婚活サポートブライダル豊中

婚活サポートブライダル豊中

婚活サポート企業“ブライダル豊中”のスタッフの日常です☆

Amebaでブログを始めよう!

今回の成婚は、41才の男性会員様です。

自分から積極的に申し込みをすることもなく、こちらへの連絡もマメでなく、

面談にもほとんど来てもらえない人でした。

それでも、申し込みが入ると、必ずお会いするというスタンスで活動されていました。

そんな彼が38才の女性とお見合いし、交際になったのです。

入会から1年半位が経っていました。

 

驚いたことに、この交際が始まってからは、こちらからのメールに必ず返信が来るようになったのです。

交際の様子を聞きますと、週に一度はお会いしている様子でしたので、

このまま継続していくことを心から願っていました。

交際が始まって2か月ほど経過した時に、女性側の相談所から連絡がありました。

それは、「彼女は持病を持っているのですが、交際になったら自分からお相手様へお話するように

言っておいたのですが、会員様から何か聞かれましたでしょうか」というお話でした。

さっそく、そのことを彼に聞いてみると、「その話は彼女から聞いていますよ。でも、僕は気にしていないです」

と即答でした。

 

 

口数も少なく、どちらかというとあまり明るいイメージでなかった彼から、

そういう前向きで、優しい言葉を聞いたことに、嬉しさと驚きでいっぱいになりました。

その後も交際は順調に続き、真剣交際となりましたので、面談に来ていただきまし。

何しろ入会後久しぶりにお会いしたので、その変わりように驚きました。

まず、ジムで体重を落としたので、精悍な感じの魅力的な男性になっていました。

表情も明るく、無口だった彼が、彼女の事になると色々と詳しく話してくれるのです。 

しかも、ニコニコと笑顔で話をしてくれるので、幸せな様子がひしひしと伝わって来ました。 

 

彼女の持病のことも、大きな心で受け入れている彼に、本当の強さ、優しさを見た気がしました。 

人の痛みを理解し、受け入れる大きな心を持っていたのですね。

 

どうぞ末永くお幸せに!

今日ご紹介します成婚の方は、30代前半のの女性Yさんです。

「今の仕事は自分に合っていない気がする」 

「転職先が決まったけれど、就業規則と実情が違い過ぎる」

 「両親の気持ちを考えると、今の自分では期待に応えていない」 

という言葉を女性は面談でよく口にしていました。 

そして、感情が高ぶって、涙することも多かったです。

 

とても真面目な性格で、何事も深く考え、その先に起こるであろうことを

マイナスイメージでとらえてしまいがちでした。 

、もう少し楽観的な考え方をして欲しいなと思い、そのようなアドバイスを毎回していました。

活動の途中で、転職活動もしましたので、数か月休会したこともありましたし、

精神的に婚活に疲れた際にも休会しました。 

 

そんな彼女が新しい職場をみつけたのをきっかけに、婚活の再開を勧めたのです。

慣れない仕事と婚活の両立は厳しかったと思いますが、

真面目な彼女は、仕事も婚活も頑張りました。

 

その結果、出会った男性(彼女と同じ年)は、とても明るく、よく話をする、楽天的な性格で、

何かとくよくよとマイナス思考をしてしまう彼女とは真逆のタイプでした。 

 

お見合い後数回お会いする中で、どんどん自分の気持ちを言葉にする積極的な性格の彼に、

彼女はついて行けない様子で、距離が縮まり過ぎるのを避けているような感じがしました。

面談の時も、彼を好きなのか、どうかもわからないような話をしていましたので、

大丈夫かなと思ったのですが、お断りしたいという言葉も出て来ないので、

その交際を大事にするようにと言いました。

そして交際から5か月で、婚約されたのです。 

 

前向きで、行動的な彼が、真面目過ぎて臆病な彼女の心を少しずつ溶かして行き、

心を開かせたのでしょう。

 

 

 

10月末に結婚が決まり退会されました会員様は、41才の女性A子さんです。

お相手様は40代後半の穏やかそうな、優しい笑顔の男性Oさんです。

A子さんは、数年の間婚活をされて、交際もなさっていましたが、結婚まで考えると、

なかなかこの人と思える方に巡り会うことが出来ませんでした。

 

ところが、9月半ばにお見合いをされた時、まさに運命の男性と巡り会ったのです。

Oさんは、A子さんにお見合い時に一目惚れ!

 

お見合いから1か月ほど経過しました頃に、A子さんから面談依頼がありました。

交際の相談かなと思っていましたら、なんと “プロポーズをされて、受けました”と言うのです。

お見合い後、真剣交際を飛び越えて、婚約となった訳です。照れ

 

Oさんは最初のデートで、“結婚したいと思ってます”とA子さんにおっしゃいました。

 

いくら結婚目的の活動であっても、早過ぎてびっくりしますよね。

そして、次のデートで、“最初のデートで結婚したいと言ったのは本気だから”という言葉をもらったのです。

 

そんな事を言われたら、女性はすごく嬉しいですよね。

A子さんも驚く以上に嬉しかったことと思います。

こんな形で数年間の婚活にピリオドを打つことになったのです。

お見合いから1か月後に成婚退会となりました。

(お相手様男性のOさんは、お仕事が忙しくて、一緒に来ていただけなかったのが残念でした。ショボーン

 

長年、様々な成婚の形を経験して来ましたが、これほど早いプロポーズは初めてです。

当会の歴史に残る記念すべき早さのご成婚でした。

 

お見合いでも、一目惚れはあるのです。ラブ

 

人を好きになる・・・いつ、どんな時でも、それは起こり得るのです。

そういう気持ちを忘れずに、運命の人に必ず出会うと信じて行動することが大事ですね。

次は、あなたの番かもしれないですよ。

 

A子さん、Oさんと末永くお幸せに!

 

 

あなたの大切なものも大切に思ってくれる運命のパートナーと出会いませんか。

ブライダル豊中  ☎:0120-668-224