ワールド・オブ・ライズ/Body Of Lies | いい加減社長の日記

いい加減社長の日記

会社を立ち上げて15年。今はやりのIT関係だけど、世間で騒がれてる社長たちには、ほど遠い。



ニュースネタをメインとして、映画は週に1回程度のレビュー記事、他は、愚痴の多い自分ネタなど?



今度、映画情報サイトを立ち上げる予定です。

直前まで「K-20 怪人二十面相・伝 」と迷ったんだけど。
「ブラッディ・マンデイ」の最終回を観てから出かけるとなると、21:45スタートの「ワールド・オブ・ライズ 」の方が安全ということで。


UCとしまえん 」は、ちょっと多めかな?
ワールド・オブ・ライズ 」は、中くらいのスクリーンで、5割くらい。



いい加減社長の日記-lies

(c) 2008 Warner Bros. Entertainment Inc.


【ストーリー】
ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、ヨルダンを拠点にテロを計画する大規模テロ組織の首謀者の手がかりをつかむ。
フェリスは組織に潜入しようとするが、それには、狡猾なCIAのベテラン、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)と、敵かもしれないヨルダン諜報部トップの協力を確保しなければならない。
表面上は味方であっても、彼らをどこまで信用していいのか確信がもてないまま、フェリスの命を懸けた作戦実行の期限が迫る。


【スタッフ&キャスト】
監督:リドリー・スコット
出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ


原作は、ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デイビッド・イグネイシアスがCIA工作員を描いた2007年の小説「ボディ・オブ・ライズ」。


飽きさせない展開で、面白かったですね。


レオナルド・ディカプリオも、最近はこういった男くさい役が、よく似合いますね。


アルカイダの下部組織のテロリストと戦うCIA工作員のロジャー(レオナルド・ディカプリオ)と、その上司のエド(ラッセル・クロウ)。


しかし、どうもこの2人、目的は同じはずなのに、アプローチ(立場?)が違う。


ロジャーは、目的のためなら、他国の情報機関との協力にも積極的。


一方のエドは、アメリカの威信とか、自分の手柄の優先順位の方が高い?


ロジャーと協力するヨルダンの情報機関のボスのハニ(マーク・ストロング)が、なかなかの曲者。


観ている方としては、ロジャーの立場に共感を覚えるが。


実際の現場では、エドの立場も必要なんだろうという気も。


だって、やっぱり1つの国の情報機関なんだもんねぇ。


きっとエドも、現場で活動していたときは、ロジャーみたいだったんだろうなぁ、なんて思いながら。


それにしても、邪魔ばっかりしてるように見えるけどね^^;


あと、ロジャーが一目ぼれしたアイシャ(ゴルシフテ・ファラハニ)。


この女性のせい(?)で、ピンチに。


優秀なCIA工作員だったら、こうはならないはずなのに^^;


こういう男くさい映画に、ロマンス的な要素は、なじまない感じも。


最後の部分は、ネタバレになってしまうので、書きづらいんですが。


この先、ロジャーはどうなるんだろう。


中東に残れば、かなり危険な立場になるだろうに。


アイシャと付き合ったら、アイシャも巻き込まれそうだし。


ま、映画としては、ここで終わりでいいのかもしれないけど、ちょっと気になる。


途中、かなりグロっぽい描写も出てくるので。


そのあたりは、苦手な人もいるかも。


でも、情報機関って、こういうもんだろうなぁ、と思える冒険心(?)は刺激される映画でした。


【関連ニュース】
ワールド・オブ・ライズ(シネママガジン)
テロ組織と米CIAの冷酷で残忍な暗闘…「ワールド・オブ・ライズ(スポーツ報知大阪)
過酷な運命を負ったレオさまの背中が切ない 「ワールド・オブ・ライズ」(岐阜新聞)
シネマの週末・トピックス:ワールド・オブ・ライズ(毎日jp)
ディカプリオの男臭い“キレ”がキーポイントの『ワールド・オブ・ライズ』(cinemacafe.net)
『ワールド・オブ・ライズ』(ELLE ONLINE)
ディカプリオがリスペクト!伝説の監督、リドリー・スコット来日決定(シネマトゥデイ)
ディカプリオが抱える上司への苦悩は、現代サラリーマンが持つ悩みと同じ!?(日経トレンディネット)


【関連ブログ】
映画 【ワールド・オブ・ライズ】(ミチの雑記帳)
ワールド・オブ・ライズ(☆彡映画鑑賞日記☆彡)
『ワールド・オブ・ライズ』(ラムの大通り)
「ワールド・オブ・ライズ」(かいコ。の気ままに生活)
「ワールド・オブ・ライズ」(てんびんthe LIFE)
ワールド・オブ・ライズ(映画鑑賞★日記・・・)
ワールド・オブ・ライズ(2008年)(勝手に映画評)
「ワールド・オブ・ライズ(BODY OF LIES)」映画感想(Wilderlandwandar)
ワールド・オブ・ライズ(めでぃあみっくす)
「ワールド・オブ・ライズ」みた。(たいむのひとりごと)
「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。(シネマ親父の“日々是妄言”)
[映画『ワールド・オブ・ライズ』を観た](『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
ワールド・オブ・ライズ(佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
『ワールド・オブ・ライズ』 (2008) / アメリカ(Nice One!!)
ワールド・オブ・ライズ(★試写会中毒★)
ワールド・オブ・ライズ/Body of Lies ネタばれあり(うだるありぞな)
『ワールド・オブ・ライズ』 (Body of Lies)(Mooovingな日々)
ワールド・オブ・ライズ 憎悪の連鎖を断て!(労組書記長社労士のブログ)
ワールド・オブ・ライズ(LOVE Cinemas 調布)
★★★★ 『ワールド・オブ・ライズ』(映画の感想文日記)
ワールド・オブ・ライズ(小部屋日記)
騙し騙され・・・☆『ワールド・オブ・ライズ / BODY OF LIES』 ☆(honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
ワールド・オブ・ライズ 東京国際フォーラム 2008.12.3(◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
★「ワールド・オブ・ライズ」試写会♪(・*:・ふわゆら生活・:*・)
試写会「ワールド・オブ・ライズ」鑑賞(温泉ソムリエの映画な日常)
「ワールド・オブ・ライズ」ジャパンプレミア(今日という一日。)


【gooブログの方へ】
アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、
http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/3022aa11098b39108adeb3fc69326c4e
の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。



ワールド・オブ・ライズ (小学館文庫)/デイヴィッド イグネイシアス
¥830
Amazon.co.jp

オリジナル・サウンドトラック『ワールド・オブ・ライズ』/マーク・ストレイテンフェルド
¥2,625
Amazon.co.jp




【告知】
まだまだ応募者募集中です。
一緒に映画情報サイトを作ってくれる方、探してます^^
http://www.moviepal.jp/


ランキング参加中です。

====================================================================

ランキングサイト

blogranking blogger
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

このブログが気にいった方は、是非清き1票を

====================================================================


ここからは、いつもの宣伝です。

====================================================================

こだわりの美を追求するサイト

コダワリスト

もう1つの裏のブログ

いい加減社長の夜の日記

====================================================================