Trekking 2018.July 妙高&火打 | フラワーアレンジメントのデザイン集
July 12, 2018

Trekking 2018.July 妙高&火打

テーマ:

残雪の妙高山&火打山へ。

 

 

天狗の庭に映り込む「逆さ火打」

これが見たかった!

 

水芭蕉、サンカヨウ・・・、

いえいえ、覚えきれないほどの花が、山一面に咲いておりました。

 

 

数々の野鳥や蛙、高山にしかいない蝦夷春蝉の声。

胸いっぱいに甘い木の香りを吸いながら、五感フル回転。

 

贅沢な時間を過ごした3日間。

 

山小屋での夕飯タイムは、知らない山人たちから聞く話が実に面白い。

Mamiちゃん(従姉)はジャンダルム~大キレットの画像を見て、「行きたいっ!」って。

山人たちは自慢の画像をスマホに必ず入れていますので、見せてくれるのです。

 

言っておきますが・・・山岳保険以外、ききませんからね。

 

私は「モルゲンロート」が見られればHappyなんだけどなぁ~。

 

 

 

ひと目見たかった、朝露や雨に濡れてアイスフラワーのように透ける「サンカヨウの花」。

3日目にしてやっと出会えました。

「サンカヨウの花」は所々で見かけても、このようにきれいに透けて見えるものは少ないのです。

 

 

雪渓が残る岩山、崩落箇所あり、頂上まで直登の岩場が1時間以上も続く厳しい山でした。

 

「年に数回、救難ヘリが出るところだから、落ちないでよ!」と山小屋の管理人に言われての出発。よ~~く考えたら、女だけのパーティーは私たちだけだったような・・・。

妙高山は登山者が少なかったのも心細かったことの1つ。

 

下山してくる人が口々に「気をつけて!」と声をかけてくれるのも不安要素だったかな。

 

とにかく怪我したら仕事に支障をきたしますから。

 

 

 

登っているときは、「しばらくはいいかも。」って思うのですが、下山すると次どこへ行く??と話しています。

 

留守中に海外からのお問い合わせがいくつか届いていますので、せっせと仕事します。

 

 

Lincoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント