「熟成」って不思議

テーマ:
桜島 
 
噴火のニュースには驚きました。
なぜなら、私はその数日前に、穏やかで美しい桜島を眺めていたからです。

今回の目的地は、ここ、江戸時代後期から続く黒酢づくりの里、霧島市福山町、

壺畑 
見渡すかぎりの薩摩焼の壺畑です。
この壺の中に米麹(蒸米に麹菌を育てたもの)を敷き、
蒸米、湧水を入れ、最後にまた麹を振り入れて仕込むそうです。
後は太陽の光を浴びて1年以上の時間をかけて、ゆっくりと発酵、熟成、
その結果、味わい深い黒酢が出来上がります。
坂元醸造http://www.kurozu.co.jp/tsubobatake/の資料館&レストランで、
1年、3年、5年熟成の黒酢をお味見させていただきました。
熟成年数とともに黒さが増し、酸味の方はまるくなるというか、より旨味が加わって複雑な味になっていくようです。
遠くに桜島を臨み、壺畑を眺めながら、黒酢と相性の良い中華料理はとっても美味でした。

もう一つ目的地は、宮崎県都城市の霧島酒造http://www.kirishima.co.jp/
さすが本格焼酎の最大手だけあって、工場の規模も大きい。
薩摩焼酎っていうくらいだから、生産量は鹿児島が一番?って思いがちだけど、
実は、霧島酒造のある宮崎県が一番なのですってね~
工場の敷地にはガーデンパークがつくられ、レストラン、ベーカリー、スポーツ文化施設まであって、地域に開放しています。

 霧島1 

焼酎の原料になる霧島裂罅水(れっかすい)も、開園時間中は自由に汲むことができます。

 霧島2 

焼酎の製造工程は、まず、米麹と酵母と水で一次仕込みをします。
そこに、蒸して砕いた芋と水を入れて二次仕込み。8日ほど経過すると、アルコールのほのかな香りが漂う醪(もろみ)ができます。 それを蒸留機にかけ、最終的に約37度の原酒ができるそうです。その後、こちらの工場では、こんな大きなタンクに貯蔵し、ゆっくり熟成させるということです。

 霧島4 
 ブランドによって、熟成期間も違うらしいですが、若いほどシャープな味、年数をおいた方が旨味が出て複雑な味なるなんていうのは、黒酢の場合もそうでした。

~「熟成」って不思議~
実際どんな化学反応が起こっているのか、企業や大学の研究者たちが今までずっと研究してきているテーマですが、まだまだ未知なことも多い分野であるようです。

人間だってそうではないですか?
若い頃尖っていた人が、いろいろな経験を経て、味のある人柄に成熟していく過程のようです。
複雑な味、そして、色も無邪気な無色から腹黒(^^;)の黒さを増すところなんか、ね。


よかったら↓クリックしてね

にほんブログ村
みなさま   ご無沙汰しております。

あまりにも久しぶりなので、ブログの書き方、記事の作り方を忘れてしまったような気がしますが、夫が海外出張中、今日は娘たちもバイトや部活の同窓会などで留守で、一人のんびり^^
鈍ってるので上手く書けるかどうかわかりませんが、良かったらお付き合いくださいませ。

実は、この夏、はじめてカナダに行ってきました。
ブリティッシュコロンビア州の州都のビクトリアに1週間ほど滞在しました。
ビクトリアとは、もちろん大英帝国ビクトリア女王。
州議事堂の前に立つ銅像は、お若くすらりとした美しい女帝でした。
(イギリスのウィンザー城前の銅像は貫禄のあるお姿ですが)

ビクトリア女王 

ビクトリア湾にはアメリカのシアトルからのフェリーも来ていました。ビクトリア湾 

ブリティッシュ・コロンビア博物館
特別展示のテーマはゴールドラッシュ、
19世紀に一獲千金を狙って人が集まった様子などを展示。 

ブッチャート・ガーデン
ビクトリア中心部から車で小一時間のところ。
セメントの原料である石灰岩の採掘場跡地に、
セメント工場で財を成した資産家の奥様が造り上げた大庭園です。 
limestone 

ビクトリアではアフタヌーンティーも人気です♪ アフタヌーンティー2 
アフタヌーンティー1 


 バンクーバー 

最後はブリティッシュコロンビア州最大の都市バンクーバー

バンクーバーは北米大陸にあり、ビクトリアはバンクーバー島にあるため、バンクーバー空港とビクトリアの間はバスとフェリーで移動しました。

ビクトリアは、あれ?ここってイギリス?ってしばしば錯覚を起こすくらいイギリスっぽい街。そうそう、イギリス以外で最もイギリスらしい街といわれるニュージーランドのクライストチャーチにも似てたかな。 両者との違いは右側通行、羊が見当たらないこと、アジア人がとても多いこと(半数近くがアジア人という感触でした)ですね。 バンクーバーはもっと多い感じ。 もちろん日系人も多いはずなのですが、日本食レストランがいくつか店じまいしていたり、お寿司屋さんが韓国人経営になっていたり、短い滞在ではお会いできませんでした。
今回の旅行は特にテーマは無かったのですが、やはり新しい土地を空気を肌で感じるのは楽しいですね。
みなさんもこの夏どこかにでかけられましたか?

よかったら↓クリックしてね
 
にほんブログ村