結婚して、1年になります。

 

 

 

 

ダンナさんと二人で話をしていて

時間の経過がよくわからなくなることがあって。

 

なんだか、もう何年も一緒にいるような

感覚があるんですよね。

 

 

それくらい

一緒にいることが自然になっています。

 

 

 

 

 

で、この1年間で

確実に変化していることがあります。

 

① 仲良し度がアップした

 

② 思っていることを言うようになった(私)

 

③ 我慢することが大幅に減った(私)

 

④ 忍耐力がさらに上がった(私から見て、ダンナさん)

 

⑤ それぞれの自由さを取り戻しつつある

 

 

 

私の感覚としては

②③④があって、①につながって、⑤が育っている

それがまた、①につながっている

という感じです。

 

 

 

 

 

②③④があるのは

私自身の思考の変化が大きいんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

どういうことか、というとですね

例えば

 

お互い仕事から帰ってきて

テレビを見ながら話をしたいダンナさんと

静かに本を読みたい私

がいるときに

 

「私が本を読んでいるんだから

テレビの音を調整してくれいいじゃないか」

と、私が思っているとします。

 

一方で

「疲れて帰っているんだから

家の中ではくつろいでほしい」

という想いもあります。

 

 

そうすると以前であれば

「私が我慢すればいい」

「どうしてわかってくれないの?見ればわかるのに」

という思考が働いて

モヤモヤ

イライラ

するわけです。

 

 

 

でもこの時点で

ダンナさんは私への関心はあって

一緒に楽しく過ごしたいと思っていても

私の思いは知りません。

 

 

 

 

 

 

 

こんな時

私はスタート地点に戻ります。

 

大事なのは

「一緒に楽しく暮らすこと」

「お互いの愛を信じること」

「話し合いができる二人でいること」

 

 

 

そこに戻って

私自身がどうするのが良いか

考えて行動すると

 

 

 

一緒楽しく過ごしたいので

テレビを一緒に見る

見ながら話す

 

静かに過ごしたい

本を読みたい

という時は言葉で伝える

 

要望を聞いてもらったら

ありがとうの気持ちを伝える

 

 

 

この繰り返しです。

 

 

 

最初は1つ1つ考えて

ことばや行動にしていったけれど

徐々に自然になっています。

 

 

 

*  *  *

 

 

誰かと何を

共有・共同するときに

 

自分が譲る・我慢する・犠牲になる

 

ということが常になっていて

そこに何等かの負担感があるならば

(思っていなくても体に支障が出ているのも含めて)

 

 

 

 

まずは 

自分の気持ちや思いが大切なものだ

ということを自分で思い出して

 

 

伝える(表現する)

ということに

トライしてほしいです。

 

 

 

あなたの大切な人は

きっと、耳を傾けてくれます。

 

 

あなたが話してくれるのを

待っているかもしれません。

 

 

 

伝えて

話し合って

 

譲るのか

譲ってもらうのか

折り合いがつくところを見つけるのか

選択肢ができるといいな♡

と思います。

 

 

 

*  *  *

 

 

 

私自身が気持ちや思いを言えるようになったのは

ダンナさんが忍耐強く待ってくれて

(待ってね、も伝えましたよー。)

私が伝えたことについて

考えてくれたおかげです。

 

本当に、ありがとう♡♡♡♡♡なのです。

 

 

 

 

不安な気持ちがね

完全に無くなったわけじゃないんです。

 

でも、

それは私の思考の癖だ

ということを私は知っている。

 

話し合えるふたりだと知っている。

 

 

思考の癖がニョキッと出てくると

落ち着くのを待って

 

今ここの現実を見て

 

 

大切なことは何か

を思い出すんです。

 

ひとりでモヤモヤしていないで

ふたりで話す。

 

 

これから先も

きっとそうしていくんだろうな

と思います。

 

 

 

❁シゲマツリョウコ❁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、プロフィール写真を撮っていただきました。

今は仕上がりを楽しみに待っているところ♪

 

 

少しだけ先に送りますね~

といただいた中の一枚。

 

 

                                            photo  木寺一路

 

 

 

場所は、北九州・門司の赤煉瓦の建物にある

スタジオ  FU.photo&design

 

赤煉瓦の建物たちは

昔はビールが造られていたところ。

 

 

カフェがあって

雰囲気が好きで、以前から好きな場所なんです。

 

 

 

 

結婚して

生活が変わって

私の内面の変化も大きく

 

プロフィール写真を撮りたいな

と思っていたところ

嬉しいきっかけがありました♪

 

 

 

せっかくなので

好きな物づくしで身を包んで

メイクもしていただいて。

 

綺麗にするのって楽しい♡

 

 

緊張したけれど

ほぐれてくると

撮影自体、楽しくて♡

 

 

 

 

 

 

写真って

ごまかせないな

と思ったのは

35歳くらいの時でした。

 

 

転職しようと思っていて

仕事帰りに

履歴書用の証明写真を撮りに行ったんですよ。

 

そんなに疲れていない日に

自分なりに化粧を直して

鏡を見て

よし、大丈夫!と思っていたんです。

 

 

出来上がった証明写真には

疲れきった私の顔がありました。

 

 

 

 

もうね

ガクゥゥゥゥゥ↷↷↷↷↷

でした。

 

 

 

 

 

 

 

それ以前に

28歳前後のこと。

 

 

子どもの頃からのアトピーが再燃して

夜も熟睡できないかゆみがある毎日。

 

顔も皮膚が厚くなって

表情は出なくなり

鏡を見るのも嫌

 

気分転換に出かけて

好みの服を鏡の前で合わせても

現実の自分の姿を見て

何も似合わないような気がして

全く楽しめない頃があって

 

 

私のどん底感は

そこだったので

 

 

35歳の当時は

自分で元気だと思っていたんです。

 

 

なのに撮った証明写真を見て

変わってないな、私

と思ったのでした。

 

 

使命感をもって仕事していたし

1日13時間働く体力もありました。

 

 

でもね、楽しむことは

ごくわずか、だった。

 

楽しむ手前

休日は、疲れをとるくらいで

終わっていました。

 

楽しんでいない

なんて気づきもしないで。

 

 

 

 

 

 

今回、メイクをしていただいているので

写る私はいつもより綺麗に見えるはず。

 

それでも、私は私で。

写してもらい

今の私を客観的に見ることで

過去が思い出されて

 

 

 

 

 

 

心がね

また一段とほぐれたように感じたんです。

 

 

 

 

出会いと体験の中で

自分がどう生きていきたいのか

たとえ弱くても

内側ある想いに気づくときがある。

 

 

誰に遠慮するでもなく

その思い・想いを自分ですくいあげて

叶えていい。

 

 

 

自分を大切にして

大切な人との関係をより優しくして

生きていくことができる

 

 

 

その自分で

また湧いてくる想いがある

やりたいことがある

出来ることがある

 

 

 

 

 

楽しんで

幸せに生きよう。

 

 

 

❁シゲマツリョウコ❁

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

シゲマツリョウコです。

 

 

あなたの人生の彩りを見つけましょう。

 

 

30代・40代の女性が

今の自分に合った幸せな生き方に

気づき、想いを整え

実際に行動していけるように。

 

本来の自分の光に気づき

人生の彩りを楽しんでいただきたい。

 

そんな想いで

心理カウンセリングを行っています。

 

 

 

 

 

 

 

ふと

 

「疲れたな」

「今までのようには頑張れないな」

「このままでいいんだろうか」

「これが、いつまで続くんだろうか」

 

と思うときがあります。

 

 

 

 

 

仕事とプライベートのバランスが

とれないでいるとき

 

 

職場での負荷が強く感じるとき

 

 

家庭内で孤独を感じるとき

 

 

ひとりで寂しく感じるとき

 

 

これまで

状況を変えようと努力もしてきたけど

結果はうまくいかなかった

というとき

 

 

 

 

仕方ないんだ

そんなものなのかも

どうにもしようがないし

とパワーレスな状態で

諦めているのではないでしょうか。

 

 

 

 

そんなときは

諦めの気持ちのモトになっている

心の傷に気づいて癒し

ゆっくりと自分のペースで

心のちからを回復させたいものです。

 

