かめこ展考察 ちはる編 | b_cafe

b_cafe

日常の出来事をまったり書いています。


テーマ:

先日のブログでは今回のかめこ展の主に川口凛(嫁さん)の展示についてお話しました。

今日はちはるさんについてです。

 

ソープ街での撮影がダメになってしまった為に急きょ展示の中身を変えなくてはなりませんでした。

色々考えたすえに4人のモデルを使ってそれぞれの日本を表現しようかと思いました。

それに合わせてブックを写真集の製本にするという事もこの時期に決まりました。

6/5に嫁さんを撮って、6/9にすぐ撮りました。

 

ちはるさんのパートでは昭和初期の小学校の校舎での撮影。

透明感があって清潔感とちょっと色気な部分があるモデルさんを探していたら、ちはるさんが

ピッタリ合う感じでした。ダメ元でしたがすぐにオファーしたらOKでしたのですぐに撮影。

実際お会いしてイメージ通りで、撮影中もこれはいけると思ってました。

 

ただ撮影の諸条件で実際の撮影時間が何と30分しか

ありません!

 

30分で展示用と写真集用の写真を撮らなくてはなりませんヽ(;´Д`)ノ

 

しかし予めイメージしてたのと、あとは何とかなるだろという思いから気合で予定通りに終了。

この時は自分でも凄いと思ったりしましたw

 

展示作品はとても透明感、清潔感の雰囲気ある作品になったかと思います。

写真集の方も大変よい出来栄えで満足でご来展者の方々からも好評でした(^O^)

また物販の方も売れて良かったです。

 

逆光を活かしたこの透け感がお気に入りです。あまり見えすぎると下品になりますので。

 

 

こちらは清潔感のある雰囲気で仕上げました。いい光でした。

 

 

画面だとプリントの良さは伝わってきませんが、雰囲気は感じて頂けるかと思います。

という事でまた機会あればお願いしたいです。

ありがとうございました。

 

 

ブリリアントさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス