猫の習性

テーマ:

イエネコは、形態学 的分析を主とする伝統的な生物学 的知見によって、以前からリビアヤマネコ Felis silvestris lybicaが原種とされてきた。 また、20世紀後半から発展した分子系統学 等による新たな知見も、従来説を裏付ける形となった。 米英独等の国際チームによる2007年 6月29日の『サイエンス 』誌(電子版)への発表では、世界のイエネコ計979匹をサンプルとしたミトコンドリア DNA の解析結果により、イエネコの祖先は約13万1000年前(更新世 末期〈アレレード期[en ]〉)に中東砂漠 などに生息していたリビアヤマネコであることが判明した[6]

愛玩用家畜として同じく一般的なイヌCanis lupus familiaris)に比して、ネコは飼育開始の時期が遅いが、これは家畜化の経緯の相違による。イヌは狩猟採集民 に猟犬や番犬 として必要とされ、早くから人の社会に組み込まれたが、ネコは、農耕 の開始に伴い鼠害 (ネズミの害)が深刻にならない限り有用性がなく、むしろ狩猟者としては競合相手ですらあった。その競合的捕食 動物が人のパートナーとなり得たのは、穀物 という「一定期間の保管を要する食害を受けやすい財産」を人類が保有するようになり、財産の番人としてのネコの役割が登場したことによる。また、伝染病 を媒介する鼠を駆除することは、結果的に疫病の予防にもなった。さらに、記録媒体として など食害されやすい材料が現れると、これを守ることも期待された。日本へは、穀物倉庫の番人として渡来したと考えられている[7]

農耕が開始され集落 が出現した時期の中東周辺で、山野でネズミノウサギ を追っていたネコがネズミが数多く集まる穀物の貯蔵場所に現れ、棲みついたのが始まりと考えられている(リビアヤマネコの生息地と農耕文化圏が重なった地域で、複数回起こっていたと考えられる。「#人間との歴史 」)。 穀物には手を出さず、それを食害する害獣害虫 のみを捕食することから、双方の利益が一致。穀物を守るネコは益獣 として大切にされるようになり、やがて家畜化に繋がった。

初めて人に飼われたネコから現在のイエネコに直接血統が連続しているかは不明確。最古の飼育例は、キプロス島 の約9,500年前の遺跡から見出される。 また、今日のイエネコの直接的・系統的起源は明らかではないが、紀元前3000年ごろ古代エジプト で固定化されたものと言われている。

なお、更に遡るとネコの祖先はミアキス という約6000万年前の中型肉食獣に遡る。ミアキスの特性に近いまま進化した種がネコであり、平原に出て集団狩猟を行うプロアイルルス を経て現在の姿に進化した種がイヌである。


体の大きさは現生するネコ科の他のほとんどの動物に比べて小さく、体重は2.5 - 7.5kgの範囲に収まるものが多いものの、大型のものでは、体長 (頭胴長)75cm(比較資料:「長さの比較 」)、尾長40cm、肩高35cmに達する。

樹上生の傾向が強く、また、待ち伏せ型捕食者 の典型であるネコの特性は、様々な身体的特徴として見ることができる。非常に優れた平衡感覚 に、柔軟性と瞬発力のきわめて高い体の構造、武器である鋭い鉤爪 (かぎづめ)や を持ち、足音が非常に小さく、体臭が少ないことも挙げられる。 また、爪を自由に出し入れできることはその鋭さを常に保持できることを意味し、ほとんどのネコ科動物に共通する特徴である。爪は何時も研いで鋭くする。長く追うことで疲弊させる、あるいは、組織的な罠によって追い詰める追跡型捕食者であるイヌ科 動物とは対照的である。

吻部 (眼窩下部から口先もしくは鼻先までの部位)が突出していない丸い頭部を持ち、正対視するのに有利な前面に眼窩 (がんか)が開いている。このことはネコとヒトに共通の身体的特徴で、眼による感情表現が豊かであることも意味し、これがヒトがネコに対して抱く親近感の理由ではないかとも考えられている。

