レンガのアーチの造り方 | Bric-a-Brac Diary

レンガのアーチの造り方

Bric-a-Brac店主のLefolです。


英語でレンガはBric。

Bric-a-Brac(小物・雑貨)のBricと同じで、もともとは”モノそれぞれ”というような意味合いでしょうか。


それぞれ一個一個を組み合わせ、積み上げて造るのがレンガ建築。


昨日も少し載せた 、レンガのアーチのリサーチ(韻踏んでますね…)。


「どうやって造るのかなぁ」、と常々思って眺めていましたが、最近ネット上で知り合い、お世話になっている

ある素敵な御方からのご依頼もあり、調べてみている次第です。


調べると、こんなにいろいろ種類があるよう。


Bric-a-Brac Diary ~イギリスより~


窓枠やドアの上、お庭の塀、暖炉なんかにいいですね~

というか、そういう形のものをはめ込んで囲む場合、こういう形にレンガを組まなければいけなかった、と。


ご近所さんのこんなアーチウェイも、シンプルながら良いです。



Bric-a-Brac Diary ~イギリスより~

(ちなみにいつもここから覗いている2匹のワンコ不在。)


これを例に調べたところ、大体こんな具合でした。



Bric-a-Brac Diary ~イギリスより~

コンパスや定規をつかって、まずは紙面に実物大の設計計画を。


アーチの一番中心になるKey Brickから、水平ラインとぶつかる線上にStriking Pointがあり、

すべてのレンガがそこに向かうように配置するイメージ。


それからまずは、このレンガのないアーチの空間部分を木で造ります。

長い板を曲げた面が上に、それを支える面が前後にある、ボックス状のパーツでしょうか。


Bric-a-Brac Diary ~イギリスより~

この曲げた板の曲面に沿うように、レンガを下から上に積み上げ、セメントで固めていく、というわけです。


最後に中央でアーチを支えるKey Brickを打ち込み、全体が固まったら、これをはずし、アーチの完成♪


わーい♪


Bric-a-Brac Diary ~イギリスより~

(鉄柵の丸みとちとズレてますが、ご愛嬌)


こうして見れば、「ほほう、なるほど」と、すんなり納得。

なんだかウズウズ自分にも出来るような気がしてきてしまうほど。

でも、実際に造るとなるとそうはいかないんだろうなぁ。


でもでもいつか、やってみたいなぁ。




こちらのサイトの説明と画像を参考にしました→ How To Build A Brick Arch


Bric-a-Brac Diary ~イギリスより~