9bc4018f64a4d8a3a23f06a698ee05ab_m

あなたは、自分に自信ありますか?
 
セミナーや勉強会でよく言われるのが、
 
「自信が持てないんです。」
「どうしたら自信を付けられますか?」
「自分を好きになれないんです。」
ということです。
 
質問タイムにこの話題が出ると、
他の参加者がウンウン頷いて
何だか仲間意識ができちゃうくらい(笑)
 
どうやら、同じことを思っている人は、
めちゃめちゃ多いようです。
 
 
何よりほとんどの人は、
自分に自信がありません。
 
まぁ、ある程度はあるんですが、
 
「自信あります?」と聞かれて、
「あります」と答える人は稀です。
 
 
もしも、あなたが自信満々で、
「100%自信ありますよ~♪」と
胸を張って言える人なら、
 
少数派でしょう(笑)
 
あなたがそんな人なら
今日の記事は読む必要はありません。
 
(ここからは、自信をもっと付けたい人のために、お話していきます。)
 
 
多くの人がなぜ自信が持てないのか、
を考えたことありますか?
 
 
殆どの人は、こんなことを考えてます。
 
もっと勉強ができれば
もっと収入が上がれば
もっと顔が良かったら
もっとスタイルが良かったら
もっと痩せてたら
もっときれいだったら
もっと背が高ければ
もっと小さければ
もっと仕事ができれば
もっと前向きなら
もっと頭が良かったら
もっと仕事ができれば
もっと友だちがいれば
もっと健康だったら
 
もっと・・・
 
挙げ出せばキリがないですが、
こんなところでしょう。
 
「もっと評価される自分になれば
自信が持てるはず。」
 
と思っているわけです。
 
 
もしあなたが、
こう思っていたとすると
 
残念な事に・・・
一生自信を持てません。
 
なぜかというと、
評価されることだけで、
自信を持つことは出来ないからです。
 
 
例え話をしますね。
 
あなたが
月収20万円だとしましょう。
周りはもっと稼いでる!悔しい!情けない!
 
「くっそーー!!」
 
収入アップを目指して頑張って、
結果的に月収50万円になりました。
 
はたして、これで自信がつくと思いますか?
 
 
月収50万になったら、
月収100万の人と付き合い始めて、
彼らが持ってる、高級時計や
車やマンションが欲しくなります。
 
小洒落たパーティーで、
自分だけグレードの低いスーツを
着ているのに気づいて恥ずかしくなります。
 
「もっと頑張らないとダメだ。」
って落ち込む訳です。
 
 
奮起して、頑張って頑張って、
 
「月収100万円なったぞ!やったーー!」
 
・・・
 
次は周りに、月収300万や
500万の人が現れます。
 
彼らは、株や金を所有したり、
ビジネスが自動化されていて、
 
毎月のように海外旅行での
楽しそうな写真をFacebookにアップします(笑)
 
 
「あの人達に比べれば自分はまだまだだ!
クソー!」
 
やがて頑張って頑張って、
それもクリアしたとしましょう。
 
 
そしたら、例えば
「やっぱり不動産持ってないとねー。」
って話になる訳です(笑)
 
その次は、
海外のリゾート開発しないとー。
やっぱ英語くらい話せないとー。
いやいやこれからは中国語もでしょー。
 
・・・って
これ終わりないんですよ(笑)
 
 
これは例え話に過ぎません。
 
ただし、
「もっと評価される自分になれば
自信が持てるはず。」
という考え方でいる限りは、
 
いつまでたっても自信は持てません。
 
 
一瞬周りにもてはやされて、
自信がついたような気がしますが、
 
周りから評価されればされるほど、
自分の中で空っぽな風が吹きはじめます。
 
「評価」と「自分」は
イコールではないからです。
 
 
「評価」は自分の外側にあるモノです。
 
貧素な自分が「評価」という
素晴らしいモノを手に入れたら
自分を信じることが出来ますか?
 
違いますよね?
 
ちょっとこれでは
抽象的なボワッとした話なので、
また、たとえ話を入れますね。
 
 
Aさんが自信が持てないので、
高級時計を買いました。
 
友達はその時計を見て、
「すごいね」と褒めてくれます。
Aさんは自分が偉い人に
なったような気がして、いい気分です。
 
でもふと考えます。
 
「この時計を外したら、
褒めてくれないんじゃないのかな?」
 
Aさんは怖くなって、
寝るときも時計を外せなくなりました。
 
 
こういうことです。
 
この話では、Aさんは
自分に自信がついたんじゃなくて、
自分の外側にある「高級時計」に
自信があるわけですね。
 
 
僕の話をすると、
進学校に滑り込んだ時には、
僕にとっての高級時計は「勉強」でした。
 
勉強できると、すごいと言ってもらえる。
 
でも、勉強しなくなったら
自分の価値はなくなるんじゃないか?
 
本気で不安と焦りでいっぱいでした。
 
 
また、大学デビューの時、
僕の高級時計は「ダンス」でした。
 
ダンスを多少かじってた自分は
サークルで必要とされる。
 
でも、もっと上手い人が来たら
必要なくなるんじゃないか?
 
人に教えなかったら
俺の存在価値ないんじゃないの?
 