このときに

『話す』ということは

自分自身との【対話】を助けてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が提供する

心理カウンセリングは

 

自分の本音に気づき

想いを整え

コツコツと行動していく

行動を積み重ねていく

 

そんなセッションです。

 

 

一度で大きな変化を期待する方には

向かないでしょう。

 

 

自分のモヤモヤしている心の

本音に気づき

何をどうしたいのか想いを整理し

行動の方向性を見つけたい方

 

自分らしい幸せを見つけたい方

 

ぜひどうぞ。

一緒にお話ししましょう。

 

 

 

 

【メニュー】
心理カウンセリング 60分 6,600円
 
【場所】
福岡市 博多駅・天神近く
詳細はメールでご案内の際にお知らせします
 
【ご予約ついて】
土日祝日の10~17時でお受けしています。
お申込みボタンをクリックしていただくと
お申込みフォームが開きます。
 

​お申込はこちらをクリック​

 

 

 

 

間違う

失敗する

なんて、とんでもないこと。

 

 

だから

完璧であるように

努力する

最大限準備する

細心の注意を払う。

 

 

どんなに努力しても

できるのは今のベストだって

わかってる

 

だからこそ、精一杯努力する。

 

 

 

なのに

なんで

完璧にできないんだろう。

 

 

 

なんで、あそこで間違うの

なんで、失敗するの

なんで、わたしはいつもダメなんだろう。

 

 

 

 

 

失敗は誰にでもある

って励ましてくれるけど

 

「次は気をつけてね」

って、やっぱり、ダメってことよね。

 

 

 

だって、あの時は

疲れていて…

それだって、仕事が立て込んでいたから…

 

 

だって、あの時は

隣で茶々が入って…

 

 

 

私だけが、悪いんじゃない。

 

 

 

だけど、やっぱり

私がダメなんだよね。

 

言い訳してちゃ、ダメだよね。

 

 

もっと、頑張らくなくちゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと、そう思ってきたのに。

だからこそ、頑張ってきたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

なのに

何でだろう、彼女は。

 

 

失敗しても

ごめんなさい!!

って誤って

 

すぐに行動を切り替えられる。

 

 

やっちゃったー!!

って、笑って

リカバリーできたら

それでいいの?

 

 

あまりにも、さわやかだ。

 

 

 

 

給湯室で一緒になったから

失敗したこと、気にならないの?

って思い切って聞いてみた。

 

 

 

「気にするよ

  やっちゃったなーって。

  迷惑かけちゃったなーって。

    

  でも、そこ考えてても

  解決しないし

  じゃあ、どうしたらいいか

  できることやって

  わからないことは相談して

  相手にとっても結果良い

  になるようにベストを尽くすしかないから」

 

やっぱり、さわやかに言われちゃった。

 

 

 

                                            phot: ぱくたそ

 

 

 

 

わたしもそんな風に思えるようになるのかな。

そう思えたら、何か変わるだろうか。

 

 

 

 

 

❁シゲマツリョウコ❁

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんとしよう

 

そう思っていることも

意識しないほどに

 

ちゃんとする、が

当たり前だった。

 

 

 

 

ちゃんとしていない

と思う相手には

罰する態度をとっていた

イライラしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんとできる

力量を超えて

タスクがどんどんとやってきて

 

 

ちゃんとできない

なんならダメダメな

わたしが露呈する

 

 

うまくいかなくて

失敗ばかりで

オロオロする

緊張する

不安いっぱい。

 

 

 

 

 

そんな時

それでも居場所がある

 

                                                      

 

考える時間を待ってもらえる

考え直すのを待ってもらえる

目を瞑ってもらえる

助けてもらえる

成長するのを待ってもらえる

 

 

 

 

そんな経験を重ねられたのは

大人になってから

 

 

自覚があるから

記憶しているだけ

なのかもしれないけれど

 

 

 

 

 

 

 

それでいい

のだと知る。

 

 

 

そこから生き方を学ぶ

それが要るんだって 知る。

 

 

 

 

 

❁シゲマツリョウコ❁