ロックダウン開始後、初の外出 | ★チェンナイ駐在記★
新型コロナウイルスに関する情報について

★チェンナイ駐在記★

ご訪問ありがとうございます☆ 2017年8月より、チェンナイ駐在生活が始まりました。 
★ミシガン駐在記★に引き続き、インド版もどうぞよろしくお願い致します♪

インドの全土封鎖が始まって6日間がたちました。 現地の報道によるとタミルナドゥ州の感染者は17人増の67人、インド 全土では1251人となったそうです。 明日から4月になるというのに、明るい気持ちになれません。 
 
1月30日にインド で最初の感染者がケララ州で確認されて以降、2月は市民に対して手洗いを促したり不要不急の海外旅行を自粛するよう注意を促すレベルだったのですが、3月に入ってから急にインド政府 は強い方針を打ち出し始めました。 まだ感染者数が一桁だった3月3日には日本、韓国、イラン、イタリア人に対して発行済のビザを無効にし、感染者が200人未満であった19日にはその3日後に試験的にロックダウン(Janata Curfew)を行うと発表。 その更に3日後に現在の21日間のロックダウンが始まったのですが、外出すると警察に理由を尋ねられ、虚偽の外出理由や目的地を申告した場合には禁固刑や罰金を含む刑罰が科せられることから、ロックダウンが単なる外出自粛要請ではなく強制力のある禁止令であることが分かります。  
 
我が家ではロックダウンが始まる前から生活必需品や食料品を少しづつ買いだめて準備をしていたのですが、最後の買い出しから1週間経ち、そろそろ新鮮な野菜がなくなってきました。 特に今は色の濃い野菜を沢山食べて免疫力を高めておきたい時! 今日は思い切って買い出しに行ってきました!
 
買い物に行くにはマスクは必需品。 念の為、ビニール手袋と、警察に止められた場合に備えパスポートも鞄に入れました。 買い物袋はいつもより大きめのものを多めに持って行きました。
 
9時の開店前。 ECRのニルギリスに向かうと既にお店の外には行列ができていました。以前はなかったsafe distance用の線まで引かれています。 列に割って入る人など皆無です! 

 

並んでいる人に男性が多いのは、ドライバーさんに場所取りをしてもらったり、買い物を頼む人が多いから! 

 

マスクがない人はスカーフで鼻と口を覆っています。 一度に10人の入店制限が設けられているので、お店に入るまでに30分以上待ちました。

 

マスクを着けないと、お店に入れてもらえません!

 
並んでいるうちに、何人もの店員さんが沢山の野菜を店内に運ぶのが見えて安心しました!

 

入り口で、持ってきた使い捨ての手袋をはめて手を消毒してからお店に入りました。 手袋まではしなくても良いのですが、なんとなくしていた方が安心なので自主的につけました。

 

一旦中に入ると安心してお買い物ができました! 店内でもsocial distancingは守り、他の方とは1メートル以上離れて移動するように気をつけながら、出来るだけ急いで買い物を済ませました。

 

野菜も果物も、品数・量ともに普段と変わりない感じでした。

 

 

買えなかったものはレタス類とトイレットペーパーのみ。 州のボーダーが封鎖されているので十分商品が入荷していないのではと心配していましたが杞憂に終わりました。

 

 

お野菜の次は、隣のTrystへ。 

 

こちらは並ぶことなく入れました。 菓子パンとヨーグルトを買ってさっとお店を出ました。 

 
外出ついでに、オーガニック野菜のTerraにも寄ってみたのですが、、
 
立ち位置の印もないし、お客さんが居ないなと思ったら、、
 
棚は殆ど空っぽでした。 次の入荷はいつになるか約束はできないけど、明日来てみてと言われました。 顔なじみの店員さんなので来てはあげたいけど・・・。
 
帰り道。 まだ半分以上タンクに燃料は残っていたのですが、念のためガソリンスタンドで満タンにしておくことにしました。

 

今日時点の価格ですが、ディーゼル燃料は1L=約94円、ガソリンは1L=103円くらいです。(1.43円/ルピーで計算)日本より少し安いですね。

 

道はとても空いてます。 私たちが通過した時は警察は居ませんでしたが、止められて通行許可証を見せるよう言われることもあるそうです。  


途中見かけたローカルの食料品店の外でもちゃんとsafe distanceを取って並んでいました。

 

 

このバラックのような建物、州政府公認の酒屋さんです。 夜はいつも怪しい人だかりができていて、酔いつぶれて地面に寝ている人もいるような場所なのですが、ここもロックダウン時は閉鎖中。 

 

ウォータートラックも毎日来てくれているので安心です。 
 
沢山買って帰ったけど、ここからが大変です。
ヨーグルトなどの容器は念の為消毒液で拭いてから冷蔵庫へ。
 
野菜は水道水、フィルター水、ペットボトルの水で入念に洗い、、

水気が乾いたところでビニール袋に入れて冷蔵庫へ。
 
この日注文していたパン屋さんも、ちゃんと配達してくれました! 本当にありがたい!
 
パンはスライスして、ビニールに入れて冷蔵庫へ。 
 
これで数日は安心! 食料が十分にあると心に余裕ができます。 当たり前のように新鮮な野菜が買えて自由に外出できる日常が1日でも早く戻ってきますように。