ブルーザー永吉の57%の力を込めたブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

第24回秋華賞

今年は桜花賞馬もオークス馬も不在。普通に考えればGⅠ戦線で成績上位のダノンファンタジー・クロノジェネシスが中心になりそうだが、ダノンファンタジーは道悪の距離延長がプラスでは無いのと、リスクが高い最内枠に入ってしまった。クロノジェネシスはオークスからぶっつけ本番

 

 

展開的にはコントラチェックが楽に逃げれそうで、鞍上も相性抜群のルメール。ただこの馬はマイルがベストで、道悪の2000mはどうであろうか…

 

 

この世代一番強いラヴズオンリーユーにオークスで接戦だったカレンブーケドールは、トライアルで3着と負けたが、内容は上々で今回は上積みもありそう。ただこのレース苦戦の関東馬で、鞍上を含めて信頼できるかと言われると…。ただ脚質的には京都内回り2000は合いそう

 

 

新興勢力のエスポワール・サトノダムゼルは、条件戦を強い勝ち方で、さらに道悪を勝っているというのがセールスポイントになるのだが、エスポワールは乗り替わりが鞍上強化になってるのか微妙(昨日レピアーウィットでどえらい目に合わされてるので)。サトノダムゼルは超良血で魅力的なのだが、関東馬でここの厩舎の関西成績がどうも…(昨日レピアーウィットってどえらい目に合わされてるので)

馬場も稍重まで回復しているので、セールスポイントもそこまで無くなったか

 

 

色々言ってるが、結局クロノジェネシス本命で落ち着いた

 

 

この世代、地力1位がラヴズオンリーユーならば、2位はクロノジェネシスだと思っている。桜花賞は位置取りの悪さが響いた負けで、オークスは先行策が裏目に出た印象ながら3着と粘ったのは立派

 

 

一番の問題点はオークスからの直行という事。ただ最初からトライアルは使わず、秋華賞とエリザベス女王杯の2回使いという予定という事なので、昨年のアーモンドアイのようなノーザンファームの調整力に期待するしかない。9月上旬に栗東に入り、十分乗り込んでいるので体調面はそこまで心配しなくても良さそう。血統もバゴなので重い馬場も悪くないはず

 

 

馬体が+20キロで大分増えているのがどうでるかだが、軸で買うとなったら成長の馬体増と信じるしかない

 

 

鞍上も不安…いや!北村友一は最後ぐらいはちゃんと乗ってくれるはず!!人気もそこまで無いので

 

 

◎クロノジェネシス

○サトノダムゼル

▲コントラチェック

△ダノンファンタジー

△カレンブーケドール

△ビーチサンバ

△エスポワール

以下、パッシングスルー、フェアリーポルカ、シャドウディーヴァ、シゲルピンクダイヤ、シェーングランツまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロノジェネシス軸三連複流しで勝負

 

 

当てて今夜はバドワイザー風呂に入ります

第53回スプリンターズS

 

 
 
 
低所得でお金が無いのにも関わらず、秋競馬GⅠ開幕戦スプリンターズSを観に中山競馬場に来とります。芝は内側前残り傾向、直線は追い風、やはり前有利の環境が揃ってる印象
 
 
タワーオブロンドンの前走セントウルSは驚異的なレコードタイム勝ちで強かった。1200であれだけ突き放すのはなかなかできない。ただメンバーレベルが低かったので、見た目ほどの評価はしていない
 
 
それにこの馬、このレースでも相変わらずスタートは置かれ気味だった。今回はペースも流れそうなので、番手が下がって届かないような事もありそう。ローテーションもキーンランドCを使って中1週でセントウルとハード。調教の動きは問題無さそうだが、反動があるかもしれない
 
 
ならば無難にダノンスマッシュから買う。高松宮記念は、内有利の馬場で不運なところがあっての4着で勝ち同等の評価で良い。前走キーンランドCも外を回すも快勝。短距離ならこの馬が一番強い
 
 
中山は初めてだが右回りは良し。内枠もスタートが良いので問題無し。鞍上強化でますます期待したい
 
 
父ロードカナロアとの親子制覇、そして安田先生と川田さんの師弟制覇が見えてきた

 

 

◎ダノンスマッシュ

〇モズスーパーフレア

▲タワーオブロンドン

△ディアンドル

△リナーテ

△アレスバローズ

△ダイメイプリンセス

△ミスターメロディ

以下、イベリス、ファンタジスト、レッツゴードンキ、セイウンコウセイまで

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
ダノンスマッシュ軸の三連複流しで勝負
 
 
当てて一流の医者に鼻毛を除毛してもらおうと思います

第60回宝塚記念

2019年上半期GⅠもラスト。振り返ると…

 

 

フェブラリーS 三連単66.2倍的中

高松宮記念 はずれ

大阪杯 三連複107.4倍的中

桜花賞 三連複59.9倍的中

皐月賞 三連複14.8倍的中

天皇賞(春) はずれ

NHKマイルC はずれ

ヴィクトリアマイル 三連複354.9倍的中

オークス はずれ

日本ダービー はずれ

安田記念 はずれ

 

 

ヴィクトリアマイルまでそこそこな流れで来ていたが、オークスでシャドウディーヴァ軸のスケベ心を出して外してから流れが一変

 

 

ダービーで本命サートゥルナーリアがレース前に首を頻繁に縦に振り出し入れ込み出遅れ終了。安田記念軸のダノンプレミアムはスタート出遅れにロジクライからの猛烈斜行で即終了…

 

 

宝塚記念も当たりそうな感じがしないんだが、少ない銭に握りしめて戦い抜く

 

 

とにかく宝塚記念との相性が悪く、過去素直にゴールドシップ・ドゥラメンテ・ キタサンブラックを本命にしたら散り、昨年ひねくれてゼーヴィントを本命にして散る…

 

 

今冷静に考えても、何故ゼーヴィントを本命にしたのか意味がわからない…

 

 

梅雨時季の荒れ馬場・有力馬が本腰のレースでは無いのというのあって、毎年難解な結果となっている

 

 

今年は素直に買うか…。それともひねくれて狙いに行くか…

 

 

素直に買うならキセキだろう。メンバー的にも前に行く馬が少なく、この馬がすんなり逃げて自分のペースで競馬ができる可能性が高い

 

 

ただ前走の大阪杯、キセキを本命にして万馬券も獲らせてもらったが、スタートの出がそこまで速くなく、今回最内枠で絶好枠だが、最内が仇となって他の馬から被される可能性も僅ながらだがあるかもしれない…。それにキセキのペースにはさせまいと、後続の馬が3角で捲りにきて、キセキも消耗してしんどい展開になることも…。だが一番安全な軸はキセキだろう

 

 

ひねくれるならエタリオウを軸にして買いたい。前走天皇賞(春)は番手が後ろ過ぎで参考外でいい。今回乗り替わりで魔術師ノリで、どういう作戦で乗ってくるのか…。スタート出遅れたら、お馴染み後方ポツンなのか…。まさかの先行策なのか…。おそらくだが、馬任せの番手で気分良く走らせて、早めに捲りに行く。今の時計のかかるタフな阪神芝の馬場も捲りに合っている気がする。だが出遅れていつものように後方すぎる番手になったら、この馬の出番は無いだろう

 

 

海外帰りの馬は割引きたい

 

 

キセキにするか…。エタリオウにするか…

 

 

今年はひねくれてエタリオウ

 

 

◎エタリオウ

○キセキ

▲リスグラシュー

△レイデオロ

△スワーヴリチャード

△アルアイン

△マカヒキ

以下、クリンチャー、スティッフェリオまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エタリオウ2~3着流し三連単&単勝で勝負

 

 

当てて虫歯にプラチナを埋め込もうと思います

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>