他のネコ科動物にも見られる「ゴロゴロ(purr )」と (のど)を振動させる音のメカニズムには複数の説があり、はっきりとしていない。この音は、親子間のコミュニケーションにも用いられる(後述「#喉鳴らし 」)。

韓国料理

テーマ:

朝鮮半島 では、現在稲作 が盛んなため、 食を中心にしてきたように考えられることが多いが、半島の北半分は亜寒帯冬季少雨気候 に属し、伝統的に稲作が行われていた地域は南の温暖湿潤気候 地域の中でも南西部の一部にかぎられており[1] 、食文化的には小麦蕎麦高粱 や、トウガラシ 同様に近世 になって新大陸 から導入されたトウモロコシ といった畑作 で得られる穀物 を主食素材としてきた地域も多い。ユーラシア大陸 東部全域を見渡すと、南方の稲作文化圏と北方の雑穀 畑作・牧畜 文化圏の境界部・接点に位置すると言える。又、栽培された野菜 及び、ワラビゼンマイキキョウ (トラジ)といった山菜 の消費量が世界的に見ても高く、それらを用いたメニューが多い。又海に囲まれた地理ゆえ、海藻 類や魚介類の消費量も多く、魚介類の生食も行なわれるようになった。韓国では以前は一般家庭では肉よりも魚や野菜を主とした食卓が普通であった。仏教 の影響を受け、一部で寺刹料理、精進料理 を食べる人もいる。

周辺の日本料理中国料理 と比べ、スープ 類(湯:タン、クㇰ)が多く、唐辛子 を用いた料理が多い。唐辛子は元々中南米 原産だが、17世紀 に日本を経由して朝鮮半島に入り(このため当初「倭芥子」と呼ばれた[2] )、現在の韓国・朝鮮料理に彩りと辛みを添える上で欠かせない食材の一つとなっている。

道教陰陽五行 の思想にのっとり、五味(甘、辛、酸、苦、塩)五色(赤、緑、黄、白、黒)五法(焼く、煮る、蒸す、炒める、生)をバランスよく献立に取り入れることを良しとする。

一食の構成は、メインメニュー(多くはスープ類)に御飯(白米、赤米 や、その他の穀物を炊き合わせた雑穀米など)と、キムチナムル 等のおかず(ミッパンチャン)が数種類という組み合わせであり、韓定食の飯床(パンサン)のルール(「韓定食の献立」で後述)にある程度従っている。食堂ではキムチなどのミッパンチャンは無料で供され、お代わりも自由である。麺類 等は点心 (軽食)とみなされ、おかずの種類が少なめの小膳が組まれることが多い。一般におかず類の味付けには醤油胡麻油ニンニクネギ生姜唐辛子 等による合わせ調味料「ヤンニョム (薬念)」を用いる。肉は、 、又その内臓 も使う。野菜や山菜からなるナムル は各家庭で常備してあり、毎回の食事で多種類のおかずが食卓に並ぶように配慮するのが一般的である。朝鮮半島にはヌロンイ という食用犬種 が存在し、韓国では犬肉 もよく食べられる。2006年、韓国の国務調整室が行った調査結果によると、今も年間200万頭の犬が食べられている[3] 1988年ソウルオリンピック 開催を境に違法となったが、ソウル市内だけで今も530店舗ほどの犬肉料理店が営業を行っている[4] 。 寒冷な気候から保存食である発酵食品 が発達した。テンジャンコチュジャンチョングッチャン といった味噌 類やキムチマダラ の内臓を発酵させたチャンジャ 等を、各家庭ごとに作る。保存食としては、他に魚の干物 等や乾燥させた山菜や海草類も作られている。

食事には、金属 製の (スッカラッ)と (チョッカラッ)を用いる。食器は、現在、白いプラスティック製やステンレス製が一般的である。毒物による暗殺を恐れた王族や両班が、化学変化しやすい黄銅 の食器を使用することもあった。

匙と箸は、日本同様もともと横向きにおいていた。しかし現在では、食卓の右側に縦向きに並べる。匙と箸をあわせてスヂョ(ko:수저 、匙箸)といい、匙と箸を置く日本の箸置き のようなものはスヂョパッチム(수저받침)という。箸を器の上に置くのは、日本同様マナー違反である。匙は食事中器の中に入れておいたり、器の端にかけておくこともある。

