(株)ブレイクスルー・マネジメント

 

Miho(^O^)/です。

 

昨日は、プロダクトローンチにはリストが
必要です。ということで一般的なリストの
取り方をお伝えしました。

メルマガスタンドに、リザーブストックを
選んだ場合、一般的なリスト取り以外の
方法があります。

それが、「ファーストアンサー」です。
このファーストアンサーを使うと、簡単な
質問に答えて頂いて、アンケート感覚で
メールアドレスを登録してもらうことが
できます。

そして、お客様の回答から、お客様に
ぴったりのプレゼントを差し上げる
ことができるので、満足度もあがります
よね。

リストが少なくても、プロダクトローンチは
できますが、多い方がいいのは
言うまでもありません。

リストを構築しながら、ローンチの準備を
始めましょう。

プロダクトローンチに必要な
2つ目は販売する商品あるいは
サービスです。

すばらしい商品やサービスがあれば、
ひとりでに売れていくわけではありません。

お客様1人1人に、直接、商品の良さや
メリットをお伝えできるわけではありませんよね。

直接セールスするときのように、お客様の
反応を見ながら伝え方を変えることもできません。

なので、お客さまには商品のことがなかなか
伝わりにくいですよね。

ですから、お客様について、商品のメリットに
ついて、ますは、徹底的に考えてみましょう

1.お客様は、何に悩んでいるのでしょうか?

2.お客様は、その商品を使った後、どのような
変化、結果を得るのでしょうか?

3.ほかの商品ではなく、この商品を買う
理由は何でしょうか?

4.なぜ他の人ではなく、あなたから買う
のでしょうか?

5.ほかの商品と比べてどう違うのでしょうか?

これらの質問を考えることで、お客様のこと、
商品のメリット、が明確になります。

お客様は、商品やサービスそのものを
購入しているのではなく、商品やサービスから
得られるメリットを購入しているのです。

お客様のこと、商品のメリットをプロダクトローンチ
全体のテーマにして、プロジェクトを組み立てて
いきます。

お客様にどのような価値を伝えるのか・・・
を決めるのが、この1~5の質問になります。

そして、質問の答えが、記憶に焼き付くもの
なのか、を考えましょう。

商品のメリットが、競合商品とあまりかわらず、
印象にも残らないものだと、お客様の興味も
ひけませんよね。

記憶に焼き付くアイデアについては、
「アイデアの力」という著書に、このように
紹介されています

1.単純明快である
2.意外性がある
3.具体的である
4.信頼性がある
5.感情にうったえる
6.物語性がある

この6原則の要素が入っているもの
であれば、お客様の興味をひくメリット
だといえます。

月曜日は、プリローンチ用のコンテンツ
についてお伝えしますね。

では、よい週末をお過ごしください。
 

゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**゚ *☆*゚*☆*゚

 

大人気の売れる!スピリチュアル起業診断サイト

是非、トライしてみて下さいね♪

 

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/3824

 

゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**゚ *☆*゚*☆*゚

 

インスタはじめたよ!!!

フォローよろしくお願いしますラブ

  Instagram

 

゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚

Mihoがブログで言えない(笑)

情報をLINEで発信してます!

是非、お友達になってください(^O^)/

 

友だち追加

 

゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*