新設「サブカメラマンプラン」の説明の続編です。

 

サブカメラマンプランにはいろいろな利点があります。

 

「会場に払う持ち込み料なし」・・・ほとんどの場合、かかりません。持ち込み料を課すのは、「専属カメラマンを注文しないと、式場側に高額な上納金が入ってこないから」であり、メインカメラマンで専属カメラマンを注文すれば、これで、式場は多額の利益を得ているわけで、その他にカメラマンが入っても、持ち込み料をとる必要がないのです。(サブカメラマンにまで持ち込み料をとろうとしたら、そこはあまりにもごうつくな式場だと思います。そんなところで挙式するのはやめたほうがいいでしょう)

 

「同時に、別の角度から撮れる」・・・会場専属のカメラマンの撮影方法はだいたい決まっていて、婚礼に関しては、「記録重視」で、確実に撮ることを主にして、最大公約数のアングルで無難な写真を撮ります。(無難に撮るだけでも大変難しいことなんですが) なので、「新郎新婦が披露宴会場に入場する場面は、正面からだけではなく、後方からも撮ってほしい」という希望がある場合、メインカメラマン一人だけでは、「正面から撮る」ことしかできませんが、サブカメラマンがいれば、後方から撮ることも可能です。

 

 

 

「新郎新婦に集中する必要がない」・・・メインカメラマンは新郎新婦の姿を集中して撮りますが、サブカメラマンは、「料理のお皿を全種類撮ってほしい」とか「親族の写真をいっぱい撮ってほしい」という要望に応えることができます。ウェディングケーキ入刀シーンでも、新郎新婦を囲むご友人の姿をたくさん撮ることもできます。

 

「同時に別の場所にいることができる」・・・「お色直し中座中の、新郎新婦の控室の様子を撮ってほしい」と言われて、メインカメラマンが、控室に行ってしまうと、披露宴会場内で、中座中に行われている「プロフィールムービーの上映場面」を撮ることができません。でも、サブカメラマンがいれば、それも撮影できます。「挙式の前に新郎新婦が教会内でリハーサルをしている時間に、親族控室で親族紹介を行なう」という式場では、カメラマン1枚だと、どちらか片方の写真しか撮れませんが、これもサブカメラマンがいれば同時並行で両方の場所を撮れます。

 

いいことたくさんあります。

サブカメラマンプラン 

 

詳細は当事務所HPで