"816" Produce by FAT & Brush eight

 

今週28〜31日に開催される

816 フィッティング会

 

日時:7/28〜31

時間:13:00〜20:00

場所:Brush eight

 

フィッティング会

といっても、どういう感じがピンとこなかもしれませんので

 

再度、説明を、

 

簡単に言いますと、

 

・塗装前の木地の状態、好みの組み合わせボディやネックを選べる

※816のボディ達【アルダー、アッシュ、バスウッド】

 

※816ネック【ローズ、メイプル】

 

 

・選んだネックのシェイプもある程度修正可能

 

 

・ボディのカラー、ピックアップ、配列を選べる

 

 

 

という感じですが

 

実際には

更に細かい所迄。

 

まず、お客様の希望のサウンドや仕様をお聞きして

 

そこから、お客様、FATハッカイ氏、FATギタービルダー板坂さん、

そしてBrush eight中村、直塚氏

それぞれの意見を出し合って、より良い1本に近づけます。

 

例えば、

ネックのシェイプやバランス

シェイプは太くても弾きやすい場合が多いです、それがフレットやボディとのバランス

トータルで見た時のバランスが大事だと思います。

なので一概には細いほうが良い、とも言えなかったりします。

そういった所を説明しながら一緒に仕上げていきたいと思います。

 

完成時の希望に近づけるよう、バランス良くお客様の手にフィットするように

出来る限りのご提案をいたします。

 

フレットも出来る限りイメージに近づけるように、ネックを触りながら選んでいきます。

 

 

 

※816ヘッドを削り中

 

 

 

※先日、実際にボディに取り付けバランスを確認する板坂さん

 

 

 

 

ネックエンド、

ネックプレートは話し合った結果

ハイポジションでも弾きやすいようにスラントしますが、

ただ斜めにするだけでなく、下記の写真のようになりました。

デタッチャブルの面白い所でもありますが、このプレートとネジの閉め具合で変わる音、その音と弾きやすさを考慮し、ネックプレートも新しく製作しております。

1弦ネック側のみ直付けのスタイル

 

 

そうして完成する1本は

ただオーダーするギターという感じではなく、

プレイヤーのお客様、FAT、そしてBrush eightが一つになって製作された

特別な1本になります。

 

もちろんアフターケアもお任せください。

 

 

※私、中村もチェック

 

※加工前の木材確認

 

 

"816" Produce by FAT & Brush eight フィッティング会

日時:7/28〜31

時間:13:00〜20:00

場所:Brush eight

 

是非、興味をもってくださいましたら

遊びに、話をしにだけでも来てください。

 

お待ちしております。

 

中村