子どもたちがより良い環境で楽しくレッスンができますように…保護者の皆さまへお願いです☆ | DanceStudio STUDIO・Breathing
新型コロナウイルスに関する情報について

DanceStudio STUDIO・Breathing

要町と所沢にある、小さなダンススタジオです 

 
STUDIO・Breathingは2011年にレンタルスタジオから活動をスタートしました✨
(要町スタジオ2013年10月、所沢スタジオ2015年9月設立)
 
子どもたちにより良いレッスンを提供していくこと
親御さん方にとっても安心なスタジオにしていくこと
日々精進して参りたいと思っております。
 
子どもたちのサポーターである親御さん方にお願いと提案がございます🐸
これらは強制でも指示でもありません。提案とお願いですので、
お子さんの気持ち・考えをまず聞き…周りの人はどうしているのかなど他人と比べずに…
各自で話し考え選択していただいて大丈夫です。
また、ご意見やご質問はありがたく聞かせていただきますので何かありましたらお話しください。
 
 
≪レッスン時においての親御さん方の見学について≫
①分離の提案
レッスン中、親が見ていない方が集中できる場合や
見てない方が頑張れる場合も多々あります。
必要以上の甘えが成長を妨げるケースも見られますので
スタジオ外で待機し終わる頃にお迎え等を提案いたします。
折りを見て、様子を見学したり、許可を得てビデオ撮影もしてあげてください。
※これは強制ではありません。
子どもの気持ちを聞いてそれを尊重してあげてください。
一度だけでは無く、季節ごとに折をみて子どもと話し合うことをおすすめします。
(子どもの感情は刻々と変化しますので、様子によっては私から提案する場合もあります)
 
②見学の提案
親御さんが見ていないと頑張れないタイプもあるので、
その場合は是非スタジオ内や控え室にて見学してあげてください。
※リトル・ビギナーのみスタジオ内での見学と一緒に動くことができます。
(生徒さんひとりに対して親御さん一名まで)
 ※要町スタジオの控え室は狭いため、こちらもレッスンの同伴と同じように
控え室での見学も生徒さんひとりに対して親御さんは一名まで
とさせてください。
 
見学の際には下記の注意点がございます。
【見学の際のマナーのお願い】
動画の撮影は講師の許可を得てから撮影ください
1)レッスン中はとにかく温かく見守るのみでお願いいたします。
上手くできていなくても何とか頑張る我が子を褒めて認めてあげて応援してあげていてください。
 
2)他の子と比べてしまったり、自分の子が上手く出来ない様子や注意を受ける回数にイライラしてしまう親御さんは…見学をおすすめしません。⇒親ではなく、踊るのは・頑張っているのは子ども自身なのですから。冷静に見守れないなら見学は思い切ってやめましょう。お互いのためでもあります。
 
3)親御さんはレッスン中にダメだしや、声がけ、コーチングはしないでください
⇒子供は先生のいう事に集中したいのに迷い集中できなくなります。
レッスンの指導は私に一任していただきますようお願いいたします。
 
4)見学の際の親御さん同士のおしゃべりは控えてください。携帯の着信やラインなどのお知らせ音もマナーモードにしてお入りください。⇒子どもの頑張っている集中力がそがれます。
 
5)子どもの希望でスタジオ内見学の場合は、レッスン中は子どもの見守りに集中してください。親御さん同士の私語やスマホ画面ばかり見ていては子どもはがっかりします。⇒自分を見てくれていない親が気になり、レッスンに集中できなくなります。
 
6)見学には下のお子さん連れも勿論OKですが・・・
下のお子さんがぐずりだしたり、遊び始めたりした場合は速やかにスタジオの外に一度出ていただきたくお願いいたします⇒子どもの集中時間は短いです。そちらが気になりレッスンへの気持ちがそがれてしまいます。
 
 
 
≪レッスンのビデオ撮影について≫
※基本は講師の許可を得てから撮影ください
ビデオ撮影を毎回毎回撮る必要があるのか?2週ごとや月一回でも良いのでは?
各自にタイミングはおまかせしますが、振付はレッスン時間内で覚える努力をしてほしいので、振り付けを覚えるためばかりではなく、あくまで自分の動きのチェックのために撮影は第一に考えてしてほしいと願います。
もし、前回の振りを忘れてしまったら・・・スタジオに来て忘れたそこを意識練習すれば良いので、
テストやオーディションではないので毎回完璧な状態でレッスンに来なくても良いと思います。
お稽古なのですから・・・。できなくても大丈夫。先生と練習しましょう。
やばい!と思った瞬間から自分で練習しようという大事な意識が芽生える気がしますが・・・どうでしょうか?
 
