丹生都比売神社 | たまごちゃんの神様ブログ

たまごちゃんの神様ブログ

縁があって出会った神様のことを書いています。

気持ち良い秋晴れの暖かい日に
聖地巡礼して参りましたのは…照れ
 
 
丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ) 神社
 
高野山のふもと九度山の西側に位置する
『 天野 (あまの)』の地やしの木グリーンハーツ
のんびりした山の空気がおいしい~ニコニコ音符
 
 
高野山が平成27年に創建1200年を
迎えましたが、丹生都比売神社は正式な
創建年代は不詳なものの、日本書紀の
記述によるとおよそ1700年前から
あると伝えられている古社です目神社
 
 
高野山開創に深い関わりをもっている…
そして、丹生都比売さまとお大師さまとは
切っても切り離せない伝説が残りますキラキラ
 
 
両部鳥居ですね!!
 
本体の鳥居の柱を、稚児柱で支えてるイエローハート
両部=金剛界・胎蔵界を表していて、
これを見たら 『ここ神仏習合やぁおねがい』って
名残を感じて…ひたってますよ(笑)ルンルン
 
 

御祭神は、第一殿『丹生都比売大神照れ

諸々の災いを祓い退け、

一切のものを守り育てる女神。

不老長寿、農業・養蚕の守り神。

もっとも古くから祀られている神様ですキラキラ

 

第二殿『高野御子大神

弘法大師を高野山に導いた、

人生の幸福への導きの神。

 

平安時代になって行勝上人という木喰僧が

氣比神宮から『大食都比売大神』(第3殿)

厳島神社から『市杵島比売大神』(第4殿)

を勧請され、四所明神となっていますお願い

 
 
 
高野山と丹生都比売神社のエピソード
(ご存知の方は、次の写真まで飛ばしてね!)
  ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 
 

唐で密教を学び終わったお大師さまは、

帰国前に、海辺から日本に向かって

三鈷杵密教の法具)を・・・

ポーイ!!!!と投げましたバイバイ

 

 『 密教を広めるのに

   ふさわしい地を教えたまえ!

 

日本にお帰りになり、三鈷杵を探して

現在の奈良県五條市のあたりを

歩いていました。
 

すると、山の中で白黒2頭の犬を連れた

1人の猟師と出会います。

その猟師に三鈷杵の話をしますと、

 

僕…その場所知ってますよ真顔

 

こいつたちに案内させましょう!と、

白黒2頭の犬を放ちました犬犬

 

 

案内の途中、天野の地でお大師さまは

宿をとることになりました。
そこで紹介された、ある山人にまたもや

三鈷杵の話をしますと

 

…ここから南に行ったら、平原がある。

 そこがそうですよ真顔

 

 

翌朝になって、その山人がその地まで

案内してくれるというピンクハート

山人に着いてどんどん歩いていますと、

 

…実は…私はこの山の主です真顔

 今ごろ言うけどね・・・。

 この地をそなたにあげます真顔流れ星

 

 

 

山の中に11kmほど入ったところの平原に

1本の松が立っており、地元の村人が

『毎夜あの上の方がピカピカ光って怖い』

と言っています。

お大師さまが松の上を見てみると、

なんとびっくり!!!

探していた三鈷杵が引っかかってるでは!!

 

 

とんでもなく驚いたお大師さまは、山人に

『一体あなたは何者でおられますか??

と尋ねますと・・・

 

私は、丹生明神っ照れキラキラ

 あの猟師は狩場明神である』

と告げ、姿を消したのでしたランニングDASH!ピュン

 

 

※ちなみに、高野山の壇上伽藍にある

 御社(みやしろ)はお大師さまが

 まず真っ先に工事をした場所ですお願い

 
~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 
 (伝説のエピソードおわり!)
 
 
 
太鼓橋豊臣秀吉の側室、秀頼さまの母である
淀殿(茶々)が奉納したと伝わります。
たしか住吉大社のあの太鼓橋も淀殿ピンクハート
 
 
 
 橋の横には、鏡池キラキラ
その昔…不老長寿になった八百比丘尼(やおびくに)
いう尼僧さんが、池にうつったご自身の
年老わないお姿をみて、嘆かれえーん
鏡を投げ入れたそうですハッ
なんという・・・うらやましいけど・・・
 
 
 
わーおねがいラブラブ
ここからでもすでにすごいパワーが…キラキラ
にうつひめさまぁ~~~来ましたよぉ~~~
橋をわたると浄化されますねキラキラ
 
 
台風のつめあと?
たくさんの木々が端に寄せられてました。
 
切り株からして、かなりの大木・・・目
これが折れたのかな滝汗アセアセ横には、思わず腰かけたくなるような
大きくて平たい石のベンチが照れイエローハート
しばらく座って、波動をあび吸収してました!
 
