5月の紫外線

こんにちは

 

千葉県佐倉市ブレス上空は晴れのちくもり

 

のんびりな、土曜日の昼下がり〜

 

O様「日焼け止めの+マークとかってあるけど+が多いほうが良いの?」

 

マスター

日焼け止めに

SPF

PA+++などの数値がありますね

まず

SPFはUV-Bの防止効果を表す数値

 

SPF30・・・の場合は、その日焼け止めを塗ると、皮膚に炎症が現れるまで

日焼け止めを塗らない場合と比べて30倍の時間がかかるという事になります

 

SPF50・・・だと50倍の時間がかかるという事になります

 

(例)25分で赤くなる普通肌の人がSPF30とSPF50の日焼け止めを使う場合

◯25分×SPF30=750分=12.5時間

◯25分×SPF50=1250分=20.8時間

 

次に

PA++UV-Aの防止効果を表す数値です

 

PA+からPA + + + +まで4段階あり

+が多いほうがより肌の色素沈着が行われるまでに時間がかかるということになります

 

海や山などのアウトドアの時や、紫外線を朝から晩まで浴びてしまいそうな時は

SPFは50、PA値は++++を選んだ方が良いと思います。

また、高いSPF、PAのものを使ったからといって、一日中安心ではありません。

2~3時間おきを目安に何度も塗り直すこと、肌にムラなく塗ることが大切です

 

通常の生活ではSPFもPAも低いもので大丈夫です

 

O様「ブレスオススメの日焼け止めあります?」

 

マスター「これです↓」

O様「じゃ〜・・・それ買っていきます」

 

マスター「ありがとうございま〜す」

 

あっ・・・ちなみに月別紫外線量は