YURUKU®ウォーク公認インストラクター
ブレインカウンセラー中野愉紀子(YUKI)です。


ご訪問頂きありがとうございます。


私の失敗談含めて姿勢と歩行が軽やかで楽なものへとなることで体の機能を良くしていき変化する体づくりを書いています。




スーパーマーケットにカートがありますよね。


あれ、使う派ですか?


私は使う派です。
じつはあれ、立ち方のバランスの確認に応用できます。





前に手を置いてゆっくりカートを押します。


歩きながら、脚が前に出る感覚を感じてみて下さい・・・


(あっ、くれぐれも ガチャン!!っと脛をカートにぶつけないように気を付けて下さいね。^^)



そうするとス~っと、ふんわり~前に出る脚を感じることと
思います。



身体全体で流れるように前に進む。


『脚ってこんなに軽かったっけ!?』です。





この感覚で歩けたら


長く歩いても疲れない
頑張って脚の筋肉を酷使しないで歩けている。



(旅行の食べ歩きでも遠くまでいけちゃうな!って感じ)
でも、カートを一緒に連れていくわけにはいきません。(笑)
だから姿勢のバランスとして身体ごと連れていきます。



その感覚をなじませる練習。



そして軽い~気持ちいい~では終わりませんよ。


その次は


歩きながら身体全体のバランスを感じてみて下さいね。


いつもの立ち方と何が違うのかな?って


上半身、下半身、背中の感覚など…




お夕飯のお買い物へは皆さん行かれますよね。
そのときに涼みながら、構えずにバランスの確認をしてみては
いかがでしょうか。


いつもの立ち方って意外と背中を緊張させている
ことに気づかれるかもしれませんよ。



よかったら試してみて下さいね!
くれぐれも夢中になり周りのお客さまにぶつからないよう
お気をつけ下さいませ。^^





それでは最後までお読み頂きありがとうございました。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

合格中野愉紀子@各講座お申込み➡ こちら

 右差し入門講座・認定講座内容➡コチラから!

右差しスタジオアクセス➡池袋スタジオ

右差しご受講者様のお声・変化こちら

                    
   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




40代からの身体と体型は
 力を込める人と緊張をとく人で
 差がつきます!




つま先を揃えたときに膝かしらが内側を向いていませんか?

機能的美脚を
姿勢と歩行で目指しています。



◆お知らせ!◆


歩くことは生きること: 前に進む体が前に進む心を作る


「歩くことは生きること前に進む体は前に進む心を作る」

Kindle出版です。

Kindle無料アプリをインストールすればお読みいただけます。
■iPhone

■Android

         

《ℹインフォメーション》

● YURUKU®ウォークの
ホームページhttps://www.yuruku.co.jp


常識を覆した内容がもりだくさん!
もうハードなことをしなくても身体って変われる!
考案者 Noriko先生ブログ コチラ★


歩くことに集中する・呼吸の練習に集中するなら
●代表Noriko認定ウォーカー会・呼吸セミナーコチラ
   

メルマガ読者登録》➡ぜひご登録を!

『それぞれのYURUKU®』
YURUKU®公認インストラクターたちのそれぞれの物語りをありのままに書いたリレー メールマガジンです。

https://sv3.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=P612128
                                                                                                   

YURUKU®ウォーク公認インストラクター
ブレインカウンセラー中野愉紀子(YUKI)です。


ご訪問頂きありがとうございます。


私の失敗談含めて姿勢と歩行が軽やかで楽なものへとなることで体の機能を良くしていき変化する体づくりを書いています。




姿勢と言えば骨盤とリンクさせる方多いのではないでしょうか?




骨盤は上半身を受け取る器

姿勢で言うと骨盤は上半身を心地よく受け止める器のようだと私は考えています。


骨盤という器を通して上半身を受け止め2本の脚に体重をうまく分散してくれる。


その器が傾いていたり開いていたりしたら、約5㌔あると言われている頭含める上半身を安定して受け止めるとことはできませんよね。


つまり不安定ながら上半身を支えている状態。

脚にも負担がいくわけです。







じつは引っ張っているだけ!?

眼科の待合室の女性雑誌で骨盤シリーズが掲載されているのを目にしました。


ねじれ、開き、傾きと歪み方によりプロポーションにどのように
影響するかなど掲載されていました。


シンプルに『骨盤は倒れているより立った状態がよい!』


ということは多くの女性が周知されていることと思います。


私もその一人でした。


お腹を凹ませて骨盤を立たせてみたり
着物の帯のようなベルトで固定をしてみたり…立てようと取り組んでいたことかあります。



でもね、つくづく思います。
倒れそうになる骨盤をグっと力を込めることで引っ張っていた
だけだったのです。


意識していないとキレイな姿勢を維持できない。
これは本当の意味での姿勢改善ではありませんよね。







内側から骨盤が立った状態は感覚や身体の変化はまるで違います


こればかりは本人しかわからない感覚ですが。


わたしの場合は

骨格に身体を預けている感覚で立ち方に安定感がある。
(体重の置き所に迷いがない状態とでもいいましょうか。)
 
立っていること自体が気持ちいい動作に。


腰もグラグラ感がなく安定しています。
腰を反ろうとしても反らないし、前にもいきません。


脚が前に振りだしやすい。
(立ち方のバランス含めて股関節のロックが解除されている
からだと考えています。)


座り方のバランスも変わりましたよ。
意識しなくても座ったとき骨盤が後ろに倒れなくなりました。


私、立ち方の癖は座り方にも
座り方の癖は立ち方にも現れると思うのです。







生徒さんが何気に言った一言。
『どうも座るときに骨盤が後ろにたおれちゃうのよね~』が
ずっと頭に残っていました。


私の何気ない立ち方の癖が座り方にも現れていたのですね。



それからパソコン作業での首の違和感が一気に減りました。
座り方のバランスも変わったからだと考えています。


あとね、これ1ばんかな。
無意識でも猫背になっていない!


猫背のときはお腹がよく落ち込んでいましたが
気づいたら立つというか凹まなくなっていました。





骨盤だけで『はい!解決』ではありません。


姿勢のバランスの立ち方を学んでいるからこそ
骨盤がうまく上半身を受け止められて、身体全体が安定した状態を維持できているのです。


よいバランスの立ち方を知ることは、いい状態を維持することに
も繋がります。


基準がわかれば癖もわかり修正もできますからね。








横からみて骨盤を立った風に表側の見た目だけで取り組んでいませんか?

立ち方のバランスとともに内側からですよ。^^


引っ張っているだけにならないように
姿勢のバランスも立ち方から理解しましょうね・・・





それでは最後までお読み頂きありがとうございました。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

合格中野愉紀子@各講座お申込み➡ こちら

 右差し入門講座・認定講座内容➡コチラから!

右差しスタジオアクセス➡池袋スタジオ

右差しご受講者様のお声・変化こちら

                    
   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




40代からの身体と体型は
 力を込める人と緊張をとく人で
 差がつきます!




つま先を揃えたときに膝かしらが内側を向いていませんか?

機能的美脚を
姿勢と歩行で目指しています。



◆お知らせ!◆


歩くことは生きること: 前に進む体が前に進む心を作る


「歩くことは生きること前に進む体は前に進む心を作る」

Kindle出版です。

Kindle無料アプリをインストールすればお読みいただけます。
■iPhone

■Android

         

《ℹインフォメーション》

● YURUKU®ウォークの
ホームページhttps://www.yuruku.co.jp


常識を覆した内容がもりだくさん!
もうハードなことをしなくても身体って変われる!
考案者 Noriko先生ブログ コチラ★


歩くことに集中する・呼吸の練習に集中するなら
●代表Noriko認定ウォーカー会・呼吸セミナーコチラ
   

メルマガ読者登録》➡ぜひご登録を!

『それぞれのYURUKU®』
YURUKU®公認インストラクターたちのそれぞれの物語りをありのままに書いたリレー メールマガジンです。

https://sv3.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=P612128
                                                                                                   





YURUKU®ウォーク公認インストラクター
ブレインカウンセラー中野愉紀子(YUKI)です。


ご訪問頂きありがとうございます。


私の失敗談含めて姿勢と歩行が軽やかで楽なものへとなることで体の機能を良くしていき変化する体づくりを書いています。



子供が小学校の頃任○堂のゲームが流行りました。
持っていない子の方が少ないくらいでした。


その中に大人も遊べるテトリスってゲームありましたよね。
すごい人気でしたね。


楽しみながら脳に刺激を与えてトレーニングする…ということ
脳トレもありましたよね。私も持っていましたよ。


おつり計算だったかな
頭と手が追い付いていかなかったりして笑っちゃいました。^^





あれから数年たち、まさか自分が脳活用度について学ぶことに
なるなんて思いもしませんでしたね。



身体の歪みから頚椎のズレに悩まされ、脳の血流が悪くなると

人間の活力、気力を失うことをその度に経験しました。



めまい、思考能力の低下、物忘れなど40代はじめの私にはまだ未来の心配事かと思いきや


若年性認知症…が現実に見えてきた経験でした。


気力って?
活力って?

どこからどうやって湧き出てくるの?
真剣に考えたりしましたね。



脳と身体を毎日の食事から活性化!


都立駒込病院 脳神経外科部長  篠浦伸禎先生の著書に
脳の血液循環をよくする習慣として"アホエンオイル"が紹介されていました。 

……………………………………

※湯煎で温めた150cc(100度以下)オリーブオイルに細かく刻んだニンニク3片を入れて火を止めて余熱を冷まし、ニンニクをこしたオリーブオイル。
……………………………………


外来では患者さんにこの"アホエンオイル"をすすめているそうです。



記憶力改善、物忘れがなくなった
コレステロール数値、血糖値の改善



原因のわからないめまい、立ちくらみがなくなったなどたくさんの効果を患者さんが実感されている声があります。





私も実際にとり始めています。

サラダにひとかけ
冷奴に、バケットにと
取りすぎに注意しながら


そうしたら一週間もしないうちに
頻繁におこるめまいがなくなりました。(本当に驚きです!)


その他便秘解消


何より夜、熟睡できるようになりました。^^
朝が以前にも増してシャキッと!気持ちよく起きれます。


わが家では、『めまいがする』とうったえる旦那さんや子供たちもとるようにしています。



安くて、簡単に脳からも全身へ活力を!

脳内の血流でも、微小な血液循環までもよくしてくれる作用
あるというアホエンオイル。


脳が活動するための酸素や糖をすみずみまで運んでくれます。


姿勢を改善してから手先や足先の血液循環がよくなったのか
爪の色がピンク色になったけど、脳も同じなんですよね。



例年にないこの暑い夏を乗り切るエネルギーにぜひお試し下さいね。


めまいが頻繁にあった私、この夏乗り切れるかな~?が
『いける!大丈夫!』に変わりました。


安くて、簡単に脳からも全身エネルギッシュになれますよ!





それでは最後までお読み頂きありがとうございました。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

合格中野愉紀子@各講座お申込み➡ こちら

 右差し入門講座・認定講座内容➡コチラから!

右差しスタジオアクセス➡池袋スタジオ

右差しご受講者様のお声・変化こちら

                    
   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




40代からの身体と体型は
 力を込める人と緊張をとく人で
 差がつきます!




つま先を揃えたときに膝かしらが内側を向いていませんか?

機能的美脚を
姿勢と歩行で目指しています。



◆お知らせ!◆


歩くことは生きること: 前に進む体が前に進む心を作る


「歩くことは生きること前に進む体は前に進む心を作る」

Kindle出版です。

Kindle無料アプリをインストールすればお読みいただけます。
■iPhone

■Android

         

《ℹインフォメーション》

● YURUKU®ウォークの
ホームページhttps://www.yuruku.co.jp


常識を覆した内容がもりだくさん!
もうハードなことをしなくても身体って変われる!
考案者 Noriko先生ブログ コチラ★


歩くことに集中する・呼吸の練習に集中するなら
●代表Noriko認定ウォーカー会・呼吸セミナーコチラ
   

メルマガ読者登録》➡ぜひご登録を!

