サロン集客 アドバイス

エステサロン・ネイルサロン・整体院・美容室・美容院 集客や経営について書いています。サロン集客に関する専門ブログ・ホームページ


テーマ:
ソチオリンピックが近づいてきましたね。


こうした競技は選手から出るエネルギーが見る人にも
大きなエネルギーを与えてくれますよね。


日本選手頑張ってください!


--------------------------------


さて、本日は前回に続けて、SEO対策とリスティング広告に関しての記事です。



昨年からSEO対策はGoogleの精密なアルゴリズムの影響で対策が難しくなってきている、という記事を書かせていただいております。



ペンギンアップデートや、パンダアップデートなどの影響で、順位を大きく落としているサイトも多く見受けられます。



そして、Googleはコンテンツ(サイトの内容)を検索順位の評価対象とすることに重きをおきはじめました



SEO対策が難しくなってきているという現状がありますが、では、どのように対策を進めていけばいいでしょう。



お客様の事例を紹介するわけにもいきませんので、今回も弊社のSEO対策を事例として紹介します。



他の制作業者ではあまり自分の手の内は明かさないのですが、出来るだけ参考になればということで、掲載させていただきます。



続きはこちら ↓↓


--------------------------------

SEO対策に頼り過ぎないこと

--------------------------------



弊社のSEO対策の多くは下記のキーワードで申し込まれています。


「ホームページ作成 サロン」
「ホームページ制作 サロン」


「サロン ホームページ作成」
「サロン ホームページ制作」



これらのキーワードで5位以内に入っていますが、
昨年の10月くらいから「制作」と含まれているキーワードの順位が上がったり、下がったりと不安定になってしまいました。



多くの申込みがこれらのキーワードからされているため、「制作」と含まれたキーワードの順位が落ちてしまうと、売上に影響が出てしまうというわけです。



しかし、現状SEO対策が難しくなってきている今、5位以内に留まっていられるかは先が読めない状態です。



また、「制作」に加えて「作成」と含まれたキーワードも落ちないという保証もありません。



そこで、どうするか?



みなさまならもうお分かりですね。



リスティング広告を使うということです。



「制作」のキーワードが不安定なため、「制作」が含まれたキーワードをリスティング広告で設定します。



リスティング広告は必ず検索の上位に来ますので、SEOで落ちてしまった分を補うことが出来るのです。



Googleに加えて、Yahooでも設定します。



すると、リスティング広告からもSEO対策と同じキーワードでアクセスさせることが出来ます。



実際、ブライトアートでは、SEO対策とリスティング広告の両方を行い、4割近くはリスティング広告からの申込みとなります。



「ホームページ作成 サロン」
「ホームページ制作 サロン」


「サロン ホームページ作成」
「サロン ホームページ制作」



のキーワードで申し込まれるということがすでに分かっていますので、SEOであれ、リスティング広告であれ、同じキーワードなのだから、同じように申込みがされるということです。



続きはこちらから ↓↓


--------------------------------

リスティング広告は費用が掛かる

--------------------------------



SEO対策と同じ効果がありますが、リスティング広告は1クリック単位での広告費が掛かるということが最大の違いでしょう。



これについても見ていきたいと思います。



弊社ではリスティング広告で申し込まれる時は1件あたり、3000円~5000円で申し込まれています。



これは大変効率のいい値段です。



1本の制作が初期費用6万円
月額5000円の制作です。



これを見ても分かるように、広告費での損失はほとんどありません。



しかし、ここが大切なところです。



もし、リスティング広告という媒体に興味を持たず、SEO対策だけを行っていたとしたら、こんなに費用対効果のいい方法を見逃していたことになります。



大きな機会損失をしていることになってしまうのです。



そして、SEO対策の順位が落ちたことで、上位を引き戻すことに躍起になっていたことでしょう。



もちろん、これは弊社の事例なので、すべての人に当てはまるということではありません。



ただ、自分のクライアント様には必ずSEO対策とリスティング広告の両方を提供していきます。



続きはこちらから ↓↓


------------------------------------

大切なのはライフタイム・バリュー

------------------------------------


さて、ライフタイム・バリュー(LTV)とは何でしょう?