ご飯や汁物は匙で食べ、汁のないおかずは箸で食べる。ご飯を汁物にひたし、混ぜて食べるのはルール違反ではない。食器は持ち上げず、置いたまま食べる。匙と箸を使って、食事を口に運ぶ。食器を持ち上げるのは、原則マナー違反である。しかしスンニュン(お焦げ に湯を加えてお茶のようにしたもの)を飲む時、冷麺を食べる時、汁物を食べ終わり、最後に飲み干す時など、器を持ち上げてもかまわないとの主張も一部[誰? ]にある。床に座って食事をする場合、片膝立座で座るのが朝鮮の正式座法 である。 匙が有るので、汁物や麺類を音を立ててすするのはマナー違反である。

儒教 の影響で、目上の人より先に箸をつけない、目上の人と酒を酌み交わすさい、左手をひじや胸に添える。また目上の人の前で飲酒をする場合、目下の者は、目上の人から顔を背け、手で口元を隠して飲まなければならない[5] 。また女性は、酌をしてはいけない。

客人として招かれたときは、完食せずに残して「十分な量が振舞われた」ことを示すことが美徳とされてきた(ただし現在は、完食して「ごちそうさまでした」でも問題ない)。食事中、目上の人の前で喫煙をしてはいけない。たとえ街角の屋台でも、年長者に先立って煙を噴かすのは、怒りや不快感を生じさせる恐れがある。言付け程度の許可は、必要である。


登山

テーマ:

日本 においては、717年泰澄 和尚が開山した白山701年越中 (富山県)の国司 の息子有頼 が開山した立山 など、宗教にまつわり山を開いたとする開山縁起が残っている[2] [3] 都良香 の富士山記に、富士山頂の様子の記述がある[3] 鎌倉時代 (1185年頃 - 1333年)・室町時代 (1336年 - 1573年)以降、山に関する記録が減っていくが、何らかの理由で記録を残さなかったのか、実際に人が山に入らなくなったのかは不明である[2]

日本において、宗教目的以外で記録される著名な登山といえば、安土桃山時代1584年 (天正12年)12月の佐々成政 による「さらさら越え」(北アルプス 越え)である。しかも、これは比較的容易な無積雪期ではなく、冬季の積雪期に敢行されたという点でも注目されている。ルートは、立山温泉-ザラ(佐良)峠-平の渡し(黒部川 )-針ノ木峠-籠川(かごかわ)の経路が有力視されているが、確証はない。立山 の一の越-御山谷ルート、別山-内蔵助谷ルートをとったという説もある。

ザラ峠とは安房峠 (古安房峠)のことを指す、佐々成政は安房峠を越える鎌倉街道 を通って越中富山-遠江浜松を往復したのだ、という説もある[4]

同様の軍事的な意味合いの登山としては、武田信玄 の配下の武将山県昌景 が、1559年 (永禄2年)に飛騨 を攻めるのに上高地 から安房峠(古安房峠)を超えて入った事例が知られている[3] [5]

1640年 (寛永17年)に加賀藩 によって設置され1870年 (明治3年)まで続いた黒部奥山廻役 は、藩林保護のための検分登山を行い、北アルプス の主峰のほとんどを登って回った[3]

文化・文政期 (1804年 - 1829年)、1819年 の明覚法師と永昌行者による乗鞍岳1828年播隆 上人による槍ヶ岳 など、開山が相次ぐ。また、立山講や御岳講などの 中登山が盛んになる。寛政期 (1789年 - 1800年)に寺社詣でが解禁され、『東海道中膝栗毛 』(1802年 - 1822年)が人気 を博すなど、民衆 の間に旅行 人気が広まったことが背景として考えられ、参加する者の多くにとっては、宗教的な意味合いよりも、物見遊山としてのものだったと考えられる[2]

江戸時代文人画池大雅医者 川村錦城医学者 橘南谿画家 谷文晁 などが、山そのものを味わうために山に登ったことが知られている[3]