 
 
拝殿の前に、ひとりの男性。
他に誰もいなくて、とっても静かな境内流れ星
憧れの丹生都比売様をよりお近くに感じ、
とても幸せな気持ちで満たされますハート
 
 
まずは手水…手水…ニコニコうたが掲げられていますよ鉛筆
 
   御山(みやま)より  懸樋(かけひ)にそそぐ  智慧(ちえ)の水
  心浄    こころきよめて  かみさんぜん
 
 
 
さて、拝殿へキラキラ
と振り返るとすごく幸せそうなご家族が!!赤い着物を着た女の子小さな女の子ピンクハート
七五三かな??
お母さんの腕には、白い産着に包まれた
生まれたての小さな赤ちゃんがラブ
お宮参りでしょうね星
両家のおじいちゃまおばあちゃまらしき
皆さんも、ニコニコされて幸せそうです流れ星
 
 
神職さんが、座る席を案内されてますニコニコ
『お母さん、真ん中へお掛けください~』
『はい、お姉ちゃんこっち座りぃ~』
・・・・ほのぼのハート・・・・
 
 
 
主人公の赤ちゃんやお嬢ちゃんたちに
申し訳ないので、遠慮がちに小さく小さく
鈴を鳴らしましたよ爆  笑 カ…ラン…
 
お賽銭をいれて祝詞でご挨拶しますと、
神職さんのふる大幣でのお祓いと
たまたまタイミングが合い、神様から
お祓いのプレゼントを頂きましたブルーハーツ
そのあとすぐにご祈祷の祝詞が始まり、
とても感激しましたお願いキラキラ
 
 
 
広くてキレイな芝生の、少し左奥には
明治時代に上天野地区の諸社を合祀した
佐波神社が小さくまつられていますお願い
 
手を合わせてまた戻ってくる途中、
ここから4社がよく見える~~ラブと、
ちょっと入れるベストポジションから
カメラを構えますと、うっすらと祝詞が??
よく見ると、先ほどのご祈祷の続きが
始まったところでしたよイエローハート
丹生都比売さまって本当にお優しいハート
 
 
私はここぞ!と思う神様限定ですが、
お言葉(おみくじ)を貰っていますニコニコ
丹生都比売神社といえば、やはり
犬みちびき犬みくじ犬
 
普段は黒と白の2種類ですが、
戌年限定金ピカ犬爆  笑!
 
迷うことなく金ピカを選びます真顔
 
 
 キラキラ 『今の私に一番必要な
    メッセージをください…』キラキラ
 
 
いつも神様のおられる本殿の前に行って、
神様の方を向いて開封しています(笑)
この日も本殿の前へ、いそいそと移動し
犬の中から、固く小さく折りたたまれた
おみくじを難儀して開けますと・・・アセアセ
 
シャン…シャン…シャン……キラキラ
キラキラシャン…シャンシャン…シャン……キラキラ
シャシャシャシャシャシャシャ~~~~~~ンキラキラ
 
 ええっ目?ビクッハッ
 
 
さきほどのお宮参り&七五三の
ご祈祷の最後の、福の鈴!!!!
長く、長く、長く・・・えーんラブラブ
鳴らされるタイミングと合致しましたえーん
 
に・・にうつひめ様・・・(感涙)お願い義理チョコ
 
 
出してもらったメッセージは、、、
三輪のえべっさんと全く同じでした目アセアセ
 
神恩感謝・先祖感謝・人への布施行真顔
 
ここへ仲間入りイエローハート
 
 
 
神様っていいですね照れ
日常の喧騒、飛び交ってる人の念で、
時にちょっとくらってしまう人間社会。
まっすぐに真理をみつめていれば、
すぐに最速で軌道修正して頂ける。
くらってしまう出来事も、本人が前世で
あらかじめ設定したであろう学びですね。
 
周りの人の力になりたい、
人の痛みを取ってあげたい、
みんなを良い方向に進ませてあげたい。
 
神道を少し知るようにさせてもらうと・・・
仏教を少し知るようにさせてもらうと・・・
こんなに強くなれると教わりました。
御縁を下さった全ての神さま仏さま
ありがとうございますお願い
 
御縁で繋がってくれた、まさに星
これを読んでくれているお友だち照れ
いつも本当にありがとうございますハート
みんなが良い方に回るよう祈るね義理チョコ
 
 
 
※オマケ
最愛のお大師さまに会ってきましたニコニコピンクハート
高野山の奥の院、そして浪切不動さま
(南院)の紅葉がキレイでしたよ~紅葉