先程の弊社の例ではホームページ制作の初期費用にプラスして、月額5000円のメンテナンス費用が発生します。



このメンテナンス費用が(LTV)です。



つまり、最初に取る費用以外にも継続して発生する費用のことです。



パソコンのプリンターはインクジェットを継続して必ず買っていくことになります。



プリンターを販売している会社はこのインクジェットでの収益が大半なのです。



さて、サロンの場合はどうでしょう。



そうです。
リピーターこそがLTVです。



リピートしてくれればくれるほど、LTVが上昇するということになります。



先程のリスティング広告の例に戻りましょう。



仮にサロンの店舗でリスティング広告を行っている方が一人あたり、5000円で申し込まれたとしましょう。



そして、そのお客様が5000円のメニューを申し込まれたとします。



これだと、プラス、マイナスでゼロ円で、利益はありません。



しかし、このお客様がリピーターになってくれて、4回来店したとします。



1回目が良かったので、今度は1万円のメニューを申し込んでくれたとします。



4回とも1万円でトータル4万円です。



LTVを入れると、5000円広告費-45000円施術代=40000円の売り上げとなります。



広告費を使う場合には必ずこのLTVまで考えなくてはいけません。



そして、逆算して、いくらまで広告費が使えるのかを見ていくのです。



これはリスティング広告に限らず、どんな広告でも同じです。



チラシでもポータルサイトでも、必ずこのLTVを念頭におきます。



続きはこちらから ↓↓


-------------------------------

まとめとして

-------------------------------


まとめとしては


1.SEO対策だけに頼りすぎないこと
2.SEO対策だけではなく、リスティング広告も視野に入れること
3.リスティング広告を含む、広告全般的に行う場合にはLTVまで必ず考慮すること



また、大切なのは、どうしても知識を付けていくことが集客には欠かせません



先程の繰り返しですが、リスティング広告に関心を持っていなければ、リスティング広告での集客は出来ないわけです。



ただし、大切なのは、リスティング広告を行うだけでは集客ができないというのもまた知識で知っていなければいけません。



弊社でもお客様の声や最新の制作実績を常に増やしているからこそ、特定のキーワードで申込みがされます。



お客様の声が少なく、実績も増えていない状態では、おそらく弊社の場合、リスティング広告に何万円費やしても申し込まれることはないでしょう。



それもまた、知識です。



ホームページをそのままにした状態、または業者にすべてまかせてしまう、ということではなかなか集客につながりません。



ご自身である程度の知識を付けて、自分に必要な媒体、ツール、広告、業者を選べるようになってくることで、集客に結びついていくのです。



サロン専門 ホームページ作成「ブライトアート」
http://www.bright-art.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
今年は実家で雑煮をいただきました。
ありがたいですね。



さて、2014年がはじまりました。



今年のインターネットの世界はどのようになっていくでしょう。



昨年に続き、スマートフォンの普及は益々拡大されていきます



その中で、弊社での今年の予想はずばり、動画です。



これはGoogleが動画拡大を視野に入れているということが
一つの理由に上げられます。



宣伝の究極はやはり動画ではないかと思います。



テレビのCM、町を歩いていてもビルに映し出される動画が目に留まります。
また、電車の扉の上にも動画があります。



インターネットの世界でも動画がメジャーにならないはずはありません。



ホームページの中が文字情報で伝達しているというのが、むしろ宣伝方法としてはアナログ的ではないかとさえ思います。



しかし、ホームページもこの動画で情報を伝達しているところがどんどん増えてきているのが現状です。



GoogleがYou Tubeを買収したのは、当然このインターネットの世界での動画化を見越してのことでしょう。



GoogleがYou Tubeを買収してから約7年くらいが経ちますが、いよいよその動画が本領を発揮する時が来たように思います。



その証拠に、検索でYou Tube動画が上位にヒットしやすくなっています



とくにSEO対策などを行わなくても、Tou Tube動画が優遇して上位表示されているのが見受けられます。



これは何を意味しているでしょう。



そうです。インターネットの世界の動画化がはじまっていることになります。



これはスマートフォンとの関係も深いと思われます。



電車の中で動画を観覧している人が増えてきました。



皆様もよくイヤーホンをしてスマートフォンの画面を眺めている人を良く見かけると思います。



また、若い人はスマートフォンの画面を見ながら、友達と何か会話をしたりしています。



スマートフォンで動画を見ることが当たり前になって来ていると言えます。



この現状を自身のホームページに取り入れない理由はありません



とくに、まだホームページに動画を入れている人が少ないということであれば、なおさら、入れている人は他店との差別化が図れます。



そして、You Tube は検索にヒットしやすいということであれば、SEO対策としても有利になるわけです。



You Tube 動画にホームページのアドレスのリンクを張れば、ホームページへのアクセスを誘導していくことができます。



You Tubeも含めて、これからはどんな集客に力を入れていくのかということが大変重要になってきます。



集客に差が出てくるのは集客の情報をどう自分のフィルターを通して、どう使っていくかに掛かっています。



もちろん、SEO対策を行うのは大切です。



ただ、みんながSEO対策をやっているから、自分もやろうという発想で上手くいかない場合も多いのです。



今後はこうしたYou TubeもSEO対策の一つと言えます。



SEO対策についての問い合わせをいただくことがブライトアートでもほとんどです。



You TubeもSEO対策の一つだという知識を持った上でSEOの依頼をするのと、知らないで依頼するのとでは、結果にも違いが出てきます。



是非、ご自身でもSEO対策の知識を身に付けていただくことが大切です。



もし、この記事を最後まで読んでいただけた方は、You Tube動画が検索の上位に入りやすいという情報を手に入れることが出来たのではないかと思います。



こうした情報を手にして、上手く必要な業者に依頼を掛けていただくことが集客の「コツ」だとブライトアートでは思っています。



さて、この You Tube 動画に関しては今後も効果的な方法を提供していきたいと思います。




サロン専門 ホームページ作成「ブライトアート」
http://www.bright-art.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



11月に入りまだ早いですが、流行語大賞がなんとなく気になっている今日この頃です。

あまちゃんの「じぇじぇじぇ」や「倍返しだ!」などありますね。

ただ、やはりいい言葉が受賞するのが好ましいですよね。

「絆」とか。

個人的にはやっぱり「今でしょ!」がいいのではないかと思いますが、、、


どうでもいいですね、まだ先のこと、、!


さて、今回非常に重要なことをお知らせさせていただきます。



SEOのキーワード分析について、



今後はキーワードの分析が出来なくなる?
ということです。



Google Analytics



これはGoogleが無料で提供するアクセス解析ツールです。



無料にして最強とまで言われていましたので、導入している方も多いのではないでしょうか。



ただ、このGoogle Analyticsですが、表記に(not provided)示されることが多くなったと感じられるかと思います。



これはGoogleアカウントにログインしている際に表記されます。



SSLという暗号化された情報保護の機能が働くことで、どのキーワードでアクセスされたかが表示されないようになってしまいました。



Googleアカウントは今やかなり主流な機能です。



Gmail,google プラス,Googleカレンダーなど、使われている方はかなりのシェアーになるかと思います。



しかし、大変重要なのは、このGoogleアカウントにログインがされていなくても、(not provided)表記と記されてしまうようになりました



SSLはhttpsで始まるアドレスのことです。



これがGoogleアカウントにログインされていなくてもhttpsで表示されるようになってしまったのです。



試しに、Googleで何か検索をすると、アドレスはhttpsで始まり、鍵のマークが付いているかと思います。



つまり、Googleで検索した際にはGoogleアカウントにログインしていようと、していまいと、Google Analyticsではキーワードは表示されなくなってしまったわけです。



これは、大変大きな変化だと言えます。



今後はyahooもSSL化されるという話題もあります。



また、Google Analyticsに限らず、他のアクセス解析ツールでもキーワードは表示されないという懸念があります。


--------------------------------

今後はどうすればいいか?