江戸 幕末北アルプス 麓にある入四ヵ村で年に薪五千間、板子八万梃を伐採しに二ノ俣 あたりまで入っていたなど、多くは記録に残っていないが、歴史を通じて、 人や狩猟採鉱 などの山仕事 でたくさんの人が山に入っていたと考えられる[2]

富士山頂の登山者(富士宮口頂上)

江戸幕末以降、複数の欧米 人が富士山 に登った。1860年 (万延元年)7月、オールコック富士山村山口登山道 から登り登頂している。1867年 (慶応3年)10月にはパークス 夫人が、1868年 (明治元年)7月にサトウ が登っている[3]

明治 時代(1868年 - 1912年 )、1874年ガウランドアトキンソンサトウ の三人の外国人パーティが、ピッケル とナーゲルを用いた登山を日本で初めて六甲山 で行った。ガウランドは1881年槍ヶ岳前穂高岳 に登山して「日本アルプス 」を命名した人物で、サトウは富士山 に最初に登った外国人としても知られる[6]

日本アルプスには、上記3名のほか、ウォルター・ウェストンバジル・ホール・チェンバレン 、フランシス、ミルン など複数の欧米人が登った。15版まで重版されるベストセラーとなった志賀重昂 の『日本風景論』が1894年 (明治27年)10月に出版されるまでの時期を、明治時代日本アルプス登山史の第一期とする見方がある[7]

その見方では、それ以降参謀本部 陸地測量部 による1913年 (大正2年)の地図 刊行までをその第二期とする。第二期には、冠松次郎木暮理太郎小島烏水 、近藤茂吉、三枝守博、武田久吉、田部重治 、鳥山悌成、中村清太郎 らが北アルプスに登った[7] 。陸地測量部は館潔彦柴崎芳太郎 などの測量官を派遣し、一等三角測量 を完成し、地図を刊行した。第二期を、小島烏水は日本登山史上の探検 時代と呼んでいる[3]

明治期の日本アルプスの登山では、長野県 の内野常次郎、上條嘉門次梓川 渓谷 )、小林喜作 (中房渓谷)、遠山品右衛門 (高瀬川渓谷)、横沢類蔵、富山県宇治長次郎 、佐伯源次郎、佐伯平蔵、山梨県 の大村晃平、中村宗義(早川谷)など、地元の猟師 が案内をした[7] [8]

日本の「近代登山」の始まりをどの時点に置くかは、人によって解釈が様々であるが、1874年 (明治7年)に六甲山 における、ガウランドアトキンソンサトウ の3人の外国人パーティによるピッケル とナーゲルを用いた登山が、日本の近代登山の最初とされることが多い[9] 1889年 (明治22年)には、ウエストンによってテント・ザイル等が持ち込まれ、ウエストンの助言で小島烏水らが1905年 (明治38年)に日本で最初の山岳会「山岳会」(後の「日本山岳会 」)を設立した。この年を近代登山の始まりとする説もある。また今西錦司 の言うように1918年 (大正7年)の第一次世界大戦 の終戦時をもって近代登山の幕開けとされることもある。

明治時代、北アルプスの地元では、学校登山が行われた。1883年 (明治16年)に窪田畔夫と白馬岳 に登った渡辺敏は、長野高等女学校 校長 時代、理科体育 教育 の目的で、1902年 (明治35年)より毎年、戸隠山白馬岳富士山 などへの登山を実施した。富山師範学校 教諭 の保田広太郎は、1885年 (明治18年)頃より、学生 を連れて立山 などに登った。河野齢蔵1893年 (明治26年)から動植物採集 の目的で北アルプスの山々に登り、大町小学校校長のとき、学校で登山を奨励した[10] [11]

明治時代、測量地理学 的な目的での登山が行われた。1882年 (明治15年)8月の内務省地質測量長ナウマン 博士の命令による横山又次郎一行の南アルプス 横断、1885年 (明治18年)全国地質測量主任ライマンの助手坂本太郎の槍ヶ岳 -薬師岳 縦走、1889年 (明治22年)大塚専一の針ノ木岳 -立山 -後立山 縦走などである[3]

