「再登校日を迎えるまで(2)~管理をやめられなかった私~」 の記事の続きです。
 

【再登校日の2週間前】

息子の力を信じて見守ることができず・・・。
 
焦った私は、あれこれ干渉していたのをピタッとやめ、自立を促す対応へ一気に切り替えてしまいました。
 
私の急激な変化を受けて、息子は不安定さを見せ始めました。
 
エンカレッジの上野先生から、
「バランスを調整しながら」
と教えていただいていたのに。
 
この「バランス」を取ることが、私には難しくて。
 
息子からしたら、急に突き放されたように感じたのだと思います。
 
 
泣き始めた息子を見て動揺した私は、主人の制止を振り切り、家を飛び出してしまいました。
(完全に冷静さを失っていました)
 
先生に、電話をしに行ったのです。
 
お盆休みの、しかも夜。
主人が止めるのも当然でした。
 
 
先生は、穏やかに話を聞いてくださり、「落ち着いて、1つずつ頑張りましょう!」と、明るく励ましてくださいました。
 
 
その日の夜遅く。

 

上野先生からのメール
 
もっと吐き出してくれていいですよ。
不安になったら電話してくれていいですし。
お母さんの安定のために、いつでも相談できる体制を作っているので。

 

いつでも支えていただける安心感。
感謝の気持ちでいっぱいでした。
 

【訪問カウンセラーの先生との登校準備】

翌日の8月13日。
男性の訪問カウンセラーの先生が来てくださいました。
 
訪問の先生も休日関係なく対応してくださり、感謝しかありません。
 
この日は宿題の進み具合の確認です。
先生が、宿題をリストアップし、カレンダーとチェックリストを作って、進捗状況を一目で分かるようにしてくださいました。
 
宿題が終わらないと、登校への不安材料になる可能性が高いとのこと。
不安のもとを減らしていきます。
 
 
8月20日。
次の訪問の日。
 
「来週の今頃は、もう学校にいるんだねー」
との先生の言葉に、少し緊張を見せた息子。
 
ちょうど1週間後が、始業式です。
 
先生は、息子の様子を見ながら、登校に向けて気持ちの準備をしてくださいました。
 
 
一緒に宿題を進めることになっていたのですが、
息子は、学童に持って行っているリュックをガサゴソ・・・。
 
「おかしいなあ、持って帰ってきたはずなんだけど」
 
なんと、宿題一式を置いてきてしまったようです。
 
仕方なく・・・始業式前日までに、自力で終わらせることになりました。
 
なんで今日に限って置いてくるかなー!(私の心の声です)
 
 
ここから1週間。
黙って見守ることが、こんなにきついとは・・・。
 
今までそれだけ干渉してきたということです。
 
「宿題は、息子の問題」
「自己管理を身に着ける機会を奪わない」
「息子を信じる」
呪文のように繰り返し唱えて、自分に言い聞かせていました。
 

【不安のピーク】

昼間、訪問の先生と、登校に向けて前向きに話をしていたのですが・・・。
 
夜になり、息子の表情が曇ってきました。
私と息子の会話
 
(子)「お母さん、夏休みが終わっちゃうよー。学校に行きたくない」
(私)「学校が心配なんだね」
(子)「うん。お母さん、引っ越しする?」
(私)「引っ越し?」
(子)「山奥で、どうやっても学校に行けないところに引っ越せばいいんじゃない?
 
自分で学校に行くと決めた日が1週間後に迫り、不安が膨らんできたようです。
ずっと休んでいた学校です。
山奥に逃げ込みたくなるほど、不安になる気持ちも分かります。
 
 
翌日も、「あー、また1日が過ぎちゃったよー!」と。
 
上野先生からのコメント
 
不安を吐き出したいのだと思います。
そうなんだなと思って、受け止めてあげるといいですね。

 

 
「学校に行きたい気持ち」と
「学校が怖いという気持ち」の間で、揺れ動く息子。
 
息子の緊張、心の葛藤が、ひしひしと伝わってきます。
 
私は、先生に教えていただいた通り、息子の不安を受け止めつつ、
その揺れに引きずられないように、自分を落ち着かせていました。
 
 
翌日の夜になると・・・
 
私と息子の会話
 
(子)「お母さん、夏休みがまた1日終わっちゃった」
(母)「うん」
(子)「明日はお兄さん(訪問カウンセラーの先生)が来るんだよね」
(母)「そうだよ、午前中に来てくれるよ」
(子)「夏休みはあと4日だ」
 
静かに自分に言い聞かせるような感じでした。
 
息子は、覚悟を決め、不安を乗り越えようとしている。
そんな印象を受けました。
 

【いよいよ前日】

8月26日。
上野先生が、再度、息子に登校の意思を確認してくださる日。
訪問カウンセラーの先生方も来てくださいます。
私と息子の会話
 
(子)お母さん、宿題全部終わったよ。
   終わったはず!・・・大丈夫かなあ。
(母)お兄さんのチェックリストある?
(子)うん。
   (自分でチェックリストを埋める)
(子)間に合わないかと思って、焦ったよー。
   今度の冬休みは、とっとと宿題終わらせる!

 

上野先生の添削
 
よく頑張りましたし、自分で次は早くやろうと思えるようになりましたね。
自分の問題として、意識できるようになってきていると思います。
 
私が手出し口出ししなくても、息子はちゃんと終わらせてきました。
 
なんとか間に合った、という感じでしたが・・・。
ギリギリで焦った経験をしたからこそ、次は早くやろうと自分で考えることにつながったのだと思います。
 
 
先生方の到着前に、お風呂に入った息子。
「今日はこの服のまま寝るね。そうすれば明日着替えないで行けるし!」
 
この時点で私は、息子は明日、学校に行くつもりなのだと確信しました。
 
 
7時過ぎ。
訪問カウンセラーの先生方が来られ、宿題の確認と学校の荷物のチェック。
準備は万全です。
 
そして、上野先生も到着され、息子に登校の意思を確認してくださいました。
「大丈夫だね」との先生の言葉に、「はい」と答えた息子。
 
緊張した様子はなく、とても落ち着いていました。
 

 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 


不登校・ひきこもりランキング

 

 

♢♢支援を受けている復学支援機関です♢♢

(上野先生のHP)

不登校支援グループ エンカレッジ