Brusheight 直塚 航のBlog
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
みなさま、こんにちは。Brush eightの直塚です。

アダプターがかさばる。
デジタルエフェクターなどまとめて電源を供給すると、ノイズが乗る。
12V,18Vの電源も欲しい。
沢山のアダプターを無くし、スマートにしたい。
何とかならないか?

というように私自身が欲しかったパワーサプライを形にしたのが A.L.M P-70

基盤


全てのエフェクターの電源が入ればOK?なの?ですが、使うパワーサプライ、電源によってもエフェクターの音が変わっちゃうのです。
クリーンな電源になれば、勿論ノイズは減るのですが、ギターサウンドとしては何か物足りなさを感じてしまったり、元気がないように感じてしまったり。

どこまでクリーンにすれば良いのか難しいところですが、定石の数値、計測した数値など参考に、安定した電圧、ギターのサウンドに合った音を目指し調整しております。

現在スタンダードな形として
9.6Vが7個(1.2A)、ISO9.6V(500mA)が3個(Strymon TimeLine/Mobius, Eventide TIME FACTOR/MOD FACTOR/PITCH FACTOR/SPACE/H9動作チェック済)、12~24V可変可能の内容を、FATのアルミケース94(W)×124(D)×52(H)にてご用意しております。
オプションで、センタープラスのアウトを付けたり、ISO9.6Vを4つに増やすことも可能です。

筐体

最近はトランスを探しています。なるべく筐体の小さなものを。。
望んでいる電流を取り出すとなると、どうしても筐体が大きくなってしまうのです。
かといって筐体を小さくするとトラブルが出やすくなる、、、。トラブルを避けると筐体は大きく重くなる。。。
勿論安全が第一なのですが、良いバランスのトランスが欲しい!

ギターに合った電源とは、ケーブルとは、エフェクターとは、、などなど、考え始めたらキリがないのですが。(汗)
自分がイメージしているサウンドの方向にいっているのか?と、常にそんな思いを持ちながら製作しております。

お問い合わせは
info@brusheight.com

テーマ:
当たり前の事ですが、食べる、人に会う、話す、ライブを見る、触る、音を聞く、諸々、想像するのと実際に感じるのと雲泥の差がありますよね。
YouTubeなどの映像、サウンド、CDや他の媒体で刺激を受ける事は勿論ありますが。

実際に音を聞ける、弾ける、試せる、演奏を見れる、演奏出来る。そういう環境があって、自分の完成の幅?経験値?が増え、表現して行ける事に喜びというか、嬉しさを感じています。

弾かないと、聞かないと、アンサンブルしないと、良くも悪くも分かりません。



SSS

bandmaster002




テーマ:
 タッチの大切さを改めて感じています。右手、左手の。

 GainやEQのセッティング、曲の要所要所でのギターのセッティング(ピックアップの選択、ヴォリューム、トーン)も勿論あるのだけど、それよりもタッチで全くサウンドやニュアンスが変わってくる。
 全てのセッティングを変えずに、タッチだけで色んな音色が出る。一般的に良いとされるアンプは、それが顕著に出るんだなーと。
 それも自分が出したい音、好きな音、がイメージ出来てて、自分が弾いている音をちゃんと聞かないと分からない事なんですが。あ、決して上から目線ではありませんです(;´_ゝ`)
 弾く強さで、アンプのEQのメモリが2、3位変わりますもんね。

 でも、結果、要所要所で自分が出したい音が出てれば細かい事は関係なのかもしれませんけどね( ´_ゝ`)

$.


$.-Fender Band Master


$.

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス