

ほとんどの人で改善が認められ、統計学的に有意な変化が確認されている。

脳神経細胞異常を脳表面に表示、定常的なニューロン機能低下部位と

その内容を脳表面に可視化する方法で、発達障害児の前頭前野の機能が

著しく低下しているケースを安静時とホメオストレッチ実施後とで比較した結果、

安静時では改善されないが、同一時間ホメオストレッチをすることで

前頭前野の機能(高次脳機能)大きく改善され、ほとんど正常状態まで改善している。

さらに、PETによる脳内の動態を検証した結果、

終脳(脳幹)扁桃体系に影響を及ぼし、脳の副交感神経性緊張を高め、

前脳扁桃体および楔前部の回路網のニューロン活動を調節することによって

生理学的なリラクセーションをもたらすという効果に関する科学的エビデンスが得られた。

また、初期に脳幹、特に中脳を刺激し注意中枢と言われる前帯状回が刺激され、

心拍が低下(副交感神経機能が上昇)するにつれ情動神経回路に関わる

側座核前頭葉眼窩皮質の神経活動が高まることが確認されている。

下側頭皮質外側後頭皮質紡錘回の神経活動が上昇したことは、

催眠時リラクセーションの脳内表像の出現を意味している。

さらに新規スレス指標であるCAを低下させる傾向を有することも明らかにしている。

特に精神的ストレスを自覚している被験者の場合に、その傾向が顕著であることが確認されている。

 これらの科学データは人にどのような効果を及ぼすか、ホメオストレッチの心理学的な実証研究をみてみよう。

 

1.      疲労感の減少と爽快感の増大

2.      外向性傾向の低下、社会適応性の上昇及び妥協性の上昇

3.      フラストレーション耐性の改善

4.      うつ・不安、不機嫌・怒りの改善

5.      「爽快感のなさ」「抑うつ感」「疲労感」「不安感」に有意な効果が得られ、

  労働者のメンタルヘルスに有益に作用する

6.      被災現場での疲労感、不安感は多くの人々で軽減が認められた

7.      長時間残業者のケアに有効性を実証
 

用語解説

   α波の振幅増加:α波の中でもミッドα波(912Hz)の状態が一番重要、脳波がミッドα波の状態の時、β-エンドルフィンが分泌され、ストレス耐性の強化、免疫の向上、脳の活性化が起きる。

   生理的リラクセーション:体の中の生理学的変化。

   皮膚電気伝導水準:交感神経の興奮が高まると立毛筋が収縮し、皮脂の分泌が促進され、電流の流れがよくなる。

   PET:「ポジトロン・エミッション ・トモグラフィー」の略、陽電子放射断層撮影という言葉の頭文字をとった略語。

   副交感神経:栄養の吸収や脳神神経系の休息。アセチルコリン(神経伝達物質)が作用。

   眼窩前頭皮質:他人のこころ(感情)の理解、社会性、モラルなどに深く関係。この部位の機能が低下すると、共感する力が損なわれる。多くの精神疾患、あるいは人格障害、発達障害は、前頭前野や帯状回、眼窩前頭野などの機能障害に原因があるが、この眼窩前頭野の障害では、辺縁系の活動の調整、統合に支障が生じる。抑制力の低下が起き、衝動をおさえられないといった強迫性。

   心拍変動解析:心臓の鼓動の時間間隔である心拍間隔

   統計学:データから応用数学の手法を用いて数値上の性質や規則性を見いだす手法。

   脳神経細胞異常を脳表面に表示:脳活動画像表示技術(NAT

   ニューロン:脳の複雑な働きは、情報の伝達と処理を担う細胞=神経細胞(ニューロン)の働きによって行われている。

   高次脳機能:知覚、記憶、学習、思考、判断などの認知過程と行為の感情(情動)を含めた精神(心理)機能を総称する。

   前脳:前脳・中脳・後脳という脳幹を中心にした発生学的名称

   楔前部:楔前部(けつぜんぶ)の大きさと幸福感には相関性があるという研究報告によると、幸福感が大きい人ほど楔前部も大きい。

   中脳:視覚・聴覚・体の平衡・姿勢反射に関する中枢。歩行や姿勢の制御

脳幹:免疫系・内分泌系・自律神経系・脊髄筋骨格系という系統全てに関与する機能

   下側頭皮質・大脳腹側の高次領野は色を知覚する上で極めて重要な役割を果たしていると考えられている。

   外側後頭皮質:オブジェクト認知(認知システムのきわめて根本的で中心的な働き)に重要な働きを果たすと考えられている。

   CgA)(クロモグラニンA)は、主に副腎髄質クロム親和性細胞をはじめとする神経内分泌細胞に存在し、カテコールアミンの貯蔵や分泌に関与する可溶性蛋白質。ヒト唾液中に、CgAに特異的な配列を持ったペプチドに対する抗体と反応する蛋白が存在することが確認されている。唾液CgAが精神的ストレスに対して高感度かつ特異性が高い指標であることが確認されている。精神的ストレスについてはコルチゾールよりも感度が高い。

