2011.11.19 はなのきチャリティコンサート | BRIGHT EYES super-duper LIVE REPORT
2011年11月19日

2011.11.19 はなのきチャリティコンサート

テーマ:LIVE REPORT

この日のイベントはウィルあいちのホールで開催されました。


このホールは客として数回行った事がありましたが、自分が参加したのは初めてです。


リハーサルして分かった事は、舞台上の音量レベルがかなり制限されてました。


練習も含めいつも使っている音量を100%としたら、この会場は40%くらいってところ。


響きが弱く、厳しい事は厳しいんですが、過去にも経験があったおかげで、この経験を生かす事ができた。


これもBRIGHT EYES super-duperにとって試練の一つだと思います。


本番前に控室で待機。


お弁当がめちゃくちゃ旨い。


いつものライブでもらう弁当とは違って、丁寧に作られていた。


ライブ前に気持ちのいい状態ってのはいいですね。


スタッフさんの中には、大垣のねじれさん、手話通訳のお二人さん、聖さんのお手伝いさんなど、知ってる人がいて、ホッとしました。


トップバッターは塵輝(和太鼓集団)。


エンターテイメントサーカスでもご一緒しました。


やっぱスゲーわ。


ろう者の何かのイベントなどに彼らの和太鼓を見てもらいたい。


絶対に高評価を得ると確信できる。


BRIGHT EYES super-duper  LIVE REPORT-2011.11.19 はなのきチャリティコンサート

二番目は木須 康一さん(ピアノ)と恵土眞理さんの(ヴァイオリン)演奏。


失礼ながら、僕らには分からなかったが、健聴者に聞けば、凄くうまいと評価していた。


おお~。


BRIGHT EYES super-duper  LIVE REPORT-2011.11.19 はなのきチャリティコンサート

3番目はBRIGHT EYES super-duper。


いよいよ本番です。


制限された音量でどこまでいけるのか?


見た目としては、ドラムに向けて集中していたので、あまり派手に動き回る事はできませんでした。

でも、演奏としてはいい感じでいけたと思います。


お客さんのほとんどが老人。


老人相手に「ロック」を伝えられるのか不安でしたが、後半からお客さんも盛り上がってきてくれました。


ありがとうございました。


BRIGHT EYES super-duper  LIVE REPORT-2011.11.19 はなのきチャリティコンサート

4番めは大トリのMISO-KATSUです。


またやりましたよ!三度の豪華衣装、着替えも瞬間的に。


歌もオーラたっぷり。ヤマトもお見事です。


見事にお客さんの心をゲットしてくれました。


さすがです。


BRIGHT EYES super-duper  LIVE REPORT-2011.11.19 はなのきチャリティコンサート

フィナーレに出演者全員で「世界に一つだけの花」をセッションし、終了しました。


ありがとうございました~。


BRIGHT EYES super-duper  LIVE REPORT-2011.11.19 はなのきチャリティコンサート


聖はじめさん、他の出演者のみなさん、スタッフや通訳者の皆さん、お疲れ様でした。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス