運営の商業戦略を考える(2月22日 呉SP2レビュー) | 音符ブログ♪

音符ブログ♪

mixi9-16鯖の音無さんを私淑するブラ三(ハンゲ鯖)のプレイヤー。ひっそりと合成ネタとか書いていこうかなーなどと思っております。
コメすると、中の人が喜びます。質問、反論などなど、なんでもどうぞ!


テーマ:
UR陸遜・呂蒙(弓4.0) A450 W27 S11
 孫呉の烈火LV3(弓兵科C*30+W*0.7%UP、出兵先を中心とする8マスの領地の忠誠をC*8+W*0.3%減少)
 領地統制LV3(領地破棄時間50分短縮)
 付与:大皇帝/地の利堅壁/弓将の采配/神医の施術

 4コス知力勢は初めて。Lv385の呉治世10+同盟拠点5%で100%カットが実現。
 付与も付与なんでいいでしょう。

SR周瑜(弓1.5) W17 S10 弓兵の大号令LV2
 付与:勇将飛矢/呉治世/弓勝鬨/国士無双
 勇将の通常付与がくるかぁ…という感じ。国士無双は強さ的に守将くらいなんでなにをいまさら…と。
 本人のスキル自体もそれなりには優秀。

R大喬(剣1.0) W9 S8 優姫の敬愛LV2(糧除く3種生産C*6%UP,建設C*3.5%UP)
 付与:弓猛撃/弓聖域/弓修練/護君

 ここで護君を実装する、というのは明らかに戦略的に飛将を無効化しようとしているので、
 運営は本気でゲームを変える気だなぁ、と思わざるを得ない。
 ただ、このタイミングでの護君実装には、かなり商業戦略的な意図を感じざるを得ないですね。
 (詳しくは後述)

R甘寧(弓3.5) A420 S10 飛将LV1
 Rで来るか通常飛将。まあ、実際ここまで飛将が廉価化してしまうと限定Rくらいなら出してもいいのかなーと思ってはしまいますね。
 ただデュエル環境をぶっ壊した感は否めないですが。(R甘寧:飛将/護君/守護神がかなり、というか異常に強い)

UC孫堅(槍3.0) A345 S10 槍兵の進攻LV4
 UC限定張遼の槍版。特にコメントはなし。
 飛将でも鹵獲でも悪くはないかなと。

呉SP2レビューおしまい。
-----------------------------------------------------
以下、今月の一連の実装に関して、ちょっと運営の商業戦略が変わったかな、と思うところがあるので、
それについて警告の意味も含めつついろいろ論じておこうかなと。

ハンゲ鯖の日程で言えば、1月17日に新カード追加でSR周泰という護君付与素材が追加され、そしてその6日後の1月23日にこの限定Rの護君付与素材追加となる。
この日程に、明らかな商業的戦略を感じるわけで。

護君付与素材をまずゴールド排出で実装することで、廃課金の人から課金をしてもらう。
(およそ10万で2~3枚程度の排出率とのこと)
特に大同盟の盟主なんて、護君を用意しないわけにはいかないですからね。
そりゃ回さなければ落ちる、回せば落ちない、数値的根拠を持ったそういう状況を目の前にしたら、回させられてるという感覚を持ちつつも、回させられざるを得ないですよね。

そして、その約1週間後に、呉SP2の限定Rで護君付与素材を実装することで、
重課金の人からも、あわよくば軽課金の人からも課金をしてもらう。
限定Rの護君付与素材、限定R初期飛将、限定SR飛矢通常付与、こんなラインナップを用意されたら、それこそ回させられざるを得ないじゃないですか。
言うなれば、僕らは回すことによる"利益"ではなく、回さないことによる"損益"を提示されたようなもんですよ。

実際、12月末のニコ生で1月通常新武将と呉SP2限定武将のスキルが同時に発表されていた以上、この2つは運営側にとって、考えていた一連の流れなんですよね。
つまり、廃課金からお金を絞りとった上で、重課金・軽課金からもお金を取ろうという、商業的なアップデート戦略だったと。

ここまでブラウザ三国志の運営に対する信用を落としてまでARPPU(1課金ユーザーあたりの課金額)を上げにいく、という行為は、ARPU(1ユーザーあたりの課金額)がかなり高いブラウザ三国志において、そんなに得策ではないはずなんですけどね…
ゆっくりとしたコンテンツ提供をやっていけば、それなりにお金を取れるタイトルだったはずなんですが。

言うなれば、ブラウザ三国志の商業戦略は、ソシャゲのそれと同じになってしまった、あるいはそれよりひどくなってしまった、というべきでしょう。
確かに、我々ユーザーがブラウザ三国志に、もはやハマっているというレベルを超えて依存してしまっているところはありますが、
だからといってこんな北風運営を続けたところで、ユーザー減少を招いてしまえば商業的にも損益になりますしね。
特にそれなりに人数がいないと面白さが幾何級数的に減少するブラウザ三国志だからこそ、ユーザー減少というのはさらなるユーザー減少の引き金になるわけですし。

北風運営の寿命が短いことは、割と明らかだったと思うんですが。
これからは、こういった商業戦略にはまってしまわないよう、課金するにしてもそのタイミングをうまく見極めていくべきでしょう。
タイミングが1日違うだけで、その課金効果が3倍にも1/3にもなりえてしまうわけなので。
※ガチの廃課金にとっては、実際守護防陣から護君が付与できる、ということに一定の価値はあると思いますが、そうでない人にとっては大差ないでしょう。


ブラウザ三国志・攻略ブログ

♪×♪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス