あれから6年・・・・ | 名古屋・一宮・岐阜の結婚相談所「Bridalmessage」パートナーカウンセラーのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

名古屋・一宮・岐阜の結婚相談所「Bridalmessage」パートナーカウンセラーのブログ

結婚相談所「Bridal message」パートナカウンセラー2人が、婚活その他こもごもをつづるブログです。
夫婦ではない男女のカウンセラー★舛田と藤野の素の顔を覗いてみて下さいね。

こんにちは。

Bridal messge代表パートナーカウンセラーの舛田です。

 

先日、野暮用で東京へ行ってきました。

 

東京。良いですね。

街を歩いているだけでワクワクしますおねがい

(一宮の田舎者だもんで真顔)。

 

 

滞在中あちこち行った中で、とても印象に残った場所がありました。

それは西銀座にある「数寄屋橋」という交差点。

 

ご存知の方も多いかも知れませんが、SONYビルの一角に

Yahoo!JAPANの大きな広告が出ていました。

 

震災の日を目前にしていたこの日、

思わず立ち止ってこの大きな看板を見上げていました。

 

 

文中にある

ちょうどこの高さ。

 

 

それが実際どれくらいの高さなのか、少し画像を引いてみると

 

 

すごい高さになっています。

 

4階くらいまで波が来たとは聞いていましたが

隣のビルと見比べると、5階まで来ていますね。

実際この広告を目の当たりにした時は、身の引き締まる思いでした。

 

改めて、東日本大震災、また熊本地震の被害により亡くなられた方に

謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興をお祈りいたします。

 

 

ところで東日本大震災後、NHKの調査によると

「人は結婚するのが当たり前だ」と考える人が震災1年前の2010年と比較して

11%増の38%と、広い年齢層で増加したのだとか。

実際、結婚情報を紹介している会社などへの問い合わせ件数や

入会件数が増加したとの報告も出ているようです。

(一方で2011年の婚姻件数は67万6,899組と、2010年より5.4%減少、

 2012年は約66万9,000組とさらに減少。「厚生労働省統計より」)

 

僕の周りでは最近、

「仕事が充実していて生活に不自由のないアラサー・アラフォー女子」の娘が

結婚を希望せず、娘の結婚を諦めている親たちがいる、

という話をチラホラ聞くようになりました。

 

自分で稼げる女の人は、気ままに生活できてお金も自由に使えるのに

結婚して旦那の世話などしたくない、と思うのかもしれませんね。

実家住まいなら、据え膳でご飯も食べれて洗濯も親がやってくれる。

(これは女性に限ったことではありませんが)

こんな楽チンな生活はないかも~ラブラブ

と、思いますよね。

僕もその立場だったら、やはり同じことを思うかもしれません。

 

しかしある女性向けのサイトで、次のような記事もあります。

「現在、いざというとき、あなたがもっとも頼れる(頼りたい)人は?」という調査で

トップは親で42.7%、次いで恋人や夫が25.5%という結果が出たそうですが、

では、「5年~10年後だったらどうですか?」と聞いたところ、

「夫・恋人」と答えた人が、親(9.6%)・兄弟姉妹(18.9%)を抜いて

47.3%という結果だったそうです。

 

そう。

5年先10年先、親は「頼れる存在」ではなくなっているのです。

親はいつまでも若く元気でいてくれるわけではないのですね。

 

「一人では不安」だから結婚する

「親が死んだ先、一人ぼっちはさみしい」から結婚する

 

こうやって聞くと独りよがりに聞こえますが

きっかけはどうあれ、「結婚しよう」「結婚したい」と

結婚を前向きに意識するのは良いことだと思います。

一人の力より、二人の力の方が大きいのです。

家族が増えていけば、さらに大きな力が生まれます。

 

「結婚したら寂しくないなんて幻想だよ」と思う方もいらっしゃるでしょう。

確かに。結婚して余計に寂しくなったという話も聞きます。

しかし、結婚当初から寂しかったのでしょうか。

 

結婚後は、努力が必要かもしれません。

お互いが「必要な存在」だと思ってもらえるような努力。

そんな努力し甲斐のある相手を見つけるのも、また自分次第。

 

パートナーカウンセラーの藤野のブログにありますが

「幸せにしてほしい」という受け身の人よりも、

「幸せにしてあげたい」という人の方が、求められると思います。

振り子の原則ですね。

大事にするから

大事にされる。

(「受け身よりも」←ぜひ読んでみてくださいね)

 

 

いつか来るであろう災害にも、

力を合わせて乗り越えられるようなお相手を見つけたいですね。

 

そのためのお手伝いを、Bridal messageはさせていただきますおねがい

 

 

結婚相談所 Bridal message

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○*:.

 

 

 

アップ済

 

 

応援して頂けたら励みになりますゾウ

 

にほんブログ村

 

 結婚紹介・結婚相談ランキング