陸地測量部 によって、1907年 (明治40年)までに、日本アルプス の主峰のほとんどに、三角点 が設置された[3]

探検時代の後[12] 、明治末から大正 にかけて、日本アルプスへ登山する人たちが増え始め[13] 、大正期に大衆 化した[14] 1915年 (大正4年)の上高地 大正池 の出現や、皇族の登山などが、人々を山へ誘った[15]

これを受けて、1907年 (明治40年)に松沢貞逸が白馬岳山頂近くに橋頭堡を築いて営業を開始したのに始まり、1916年 (大正5年)に松沢貞逸が白馬尻小屋を、1918年 (大正7年)に穂苅三寿雄がアルプス旅館(槍沢小屋)を、1921年 (大正10年)に赤沼千尋が燕ノ小屋(燕山荘)を、百瀬慎太郎が1925年 (大正14年)に大沢小屋、1930年 (昭和5年)に針ノ木小屋の営業を開始するなど、山中で登山者が休憩・宿泊する山小屋の営業が始まった[13]

また、1917年 (大正6年)の百瀬慎太郎による大町登山案内者組合結成をはじめ、1918年 (大正7年)の赤沼千尋の有明登山案内者組合、1919年 (大正8年)の松沢貞逸の四ツ谷(白馬)登山案内者組合、1922年 (大正11年)の奥原英男による島々口登山案内者組合結成など、山案内人(山岳ガイド)の利用料金および利用者と案内人の間のルールの明示・統一が試みられた[13] [16]

1921年 (大正10年)の槇有恒アイガー 東山稜登攀をきっかけとして、大正末期にアルピニズム の時代に入った。「先鋭的な登攀」が実践され、「岩と雪の時代」「バリエーションの時代」と呼ばれた[17] 。大学や高校の山岳部が、より困難なルートの制覇を目指して山を登った[18]

1937年 (昭和12年)に始まる日中戦争1938年 (昭和13年)に制定される国家総動員法 などの時代情勢により、登山ブームは下火になる[19]

1945年 (昭和20年)の第二次世界大戦 終了 、大学・高校の山岳部の活動が再開された[20]

1950年代ヒマラヤ で、1950年 (昭和25年)のアンナプルナ1953年 (昭和28年)のエベレスト1956年 (昭和31年)のマナスル の初登頂など、8000メートル峰(14座ある)の初登頂ラッシュ[21] が続き、これを受け再び登山ブームが起きた。このブームの特徴は、大学や高校の山岳部に代わって、社会人山岳会の活動が活発になったことである[22] 。この時期、1955年 (昭和30年)有名なナイロンザイル事件 が起きた[23] 。また、谷川岳 では、多発する遭難事故を受けて、群馬県が1966年 (昭和41年)に群馬県谷川岳遭難防止条例 を制定した[24] 1971年 (昭和46年)、海外で「先鋭的な登攀」を行ってきた人達が(社)日本アルパイン・ガイド協会を設立し、登山のガイドや山岳ガイドの養成、資格認定などを行い始めた[25] 1960年代 - 1970年代 、山岳部や山岳会が「先鋭的な登攀」を続ける一方で、一般の人々がハイキング から縦走登山、岩登り まで、好みと能力にあわせて広く楽しむようになった[26] [27]

1980年代 、山岳部や山岳会が衰退し始め、また、登山者に占める中高年 者の割合が増え始めた。若い世代 が山登りを3K というイメージで捉えて敬遠するようになり、育児が一段落した人たちが山登りを趣味とし始め、仕事をリタイアした世代が若い頃に登った山に戻り始めたことが理由であると考えられる。これに健康志向百名山ブーム が輪をかけ、2010年 現在に至っている。このブームで、ツアー登山が盛んになった[28] 。このブームの時代、1990年 (平成2年)、各地に設立された山岳ガイド団体が日本山岳ガイド連盟を設立し、ガイド資格の発給を行うようになった。2003年 (平成15年)、日本アルパイン・ガイド協会が日本山岳ガイド連盟を合併して(社)日本山岳ガイド協会が発足、日本全国統一基準のガイド資格が生まれた[29] 。また2010年今日、また若者が登山に戻りつつある。[30]