一番困るのが、休んだから振付の動画を送ってほしい・・・とお願いされるケースや
許可なく基礎レッスンからの流れの練習風景を動画を撮られているケース
親同士でフォローしあって休んだ方々にレッスン動画を送ってしまうケースです。
これでは自分自身でのリベンジの力が付きません。
必要以上のフォロー・過保護は子ども達の成長を妨げますことにお気づきいただきたいと思います。
休んだ分、仕方ないのだから白紙の所から来た時にできる限りでがんばれるようになってほしいです。
(休んだのは仕方がない事ですし、決して悪ではありません。完璧主義すぎでは何事も長続きしません。)
 
しかし、覚えてない事が不安を呼び、レッスンに行きたくないとなっても残念すぎますので・・・
撮影の頻度については、子どもの心を優先で各自に判断はお任せします。
動画撮影は最後に今日の通しを必ず何回か行いますのでその時にお声かけしますので
各自で判断して撮影ください。
動画が無くても大丈夫な方は…成長を見る、知るために月1回などに減らしてみることをおすすめします。
私も時折撮影して動きチェックをし、必要な時にはグループラインなどでクラス毎に流しますのでご安心ください。
 
※覚えられないことが不安だったり、休んでついていけない不安を持つタイプもあるのは仕方のない事です。悪くないです。
私からもそんなことは大丈夫だと、ダメな事ではないと子供たちが安心できるようフォローするよう心がけますので何かあればレッスン前にご相談ください。
まず私自身が不安にさせないような環境つくりと態度に気をつけることに努めることが第一だと感じますので、普段から心がけていきたいと思います!
 
 
≪子どもたちの一番のサポーターである親御さんへ≫
STUDIO・Breathingは私一人で運営しているため、何かと手際が悪かったりするので、
もどかしく感じるかと思います。その点は本当に申し訳ありません。
以前はボランティアお手伝いをお願いしたりしてしまいましたが…
皆さんには極力煩わしいことが無いように、出来る限り全て私が自分でいたしますのでご安心ください。
親御さん方はご自分のお子さんのフォローをまず最優先にしてください。
 
万が一、どうしても手が回らない場合は何かお願いすることもあるかと思います・・・。
出来ない場合は私からどう思われるかとか周りの目を気にせず、
無理しないで、キッパリ断ってください。
お断りされたって悪くなんて決して思いませんので、大丈夫です。
 
 
 
【最後に…あいさつは親御さんがお見本でいてほしい】
習い事の場では親御さん同士は無理に親密になる必要など無いと思います。
スタジオで会ったらちょっとした会話すれば良いし、お話しが苦手な方は無理しないであいさつだけで充分です☆
習っているのは子どもなので、親ではない(笑)
保護者同士の人間関係が煩わしくならないよう、何事にもあっさりドライで良いと思います。
 
多くの人が集まれば・・・老若男女問わす、好き嫌いや苦手などいろんな感情が生まれるでしょう。
そんなの当たり前です。誰もどちらも悪くなんてありません。
そういう感情が出たとしても自分を責めたりなさいませんようお願いいたします。
ただし・・。苦手な人や嫌いな人に対しても、習い事の場のスタジオでは大人の対応で…お願いします。
挨拶だけはお互い笑顔でしてくださいね。
そういう空気、子どもはちゃんと見ていますよ。
私も勿論ですが、子どもたちのためにも…大人たち、私たちが子どもたちの見本にならなければなりません。
保護者の皆さま、よろしくお願いしますね🐸
 
長々となりました。
今後ともSTUDIO・Breathingをよろしくお願いいたします。
代表 山本みき