--------------------------------


これはまだ対策という対策は世の中には出ていない状態です。



ただ、GoogleのWEBマスターツールという無料の機能があるので、ある程度のキーワードでのアクセス順位等はここで表記させることができます。



ただ、今までほど分析は出来ないでしょう。



残るは推測をするしかありません



過去のアクセスデータを見て、おそらくこのキーワードでアクセスされたと推測するのです。



これについては大変対策が難しいのですが、ブライトアートで考える対策をお伝えさせていただきます。



--------------------------------

観覧ページ数から推測する

--------------------------------


クライアント様の例を使うことはできませんので、あえてブライトアートのホームページを使って例を出させていただきます。



ブライトアートのメインキーワードです。



サロンホームページ 作成
サロンホームページ 制作


エステホームページ 作成
エステホームページ 制作


この4つのキーワードからほとんどの申込みがあります。


あとは順序を入れ替えたり、言葉の打ち方を変えたものです。


ホームページ作成 サロン
ホームページ制作 サロン


ホームページ作成 エステ
ホームページ制作 エステ


hp作成 サロン
hp制作 エステ


約80%がこれらのキーワードからの申込みです。



最近ではこれらの言葉でアクセスされてもほとんどが(not provided)となってしまいます。



これは困ったものです。



そこで、過去のデータを見ます。



これらのキーワードで申し込まれた人のほとんどが10ページ以上観覧しているということが分かります。



そして、これら以外のキーワードでは10ページ観覧されていないことがほとんどです。



つまり、(not provided)でも10ページ以上観覧されている場合にはこれらのキーワードである可能性が高いということになります。



また、リスティング広告も同じです。
幸いリスティング広告はAnalyticsでもキーワードが表示されます。



やはり、上記4つのキーワードで検索され、申し込まれた場合には10ページ以上の観覧ページ数がありました。



やるべきことは
10ページ以上観覧されるアクセスがどれだけあるかを見ることです。



10ページ以上観覧されることがなくなった場合にはおそらく上記のキーワードではヒットしなくなったということでしょう。



このように過去のデータから推測することが出来ます。



ただ、問題があります。
これからはじめる人は過去のデータが無いということです。



これが大事なところです。
こちらもブライトアートの対策をお伝えします。


------------------------------------------

今すぐ客と見込み客

------------------------------------------


過去のデータがなく、これからはじめる場合にはどうしましょう。



例えば、上記の例です。



過去のデータがあるからこれらのキーワードが有効ということが分かります。



ただ、過去のデータがなければ、これらののキーワードに効果が出るかどうか分かりません。



そして、(not provided)で表示がされてしまいます。



これにはリスティング広告を使います



リスティング広告ではキーワードが表示されますので、どのキーワードが有効なのかをリスティングで試し、有効なキーワードが見つかったら、SEO対策します。



この方法は有効ではありますが、ただ、今後はこの方法だけでは限界が出てきます。



それでも(not provided)ではどうにも不安定なビジネスです。



そこで、検索での集客方法をもう一つ増やします。



今すぐ客と、見込み客の集客です。



先程の例

キーワード「サロンホームページ作成」



これは「今すぐ客」です。



このキーワードで検索した人は
間違いなく

今すぐ「サロン専門のホームページ業者」を探しています。



なので、ブライトアートに申込みがされる可能性が高いのです。



ただこれはどうでしょう。



キーワード
「サロンホームページSEO」



今すぐ、サロンホームページを作りたい人ではないように思います。



しかし、サロンホームページに関心はあるようです。



これは「見込み客」です。



今すぐにホームページを作らないにしても、いずれはホームページ制作される可能性のある方です。



この「見込み客」を集めることです。



これには新たなサイトやブログ、もしくは、今のホームページに組み込む形で情報提供の場を設けます。



サロンホームページやSEOに関する情報をたくさん書いたページを増やして行くということです。



そして、メルマガなどに登録してもらうようにします。



そうすると、先ほどの



キーワード
「サロンホームページSEO」



などのキーワードでアクセスした人が、メルマガに登録してくださり、メルマガを読んでいく中で興味を持った人が申し込んでくれます。



即効性はありませんが、増えてくれば、大きなビジネスになります。



つまり、今すぐ客と見込み客で分けるのです。



ブライトアートの場合には



ホームページは「今すぐ客」です。



メインのキーワードは4つ~8つだけです。



アメブロのサイトは情報提供のサイトで「見込み客」です。


たくさんのページを書きます。



このアメブロサイトはアクセス解析しません。
(not provided)と表示されますので、解析できないのです。



ですので、前回ご紹介したコンテンツSEO対策をします。



これは、内容重視のSEO対策です。



他にはない差別化された内容、ページ数、オリジナリティがあるコンテンツを書いていけば、Googleが色々な言葉で上位に上げてくれます。



そして、メルマガ登録、読者登録に申し込んでもらうことを重視します。



これからはこの2ステップのビジネスが必要となります。



今すぐ客

見込み客



ポイントはこの二つです。



さあ、大きく変化してきているインターネットの世界を上手く攻略していきましょう。



Let`s Try を合言葉に、是非やってみましょう!



サロン専門 ホームページ作成「ブライトアート」
http://www.bright-art.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。