2階バスルーム工事の続きです。

壁タイルでむずかしいのは、ニッチや窓周りの処置だと思います。

 

最近はSchluter社のエッジ製品を使用するのが普通になってきましたが、これが結構高い。

プラスチック製だと安いんですけど、コレと思うのは高いっス。

 

猫足を入れる我がバスルームはちょっとクラシックな感じなので、Schluterなんかなかった時代のやり方、ブルノーズで処置していくことにしました。

 

ところが、私の貼っている1枚22セントのLOWESタイルのブルノーズには、写真↓の左のタイプ(高さが半分)しかありません。

 

 

窓周りはどうしても通常の大きさ(3"×6")のブルノーズが必要なので、他のメーカーのもの(↑写真右のもの)を買いました。

やっぱり色がちょっと違うんですが、よくよく見ないと気がつかないんじゃないかな……。

シャミおはいまだに気がついておりません。

 

 

むずかしいわ〜。

ギザギザのところができてしまいました。

 

 

↓7日目。

 

 

↓8日目。

 

 

↓9日目。

 

 

 

↓10日目。

 

 

このあたりからだんだん嫌になってきました。

 

疲れてるときに細かいカットをやると雑になるので、面倒な箇所は少しずつ進めています。