冬とお風呂と血圧と | ~久喜整骨院のスタッフブログ~

~久喜整骨院のスタッフブログ~

ここでは久喜整骨院の院の中の内容であったり、治療の説明や、体に関してのこと
またストレッチのやり方であったり、スタッフの日常等幅広い内容を紹介していきます☆


テーマ:
こんにちは!

ますます頭が膨れ上がってきた森田です。
そろそろ床屋に行きたいと思っております。

12月に入り段々と寒くなってきましたね、今年は暖冬と言われるだけあってまだ本格的な寒さにはなっていませんが銀杏並木の葉が落ちる度に冬の足音はすぐそこまでやって来ているな、と感じます( ´∀`)

そんな冬に気をつけなければならないのが風呂場での事故です!



その事故を引き起こすものの主として多いものが【ヒートショック】といわれるものです。

暖かい部屋と寒い浴室、そして熱々の湯船へと短時間のうちに急激な体温の変化をさせることによって起こるものです。

この行為により急激な血圧の変化が起こり脳卒中や心筋梗塞を引き起こす恐ろしいものなのだそうです!

さて、実は今ここで使っている【ヒートショック】という言葉は正式な医学用語としての使い方をされていません!この使い方は日本の建設業界や暖房メーカーが使っている意味合いのもので、実際に医学用語として使われる【ヒートショック現象】とは…

細胞にとって理想的な体温より高い温度下にさらされた場合の生化学的な効果のことである。細胞が熱等のストレス条件下にさらされた際、熱ショックタンパク質(英:Heat Shock Protein、HSP)群の発現が上昇して細胞を保護する。

という小難しいものです(笑)

とにかくここで言いたいのは寒いからといって突然浴槽にダイブするのは死と隣り合わせの危険な行為と言うことです!

ゆっくり体を暖め寒い冬を乗りきって行きましょう(^-^)

久喜整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス