今週末にかけての計画停電の理由、それは山火事の恐れがあるから。

恐れられていたように、乾燥と強風によって、カリフォルニアのあちこちで火事が発生しました。

ワインカントリーで有名なソノマ近くでの大火事はまだ5パーセントしか沈静されておらず、

その他にも昨日はあちらこちらで突発的に火事が起こりました。

幸いにも我が家は火事の直接的な影響からは今のところ免れております。

停電にもなってないし。

しかし昨日はいつも行っているスーパーが停電で閉まってて、あまり行かないお店に食料品を買い出しに。

子ども1が通う高校は停電のため今日は休校になりました。

子ども2の学校はそのすぐ近くにあるのですが、停電になってないので、朝はブーブー言って登校しました。

子どもってこんなもんですねw。

計画停電は木曜まで続くらしいので、我が家もそのうちなるかも・・・

なので冷蔵や冷凍が必要な食品はなるだけ買い込まないように。

新聞記事にあったのですが、火事があったある街では、計画停電が実施されていたため、今後の消化活動にあたって水不足らしいです。

というのも、計画停電があるということで、住民たちが水を備蓄したため、多くの水が使われてしまい、

水道で間に合わない分を井戸水から補給しようにも、停電で井戸水がくめない。

うちも停電になるかもと慌てて浴槽に水をはったんですが、それが仇になることがあるのだと学びました。


今週はハロウィーンです。

が、計画停電が木曜まで続くらしいし、ということはまだまだ火事の可能性が高いわけで、

消えてない大火事があるし、

大気汚染も進むので外に出られなくなる可能性も出てきていて、

ハロウィーンどころではないかも知れません。

去年も一昨年も大火事が発生したので、今年はもう燃えるもんないんちゃう?と軽く考えていたので深く反省。

電力会社であるPG&Eが老朽化した器具や装置を放っておいたから発火事故に繋がり、こんな大惨事になった責任があるらしい。

こんな状況でもCEOは巨額の給与をもらうんやろう!人殺し!と言う声がSNSでも見られます。

やっぱライフラインの民営化の末路はこうなるのでしょうか。

人命より利益、の論理。



ところで、子どもたちが日本のテレビ見てて「ハロウィン」の発音に劇反応!

「ヘロイン」みたいって。(^◇^;)

アクセントのところが違うだけでこうなるかw。

ちなみにアメリカでの発音は 

ハロウィーン

とフィフティーン、シックスティーンみたいに、ーンの部分が一番強調されます。


日本にもだいぶ定着しつつありますが、基本子どもたちの行事であるという意識が優先されるべき、

と、去年の日本のハロウィーン報道に思いましたね。

子どもたちが1年に一度大手を振って夜の町に繰り出す日なのに、お祭り騒ぎする大人がいて危ないからと、お家でおとなしくになってしまうとしたら、悲しいです。