『それぞれのYURUKU®』
YURUKU®公認インストラクターたちのそれぞれの物語りをありのままに書いたリレー メールマガジンです。

https://sv3.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=P612128
                                                                                                   


YURUKU®ウォーク公認インストラクター
中野愉紀子(YUKI)です。


ご訪問頂きありがとうございます。


私の失敗談含めて姿勢と歩行が軽やかで楽なものへとなることで体の機能を良くしていき変化する体づくりを書いています。




日焼けや冷房のこと考えると薄手のUVカーディガンなんかを
1枚羽織ることありますよね。



先日、前を歩いていた女性に目がいきました。


袖を通したカーディガンの右肩だけがずり落ちるの。
歩くたびに。


何歩か歩いて、肩からズリっと。
その度に左手でカーディガンを、引き上げていました。



もう慣れた感じで無意識なんでしょうね。^^



単純に考えて落ちるのはカーディガンの右肩部分に肩が入っていないわけです。





なぜでしょう?


そもそもカーディガンは肩がフィットしにくいつくりですよね。
着こなしで工夫する手もあるけど


その女性は後ろから見て明らかに右肩が下がっていました。



首辛くないかな?肩こりは?とか
かってにイメージしちゃいましたよ。^^


肩の高さだけの問題ではありません。
身体のねじれなども関係しています。 


筋肉は脚も腕もねじれるけど、身体もねじれるのよね。
骨盤だってねじれるんだから。



肩の高さだけではなく、
片側だけ肩が後ろに下がってないか確認してみてくださいね。


さらに私は下がった側のお腹脇がくの字になって歩いてたの。
バランスですね。


ねじれて、くの字ってすごくないですか?


これで立ったり歩いたりしたら首もしんどくなるはず。


これがでると私太もも前がめちゃくちゃ強ばります。
太もも後ろのハムストリングのときもあります。



上半身から引っ張られるのです。

逆パターンもあるよね。下半身から上半身が引っ張られる
パターンも。




カーディガンが気づくといつも肩からずり落ちる!というあなた


肩じゃないところから引っ張られているかもしれませんよ。


姿勢含め、身体全体から肩を考えてみて下さいね。
身体は繋がっていますから。



筋肉のねじれをよく動かせる位置に戻してあげて
新たな姿勢と歩行を上書きしていきましょう。


それでは最後までお読み頂きありがとうございました。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

合格中野愉紀子@各講座お申込み➡ こちら

 右差し入門講座・認定講座内容➡コチラから!

右差しスタジオアクセス➡池袋スタジオ

右差しご受講者様のお声・変化こちら

                    
   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




40代からの身体と体型は
 力を込める人と緊張をとく人で
 差がつきます!




つま先を揃えたときに膝かしらが内側を向いていませんか?

機能的美脚を
姿勢と歩行で目指しています。



◆お知らせ!◆


歩くことは生きること: 前に進む体が前に進む心を作る


「歩くことは生きること前に進む体は前に進む心を作る」

Kindle出版です。

Kindle無料アプリをインストールすればお読みいただけます。
■iPhone

■Android

         

《ℹインフォメーション》

● YURUKU®ウォークの
ホームページhttps://www.yuruku.co.jp


常識を覆した内容がもりだくさん!
もうハードなことをしなくても身体って変われる!
考案者 Noriko先生ブログ コチラ★


歩くことに集中する・呼吸の練習に集中するなら
●代表Noriko認定ウォーカー会・呼吸セミナーコチラ
   

メルマガ読者登録》➡ぜひご登録を!