なんて思ってました。
 
 
こんな風に、
自分ではないモノや評価を身につけても、
自分に自信は持てません。
 
虎の威を借る狐と同じです。
トラを何匹連れてきて
周りを固めても狐は狐ですから。
 
この狐を認めない限り、
自信は付かないんです。
 
 
じゃあどうすれば
ホントの自信をつけることが
出来るんでしょうか?
 
 
僕が巷でよく聞く方法は、
「他人ではなく、昨日の自分と比較するんだ」という方法です。
 
『隣の芝生は青く見えるんだ。
他人と比較するんじゃなくて、
昨日よりも一歩でも前に進んでる
自分を認めることで自信がつくんだ。
だから昨日よりも成長しようじゃないか!』
 
ということです。
 
向上心が強い情熱的な人が
よく言う方法なんですが、
僕なら向上心に潰されちゃいます(笑)
 
 
だって毎日振り返ってみて、
昨日より素晴らしい自分ですか?
 
僕は、家でビールを飲んで
ポテチ食べながら目的もなく
YouTubeを見続けて、食っちゃ寝で
一日を終えてしまう様な人間です(笑)
 
 
こんな僕ですが、不思議と
自分が大好きで自信があります。
 
 
そんな僕が実践していて、
今までセミナーに参加した数多くの人が
効果を体感した方法を
 
今からお伝えしますね。
 
 
これは、
「100%自信がつく方法」です。
 
本物の自信を付けたいと思う場合は、
ぜひしっかりと読んで
「実践」してください。
 
読んだけどやらないのは無し
にしたほうが身のためです。
 
なぜなら、実際やってみないと
効果が全く分からないものだからです。
 
・・・
 
OKでしょうか?
 
OKなら続きを読んでください(^^)
 
 
「100%自信がつく2つの方法」
 
それは、
 
1、撫でる
2、数える
 
です。
 
一つずつ詳しく解説していきます。
 
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1、撫でる(なでる)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
言葉の通りです。
 
一日が終りに、布団に入ってから、
自分の頭を撫でててください。
 
自分の頭を撫でるなんて、
なかなかやらないかもしれませんが、
僕は昼間歩きながらでもやってます(笑)
 
さらに自分を褒めながら撫でると
効果倍増です。
 
「お疲れ様」
「頑張ったね。」
「よくやった」
 
なんでもいいですから、
何度も何度も、労るように
頭を撫でてあげてください。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2、数える
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今日自分が
「出来たこと」
「素敵だったこと」
「上手く言ったこと」
を指折り数えます。
 
文字通り、
指折りながら数を数えます。
 
例えばこんなかんじです。(僕のある一日)
 
・二度寝せずにスッキリ起きれた
・起きてすぐ着替えられた
・朝ごはんをちゃんと食べた
・本に目を通せた
・メールチェックを午前中に完了させられた
・午前中の予定に早めに着いた
・ブログが書けた
・ブログのネタが3つ増えた
・アポの日程調整を確定に出来た
・LINEのメッセージに返信した
・目メールセミナー先行予約の人への文面ほぼ書けた
・テキパキ洗い物が出来た
・予約炊飯をした(いつも面倒臭がってやらないのに!)
・宅配便の再配達の連絡電話出来た
・酒を我慢出来た!(休肝日w)
 
などなど、ここまでで15個あります。
 
小さい事多くないですか?
LINEのに返事できた!とか(笑)
 
 
人に聞かせるものじゃないし、
声を出して数えるわけでもないんで、
細かい「よくやった」って事を数えてみてください。
 
羊を数えるよりも
1000倍いい気分で眠れます。
 
 
これは、「意識は一つのものしか認識できない」という
人間の特性を利用して、
頭のなかから自己否定を
締め出す作業をしているんです。
 
長くなるので詳しい説明は省きますが
意識は一つのものしか認識できません。
 
過去のことを考えながら未来のことを
同時に考えることは出来ませんね?
 
常にひとつのものに
意識がフォーカスしているわけです。
 
それなのに多く人は、
寝る前に何を考えるかというと、
 
「失敗したこと」
「反省、後悔していること」
「明日以降の不安や心配事」です。
 
自分に対して
ネガティブな感情を持つものを
噛み締めながら毎日眠りに入るんです(汗)
 
寝起きと寝入りのまどろみの時間が、
一番、潜在意識(無意識)にメッセージが
書き込まれやすい時間です。
 
その時間に、わざわざ
自分に対するネガティブ感情を
インストールする必要はありません。
 
今日からそれはやめましょう。
 
 
その代わりに、「今日出来たこと」を
指折り数えるという習慣を実践することで、
自分に対するポジティブな感情で心がだんだん満たされていきます。
 
この2つはの方法は、
僕と僕の多くのクライアントが
実際に効果を体感している方法です。
 
1、撫でる
2、数える
 
これを繰り返していくと、心から
自分が自分を認められるようになってきますので
 
ぜひやってみてくださいね(^^) 

 

 

 

 

【 無 料 プ レ ゼ ン ト 】

 

この記事を読んで「面白かった」

「役に立った」と思ったなら、ぜひ

公式メールレターにご登録下さいませ(^^)

 

メールレターでは、僕が今まで行った

有料セミナーの動画や音声、有料の

レポートなどを贅沢に配信しています。

 

セミナー動画を受け取って、

メールレターを読むにはこちらをクリック

  ↓  ↓  ↓

https://beast-ex.jp/fx4227/1

 

 

あなたにとってこの記事に価値が

あったのなら、メールレターではさらに

大きな価値が受け取れるはずです(^^)