人の眠りには、レム睡眠と呼ばれる身体を休める眠りと、

ノンレム睡眠と呼ばれる脳を休める眠りがある。

睡眠は休息と考えがちだが、実は脳内では大きな活動が起きている。

睡眠時でもとりわけレム睡眠時(眼球運動)には、

大脳皮質は覚醒時よりもむしろ強く活動していることが最近の研究で知られている。

レム睡眠中は脳機能のメンテナンスのために脳が活動する必要があり、

そのときに生じるノイズこそが夢であるという仮説も成り立つ。

夢の展開やストーリーを思い出せるものが多く、他人に説明しやすい内容である。

ノンレム期の夢は、はっきり思い出せない傾向があるらしい。

レム睡眠中の脳は覚醒に近い状態だが、

筋肉の緊張が抑制されているため、筋肉は動けない。

このときに何らかの要因で覚醒状態になると

「脳は起きているのに身体は動かない状態」になる金縛りが起きる。

睡眠中、筋緊張は低下し、レム睡眠で最低となることが分かっている。

レム睡眠は、眠っていても本能的に外敵に対応できるよう、

脳の覚醒状態を継続させる原始的な眠りである。

また、圧縮されたバネ(緊張)が解き放たれるように

筋が収縮(痙攣)する現象(ホメオストレッチ良導反応)もレム期である。

ノンレム睡眠後におこるレム睡眠状態の時は脳が一見浅い睡眠のようであるが、

同時に外部からの刺激を遮断する機能も働いて、

物音など、外部からの刺激で目が覚めやすいということはない。

基本的に交感神経の活動は、睡眠が深くなるにしたがい、

活動性が低下し副交感神経が優位となるが、

レム睡眠では交感神経の活動性が覚醒時と同レベルまで上昇することがある。

ノンレム睡眠で情報の収集を停止することによって、

シナプスの最適化を行っていると考えられ

睡眠が精神の健康を保ち、記憶を強化することを説明できる。

また、20歳代の学生を43年間追跡した研究では、

睡眠になんらかの問題を抱えた人は、そうでない人に比べて

18年後(40歳頃)にうつ病の発症率が著しく高まることが示されているが、

睡眠よりを深い生理学的沈静化をもたらす、ホメオストレッチには様々な生物的意義がある。

ホメオストレッチによる生理学的リラクセーション状態は、

睡眠の持つ生物学意義、目的を極めて短時間で実現していることを明確に示している。

さらに、ホメオストレッチの効果の側面は、睡眠を凌駕しているともいえる。

人の意識よりも身体の情報処理能力は早い。

それは人知を超えた人間に宿る摂理の動きといえる。

私たちは自分をほとんど統率しているつもりでいるが、

実は統率などできていないのが事実である。

だからこそ、生理学的リラクセーション状態を作り出し、

脳幹の摂理を導き出して発展させることが必要である。

21世紀になってまだ間もないが、

リラクセーションは21世紀の社会に大きな恩恵を与えていくだろう。

人間が変わる方法は3つしかない。
1番目は時間配分を変える。
2番目は環境を変える。
3番目はつきあう人を変える。

そして、最も重要なのことは学ぶこと。


最も無意味なのは「決意を新たにする」こと。

「疲れた人は、 学校や職場を離れて

人生に役立つ大事な学びをはじめよう!

リラクセーションとはただのんびりとしただけの状態を指すのではなく、特定の原則にしたがった実習法によって作り出される独特な心身の状態。そして、毎日、効果的なリラクセーション法を実習していけば、ストレスがたまるのとはまったく逆に、リラクセーションの貯金ができていくという視点がとても重要。

また、効果的なリラクセーション状態を作り出すためには、身体の緊張を除去すると同時に、自己成長への取り組みも重要な課題である。

 

 

Ø  自己受容の場面

・どうしても相手を受け入れられない、だからよけいに苦しい。

・どう考えても、必要な体験とは思えない。

・どのような意味があるか分からない。

・自己受容が出来ない。

・しばらくして自己受容に蓋をする。

・自己受容には精神的摩擦が生じる。

・対立しているからこそ、受容という態度が存在する。

・苦痛が伴わない受容は在りえない。

・みせかけの受容に注意する。環境の好転の影響。

 

Ø  なぜ、自己受容なのか?

・現在の自らの問題にとらわれ過ぎることなく、自己批判、他者批判に使われていたエネルギーを他へ向けることができる。

ポイント自己受容は、プロセス(取り組み)であって結果ではない。

 喜び、怒り、嫌悪、恐れ、悲しみの喜怒哀楽は大脳辺縁系で生まれている身体的な反応である。
情動(無意識)が感情の源。快不快の情動が行動を決めている。

 

 

自分自身の思考は相手のみに向かっている。

自分という相手を見ている側を無視している。

つまり、相手を見ている自分側を見ていない。

これでは世界の半分が暗闇であり、不完全である。

自分自身がすべての関わりの中心であるのに、

その本質に気づけないでいる。

 

 

 

1怒りの面倒をみる
怒りは飼いならすこと。
怒りによって行動しないこと。

怒りによって語らないこと。

 

2・実践を知らない人は相手に求める

自分を変えずに回りを変えようとする人は、

自分を成長させる実践法をしらない。

自分が変えられないから他に求めてしまう。

 

3・自分の苦しみと戦ってはいけない

苦しみから逃げようとしても逃げられない。

苦しみをやさしく包み込むこと。

 

家族はいつのころからか、「成功」と「幸福」を並べて考えるようになりました。その結果、家族は幸福を語らないようになり、幸福から離れていったように思います。「成功する人物の七つの習慣」は、1990年に初版が発行され、日本でも話題になりました。この著者のコビィは、1776年以降、アメリカで出版された「成功」に関する文献の共通点は「人格」であったと説明し、

次の50年間は「イメージやテクニック」(態度・行動・人間関係)などの対処的な方法だと述べています。そして、彼は、真の成功のためには深いレベルでの誠実さと廉潔を説きます。

 

フロイトおよびユングと並んで現代の心理療法を確立した1人として知られているアドラーは、人間は相対的に劣等感から、優越感を目指して行動しているという個人心理学を確立しました。「嫌われる勇気」で始まった最近のアドラー心理学ブームも成功して幸せになるための方法論として、原因論から目的論へと体系づけられているからでしょう。また、様々な成功哲学の原点となっているジェームスアレンは、1902年に書いた「原因と結果の法則」の中に「自分こそが自分の人生の創り手である」と述べています。つまり、結果としての失敗も成功もその原因は、心の働き次第だと。

 

「ヨブ記」は旧約聖書に収められた、智恵文学の一つです。その中で注目したいものは、信仰篤き人間がなぜ災いを受け、不信で不誠実な人間が安楽に暮している現実問題です。ヨブ記の中には、なぜかこの問題に対する「解答」が示されていません。「ヨブ記」は、人間の作為的な思考を無力なものとして扱っているのです。因果応報である、善因善果、悪因悪果は、神にとっても都合のよい法則であり、人々の信仰の拠り所になるにも関わらず、この問題にあえて疑問を与えるような記述です。

ヨブ記は、ヨブの受難を通じて、因果応報の教理と現実の乖離を痛感し、因果応報の限界と、その根底にある人間中心主義的思想の不遜を暴露しているのです。

 

さらに、哲学者のカントは「成功は偶然の賜物であり、有徳な人が必ずしも幸福になれるわけではない。また、不徳な人が必ずしも不幸になるとは限らない」と哲学者らしく、手厳しいことを述べています。カントは、むしろ有徳な人が有徳であるゆえに苦労しているのに対して、不徳なものが何ら良心の咎めなく安逸をむさぼっているのは、人生の否定できない事実であると結論づけ、人生の目的が成功を得るところにあるとするならば、私たちは理性に従うよりも、むしろ本能に従ったほうがよりその目的を達成することができる」と、まるで、現実社会の様子をカントは言い当てているようです。

老子は、人間の計らいがすべての問題の根源であり、計らいを捨て去り、自然に任せる生き方を述べています。

そして、釈迦は次のように語ります。「およそ苦しみが起きるのは、すべて起動を縁として起きる。諸々の起動が消滅するならば、苦しみの生ずることもない」(スタッタニパータ、第三 大いなる章744)これは仏教の原理である「縁起」を説いている言葉です。

 

 将来に役立つ内容も変化していきます。視点を広げ、受容力を高めることで、自分や他人を責めるという負のエネルギーを使わなくなり、立ち上がりが早まり、未来への推進力も強化されていきます。分別、作為やはからいを除き、われわれ自身が自然の一部であることを自覚的に信頼することで、望ましい生き方ができるのではないでしょうか。

成功と幸福の違い

テーマ:

幸福と成功は全く別のものであることに気づかねばなりません。

成功は過程であり、時の運、人の運などに影響され、偶然性を伴います。対して、幸福は人格性です。幸福は運や偶然性、地位や収入によって得られるものではないのです。

幸福を考えると幸福は自己の外化、自即他ということがいえます。

つまり、「自分、自分」といっていたのでは、いつまでも幸福になることはできないということです。「幸福」とは人格性であり、「成功」にあるような何かを達成、体験することではありません。

 

また、「幸福」は存在であり、「成功」は過程、偶然の賜物です。

幸福に偶然はありません。幸福に見合った人格、豊かな感性を身につけていくことになります。原則的に「幸福」とは、機嫌が良く、寛容、丁寧、親切であることなど、幸福は常に外に現れます。そして、最も大切なことは、自分自身の幸福な態度が、いかに他者の役に立つかを自覚していることです。幸福は内に隠さず、自ずと表面化されて、それが笑顔や言葉などの態度として他者への働きかけになります。人間形成には、この意味での幸福を目指す必要があります。

1.      飽食しない

2.      習慣や季節にあった食事

3.      消化を良くする

4.      大小便、あくびを我慢しない

5.      してはならないことをしない 社会的な倫理や道徳を守る

6.      悪友を持たない

7.      適用でないときに人の多いところに出向かない

8.      避けるべきものを避けない 暴力や非常識