こんばんは

 

千葉県佐倉市ブレス上空はくもり模様

 

寒いですガーン

 

さて、白髪の事の続きです

 

白髪の原因

1 遺伝、加齢

2 ストレス、病気、ホルモンバランスの乱れ

3 栄養不足

4 間違ったヘアケア

5 生活習慣

 

前回はホルモンバランスの乱れでした

 

今回は

 

栄養不足です

 

これを採らないと白髪になりやすい

①チロシン不足

メラニンはチロシンから作られます
言い換えるとチロシンがないと黒髪となるメラニン色素は生成されません
チロシンはアミノ酸の一種で食事などから取得できます

チロシンを多く含む食品の代表はチーズと大豆です

 

②フェニルアラニン不足

フェニルアラニンは体内で作ることができない必須アミノ酸の一種で
主に肉、牛乳、チーズなどに多く含まれています
メラニンの元となるチロシンを合成し、白髪を防ぎます

 

③ビタミンB12と葉酸不足

ビタミンB12はメラノサイトの機能を活性化し

メラニン色素を増加させる栄養素です 

また、葉酸もビタミンB郡の栄養素(ビタミンB9と呼ばれる)で

ビタミンB12とともに血液を作ります

血液はチロシンを運用する重要な働きがあるため

これらが不足すると白髪になりやすくなります 

ビタミンB12と葉酸の摂取量を増加させた結果

髪へ再色素沈着を促すことが研究により発見されています

※スウェーデンで行われた研究では 

ビタミンB12のサプリメントを摂取した患者の64%が

自分の元の髪の色を取り戻したことを明らかにしたほどです

 

④銅不足

銅はチロシンからメラニンを作る速度を飛躍的に加速させる必須ミネラルです

言い換えると、銅はメラノサイトの活動を活性化させる働きがあります

銅は多く含む食品は、お肉のレバーやイカ、いくら、すじこなどです

 

⑤パントテン酸カルシウム不足

パントテン酸カルシウムはビタミンB郡の一種です
医学的には証明されていないものの

ヨーロッパ、アメリカでは白髪予防の有効成分として知られています

 

余談ですが

ブレスのお客様でS様

白髪が髪全体の80%で60台の男性

毎日、黒ごまを食べて、ビックリするほど

白髪が少なくなりました

私も「S様・・・染めました?」って聞くほどで

しかし、S様は黒ごまは苦手な食べ物で

黒ごまをやめたら・・・元に戻りました(汗)

継続は力なりですね

 

そういえば

先週、白髪ぼかしのモデルになりました

簡単に言えば、白髪染めです

 

ビフォー

 

アフター

ぼかしなので、しっかり染めないタイプです

 

前にも、述べましたが

 

ヘアカラーは白髪を増やす要素がありますので

 

ヘアカラー後のケアが必要です

 

次回は

 

「間違ったヘアケア」についてお話します