『それぞれのYURUKU®』
YURUKU®公認インストラクターたちのそれぞれの物語りをありのままに書いたリレー メールマガジンです。

https://sv3.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=P612128
                                                                                                   



YURUKU®ウォーク公認インストラクター
中野愉紀子(YUKI)です。


ご訪問頂きありがとうございます。


私の失敗談含めて姿勢と歩行が軽やかで楽なものへとなることで体の機能を良くしていき変化する体づくりを書いています。





脚が重いと感じていませんか?



先日のグループレッスンで
脚が重いと言う方が数名いらっしゃいました。


じつは私もつい最近までそうでした。


朝起きると腰から脚にかけて重い💧のです。


冷房でかな?
キンキンに内臓から冷えてむくんでる?


身体の中心に位置している腰を緩めていくと腰~脚が軽くなりました。(入門講座の座って行う腰のケア)





つい先日もこんなことありました・・・

箱根温泉のホテルから帰る前に

『身体を温めて・・・』と早朝にゆっくり温かい温泉に入りました。



そして帰りに箱根駅周辺でお買い物をしてたら・・・


『脚がめちゃくちゃダルい』のです。


『なんで!?軽やかに歩けるように温泉入ったのに!』^^





で、足下を見ると・・・いつもの癖で立ってる!のです。



お台所で立つとき、シンクに腰をつけて立たれていませんか?
あの"もたれて立つ癖"です。


骨盤にもたれている人もいるかも。
 

これ、『もたれ立ち』と私はネーミングしてますが。(笑)



この立ち方をされている方非常に多いのでは?
自覚のある方もいますが、気づくと"もたれ立ち"をしているのよね。^^


だからって
ただもたれないように立っても姿勢のバランスを変えないと 元に戻りますよ。


もたれると足も前に出しにくくなります。


出しにくさから、足を力ませて歩いていませんか?


むくみやすくもなりますしね。
太い血管やリンパが流れている股関節がもたれることで圧迫されますから。


また、歩く際に使えていてほしい大腰筋も正しく使えません。


歩く脚は重くなるわけなんですよ。



左右で違う太ももの太さ


自慢じゃないですけど、ワタシ右股関節が不調ですから
横から見ると右側の太ももの方が太いのです。^^


でも最近、太さが揃ってきました。


緊張をさらに抜いていくことを脳からも習慣にしています。
脳からリラックスすると脚も軽やかになるの。





さっ!お台所へ

もし、えっ私?と
思いあたる方は、お台所にいつものように立ってみてくださいね。


シンクにもたれていませんか?



箱根では早速立ち方を修正したら


その場でストン!と脚の重みが歩きながら抜けたのです。快適!


朝一番から脚が重く感じるのはとても不快ですよね。
わかります。^^


朝でその日一日が決まります。


もたれないで自分で立てるようになろうよ!



それでは最後までお読み頂きありがとうございました。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

合格中野愉紀子@各講座お申込み➡ こちら

 右差し入門講座・認定講座内容➡コチラから!

右差しスタジオアクセス➡池袋スタジオ

右差しご受講者様のお声・変化こちら

                    
   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




40代からの身体と体型は
 力を込める人と緊張をとく人で
 差がつきます!




つま先を揃えたときに膝かしらが内側を向いていませんか?

機能的美脚を
姿勢と歩行で目指しています。



◆お知らせ!◆


歩くことは生きること: 前に進む体が前に進む心を作る


「歩くことは生きること前に進む体は前に進む心を作る」

Kindle出版です。

Kindle無料アプリをインストールすればお読みいただけます。
■iPhone

■Android

         

《ℹインフォメーション》

● YURUKU®ウォークの
ホームページhttps://www.yuruku.co.jp


常識を覆した内容がもりだくさん!
もうハードなことをしなくても身体って変われる!
考案者 Noriko先生ブログ コチラ★


歩くことに集中する・呼吸の練習に集中するなら
●代表Noriko認定ウォーカー会・呼吸セミナーコチラ
   

メルマガ読者登録》➡ぜひご登録を!

『それぞれのYURUKU®』
YURUKU®公認インストラクターたちのそれぞれの物語りをありのままに書いたリレー メールマガジンです。

https://sv3.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=P612128