799球目:無回転な気持ちをそのままに |    酒巻光宏の無回転日記

   酒巻光宏の無回転日記

声の仕事をしているスーパーボレー酒巻光宏がお届けする、無回転ブログです(笑)


テーマ:
すぐこの事を書きたい気持ちはあったんですが、

なんだかいろいろ考えていて数日が過ぎていました…。

それというのも、先日8号車の皆さんが衝撃を受けたであろう、


「コーイチが別の道を歩む」というニュース。
(脱退ってなんか名前が違う気がするので、あえてこの表現は避けて話しますね。)



僕は偶然、サイトで発表した直後にファンクラブのメールで知りました。
仕事の資料を出そうとパソコンを起動してメールを確認してたら「大切なお知らせ」ってメールが来ていて、胸騒ぎがして開いてみたら、コーイチが別の道を歩みます。との内容。

正直、驚いたというのもあるんですが「…ん…そっか…」となんとも言えない感情になったんです。

というのも、当然、当然、そりゃコーイチが超特急続けて欲しいって気持ちはあります。

僕が初めて見た超特急はもちろん7人の超特急。

そして、実は超特急とライブの仕事(初代エビダンザライブ)の際初めて会った時「おーーー!!!ナレーションの!酒巻さん!!」って話しかけてくれたのもコーイチ。

メンバーの中で1番年が近いのもコーイチ。

歌上手くてダンスもできて、少し人見知りだけどとっても優しいなって思ってます、大好きですコーイチ。

そんなコーイチが超特急とは別の道を歩いて行くなんて、想像もつかないです。

だから、8号車の皆さん、コーイチ推しの皆さんが悲しんだり、怒ったり、いろんな感情になってしまうのは、すっごくわかるのです。



ただ、


ただね、



僕がこのお知らせを見て1番強く思った事は、



彼らがこのお知らせを8号車の皆さんにするのって、


本当に、



むっちゃくちゃ、



無茶苦茶、



辛かっただろうな…。



って事です。


僕は超特急が結成して1年(くらいで)「超×D」のナレーターを始めると共に彼らを知って、どうやら5年以上の時間彼らを見てきた事になるようなのですが、初めから今の今まで彼らに思ってる事は、



とてつもなく真面目に超特急やってるな。


って事と



とんでもなく8号車の皆さんを大切にしてるな。



って事です。



真面目なんです。素敵なんです超特急。

周りのスタッフ皆さんやいろんな方含めて口を揃えていう言葉。



ありがたい事に、直接彼らと話をする機会もあるのですが、その時も超特急メンバーの口から出てくるのは、8号車を喜ばせたい、大事にしたい。って言葉。


ここで一旦話の角度が変わりますね。


僕もファンだからそうかもな…という意味でも、アーティストの方々がファンの皆さんと向き合うって簡単ではないと思うのです。

ファンだって人間。だから年がら年中、毎分毎秒「大ーーーすき!!完璧!!嫌いなとこなんてなーんにもない!!」なんて事はないと思います。(そういう方ももちろんいると思いますが)

時にうつるアーティストの表情、感情、発言とかもろもろで「え、何?」とか「そんな事するの?そんな事言うの?」とか「あーなんかこれ嫌い!」

なんて発言してしまう時もあると思います。

でも、それはファンの皆様の勝手。全然悪い事なんかじゃありません。別にアーティストを年がら年中完全完璧に愛すべし。なんてルールはないわけで。




だけど、


だけどね、



超特急は、年がら年中、毎分毎秒、8号車の事を考え、大切にしてます。僕はそれをずっと見てきました。


そんな真っ直ぐすぎる程真っ直ぐな彼らだから、僕は、超特急を応援する事に決めました。



そしてとあるタイミングで、

ある事を決めたのです。



今までめちゃくちゃ恥ずかしくて言いませんでしたがこの機会にこの場所で言わせてもらいます。



「僕は、7人の、弟とも言うべき彼らが、最後の時を迎えるまで、絶対に応援する。」




と決めました。


本来、仕事として関わったのならば、プロならば、心を通わせてはいけない、一定の「ビジネス」の距離があるべきだと思ってます。

家族ではなく、

仕事上のパートナーなので。

だから、


「人気になったら距離おこう」


とか、


「もう自分は必要ないな」


って思った瞬間は何度かありました。


でもそんな時、なぜ超特急と会う機会をいろんな方に作っていただき、その度に

「最初から知っててくれる人がいるとすごく安心する」

とか

「これからもよろしくお願いします!」


とか

言ってくれるんです超特急のみんなは



変わってない…。


出会った時と



パフォーマンスの質、



アーティストとしてのステージ、



喜ばせてあげられる8号車の数、いわゆる人気



どれもとてつもなく成長しているのに、


彼らの向上心、



真っ直ぐさ、



8号車を大事にする姿勢




それは、ちっとも変わってないんです。




だから、彼らを信じられる。

100%、


いや、


できる事なら、




120%で応援しよう。




もし、


万が一、


億が一、


彼らが変わってしまう時があっても




酒巻なんて必要ないぜ!なんて言っても(こんな事絶対に彼らはいいませんが。)



僕は最後まで見守ろう。



そばにいよう。



と、8号車として腹を括りました。



それは、


タクヤの生誕祭、


ムチャぶらツアーのトークイベントで


8号車の皆さんと一緒に




超特急も、



8号車のみんなも笑顔



そんな光景を見せてもらったからだと思ってます。



まだ8号車の皆さんの中にいろんな不安や悲しみが拭えないのはわかっています。


大事だからこそ不安になるものだと、その大きさがとてつもないのだと、


そう感じる程皆さんの気持ちはみんなに伝わってます。


だからこそ、


俺は、



みんなと、



コーイチを笑顔で送り出したい



コーイチが笑顔で踏み出せる場所をつくりたい。


そのきっかけのきっかけのきっかけ


でもいいから、


彼らを助けたい。


そう思っています。


言葉や形は違っても、


みんなが


超特急が大好きですよね?



僕も、超特急が


コーイチが


8号車の皆さんが大好きです。


これからも、7人を、




これなれば8号車の皆さんも



応援したい。



あーもー次の予定が…時間がない。


乱文長文すみません。今の気持ちを書かせてもらいました。












酒巻光宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス