探偵会社やGPSレンタル会社からレンタルして夫や妻、従業員が使用する車に取り付けて自分で調べる方が増えています。

確かに探偵会社などに調査依頼をすると高額な料金がかかるので低価格でスマートフォンやパソコンなどがあれば簡単に調べることができます。

しかし、利用したこともないのに一般の方がいざ使ってみるのは不安な点が色々あるかと思いますので、GPS調査でのメリットデメリットのお話しをしたいと思います。

 

GPS調査とは?

 

GPS(グローバル・ポジショニング・システム Global Positioning System)機器を使って対象となる人物が使用する車やバイクなどに取り付け位置情報をパソコンやスマートフォンなどで調べることで、行動を把握することができます。

 

メリット

 

・費用が安くすむ

・リアルタイムで行動を把握することができる

・24時間昼夜問わず、監視することができる

・探偵会社に調査依頼する際、行動パターンを把握しておくことができるので少ない調査日数で証拠を取ることができる

 

調査会社に依頼して人員を導入するより、はるかに低価格ですませることができます。また、24時間リアルタイムに行動を把握することができるうえに位置履歴などで軌跡をたどることが可能なので夜中や朝方も常に監視している必要はありません。

 

デメリット

 

・車やバイクにしか取り付けることができない

・証拠としては不十分である

・器物損壊や住居侵入罪などのコンプライアンスに違反する場合がある

 

対象の人物に機器を取り付けることはもちろんできません。キャリーケースや鞄ににしのばせることは出来ますが、それでも見つかる可能性が大きいのでお勧めはできません。また、写真や動画などの記録方式ではないので裁判での証拠にはなりませんし、敷地内に無断で入ったり取り付ける車両を傷をつけたりすると住居侵入罪や器物損壊罪などの違法行為になったり、プライバシー権の侵害に抵触する可能性があります。(これに関しては婚姻関係を結んでいる夫婦だったり、雇用関係にあっても該当する場合があります)その他には機器の設置場所が悪く紛失、破損させてしまったなど様々あります。

 

GPSの種類

 

・ロガータイプ

衛星からの位置情報を受信して、位置を端末に記録します

・リアルタイム

衛星とGPS端末で相互に通信を行い、位置情報を表示します

 

メリットデメリットとしてはロガータイプは情報を端末に記録するので、閲覧するにはわざわざ取り外しパソコンなどで確認するしかありません。

リアルタイムタイプはスマートフォンやカーナビに利用されている現在位置情報やマップ機能に使われているものなので、手軽にスマートフォンなどで確認することができるので機能としては断然リアルタイムタイプをお勧めします。

 

ネットショップで購入することもできますがなかには位置情報が検索できない、電源が入らないなどの粗悪品なども売っており、位置情報が検索できても正確な位置がわからないこともあります。

 

GPSの取り付け方

 

GPS端末を見たことがある人もいると思いますが、ライターくらいの大きさのものやクレジットカードほどの薄さのものまで様々あります。我々が使用している端末は長時間使用するためにバッテリーが大容量のものなので、だいたいタバコの箱くらいの大きさのものを使っており、強力な磁石で車の底やバイクのフレームの下に取り付けてます。前述にお話ししましたがもちろん人に直接取り付けることはできませんが、なかにはカードやライターほどの端末を鞄の中にしのばせる勇気がある方もいます。(気づかれたときのリスクが大きいので私はやりませんが)

今の車は車体の底にプラスチックのパネルが貼ってあったりするので、ちゃんと取り付けないと端末が落ちてしまい後続の車に潰されたりするので気を付けなければいけません。

 

おすすすめのGPSレンタル会社としてはGPSnext

マップステーションです。

2社とも探偵業者がよく使っている会社なのですがGPSnextは使い勝手もよく自分の位置情報と連動できるので相手と自分の位置関係が非常にわかりやすいです。料金は高めですが・・・

マップステーションはコスパもいいし使っている探偵業者も多くいるので長期間使う方はおすすめかもしれません。

あとは30日間レンタルで15000円で提供しているレンタル会社もありましたが、私は使ったことがないので使用用途によっては比較してみるのもいいかかもしれませんね。

 

注意点として

 

第三者が赤の他人の車に使用したりするとストーカー規制法が適用されたり迷惑防止条例違反になる可能性もあり、当然、夫・妻にも家族だからと言ってプライバシーがあるのでいいわけではないですし、GPSの利用はそれ自体に取り締まる法律がないだけで法的に認められているわけではありません。それに、もし相手に気づかれたときにはその後の関係性は修復困難となるでしょう。その他にレンタル業者によっては売り上げのために説明もなく、長期の利用を進めてくるところもありますので自分の判断で利用することが大事かと思います。

 

最後に

 

GPS機器は確かな証拠として裁判資料にはなりませんが使い勝手もよく便利なものですので夫・妻の帰りが遅く浮気しているんじゃないかと疑心暗鬼になっている方や、従業員の就業状況を知りたい経営者の方が事実を知るのにはいいかもしれませんが、利用方方法を誤ると色々な意味で取り返しのつかないことになってしまいます。今はネットで検索すればGPSの使用方法や取り付け方から法律などの詳細が事細かく掲載されているのでまずは調べたほうがいいかもしれません。費用もないけどどうしても調べたいときは車両への取り付けから検索、レポートを低価格で提供している法律に精通した探偵会社もあるのでそういった会社に依頼してみるのもいいかもしれないですね。

 

BROTHER探偵事務所