パン教室に通えない人専用!これから本気でおうちパン作りを極めるための60日間で人にあげれるふくらむパンが美味しく焼ける10のコツ

パン教室に通えない人専用!これから本気でおうちパン作りを極めるための60日間で人にあげれるふくらむパンが美味しく焼ける10のコツ

初心者が手ごねパンを
自宅で作るにあたって、

捏ね・発酵・焼きの
基本的な『コツ』を
元パン職人が公開中!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ブログへお越しいただき、ありがとうございます!

『パン教室へ通えない人専用!パン作りブログ』
管理人の、元パン職人(約2年)ぶれっどまんです(^^)

まずは元パン職人による
【ややスピード感高め】の
パン作りを、今すぐこちらの動画で
体験してみてください♪



■ ブログ内でよく読まれている記事トップ3
『パンが膨らまない、そんな時は…』
⇒ http://ameblo.jp/breadperson/entry-11986393945.html

『一次発酵における発酵時間のウソ』
⇒ http://ameblo.jp/breadperson/entry-11981555585.html

『発酵の完璧なタイミング』
⇒ http://ameblo.jp/breadperson/entry-11519200273.html


■ 動画「パン作り完全シミュレーション~基礎編~」
⇒ https://youtu.be/vsm2w6YjicE

実際にどうやって、一回一回の
パン作りを進めているのか。

頭の中でどのようにパン作りを進めているのか。

ストレスなくパン作りと向き合うために
必要な全体の流れや、重要なポイントを解説。

(上記の動画は約12分で見れます)



■ 動画「4つのチェックポイントとは?」
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=FwMtB6nJMlk

多くの人が誤解しがちなタイミングや
見極めについて、各工程のポイントを解説。

(上記の動画は約18分で見れます)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Amebaでブログを始めよう!

こんにちは。ブレッドマンです。

 

 

今日の内容は、

日常的にパンを作る上で

とても重要なお話です。

 

「自分でパンのレシピを作るためのヒント」

というテーマで、話していきます。

 

手作りパンにおけるレシピの作り方。

 

そのために大事なポイントは、

『パンに使用する材料について

 最低限の知識と理解を持つ』

ことです。

 

材料の特性への理解を

少しずつ深めていければ、

 

「今日は何のパンを焼こうかな~♪」

 

毎日ワクワクしながら、

余計なストレスをかぎりなく

減らしながら、パン作りに

取り組むことが可能になってきます。

 

自分への特別なご褒美としても

パンを作りたくなることでしょう。

 

逆に材料の特性を

全然わかっていなければ。

 

書店に数多く並ぶパンの本を読み漁ったり、

終わりのないネット検索にはまったり、

パン教室に何度も通うことになったり。

 

時間の経過と共に、貴重な人生の時間や

お金を失ったことに自分で気づき、

頭を抱えて後悔してしまうことも

少なからず、出てくると思います。

 

ご存知のとおり、基本的に

パンの本は専門書に分類されます。

 

分厚くしっかりと装丁されたものであれば

だいたい2000円~3000円の

値段はするものが比較的多いです。

 

もちろん内容は充実しています。

 

手に取って、パラパラと眺めるだけで

写真集を眺めているような気分になれます。

 

すべてが無駄とは言いません。

 

ただ、本を読んで実際に

パンをつくらなければ、非常に勿体ないです。

 

その本を買った分だけの

お金はかかっていますし、買わずに立ち読みでも、

読んだだけの時間は費やしています。

 

インターネットもそうです。

 

総務省の

「平成29年情報通信メディアの利用時間と

情報行動に関する調査報告書」では、

 

インターネット利用は、13歳~69歳の平均で

平日・休日ともに100分を超えています。

 

ネット利用にはメールやSNSなども

含まれるかと思いますが、少なからず

時間を費やしています。

 

(もちろん私もその一人です)

 

パン教室は先生の当たりはずれが

少なからず、あるかと思います。

 

私自身、パン教室へ通ったことはありません。

 

ただ、知り合いの教室に一度

体験で行ったことや、友人がパン教室に

通っていたので、パン教室にまったく

理解がないわけではありません。

 

某大手のパン教室になってくると、

6ヶ月の基礎クラスで

だいたい3万円のお金がかかります。

 

(しかもたった6回ほど!!)

 

別途、入会金が発生する場合もあり

なにより自宅とパン教室までの移動時間も

発生するので、貴重なプライベートの

時間にも影響してきます。

 

長々とここまでお話してきて

「結局なにが言いたいんですか?」

 

と言われたらそれまでなんですが(苦笑)

 

日常的にパンをつくって焼きながら、

材料の特性を知り、理解を深めることで、

 

『1回のパン作りにおける

 あなたの上達スピードが、

 少なくとも2倍以上になる』

 

ということを知ってほしいのです。

 

本を読んだりネットで検索したり

パン教室に通うのも否定はしません。

 

が、材料の特性を知らずに

これらの情報や知識に触れるのは、

費用対効果が高くないと思います。

 

だからこそ、一つの目標として

『自分でパンのレシピを

 つくれるようになること』

が大切になってきます。

 

パンのレシピを自分でつくったり、

日々考えたりできる自分になる。

 

その視点がなければ、

なかなか目に見える上達には

時間がかかってしまいます。

 

結果、パン作りをあきらめてしまう。

 

そんなことになって欲しくないので、

今から具体的に、私が日々の

手作りパン生活で実践している、

 

『日々、パン作りを楽しみながら

 上達を目に見える形で実感する方法』

 

をお伝えします。

 

たった3つのステップです。

 

■ステップ1:

とにかくパン作りについて相談できる人を見つける

 

近所のに住んでいる、または

連絡がとれる友人知人で

パンをつくっている人を見つけてください。

 

私の個人的なおすすめは、

夫婦二人だけでとか、少人数で

お店を切り盛りしている、

多少の会話ができるパン屋さんです。

 

■ステップ2:

自分で最低一回はパンをつくってから、

その人と次に会えるタイミングで、疑問点を聞いてみる

 

「こういうパンを、こんなパン(フワフワなど)に

 焼きたくてこういう風につくってみたんだけど、

 

 ここがうまくいかなくて、だから

 自分はこうすればいいと思ってて、

 これについてどう思う?」

 

具体的に質問できるとベストです。

 

■ステップ3:

質問の回答を頭に入れた状態で、

もう一度パンをつくってみる

 

疑問点が出てきたらメモしておき、

後日、タイミングの合う時に

相談できる人に相談してみるといいです。

 

・・

 

・・・・

 

以上、

 

『日々、パン作りを楽しみながら

 上達を目に見える形で実感する方法』

 

でした。

 

まずは、パンが好きな人、

パンを焼いている人と知り合いになる

『きっかけ』をつくってみることです。

 

近所のパン教室があれば、

一度体験に行ってみると

新しいパンが好きな人との

出会いがあるかもしれません。

 

もし現在、行きつけの

パン屋さんがあるのであれば、

レジでお会計の際などに

 

「わたしこのお店のパンが好きで、

 最近パン作り始めました♪」

 

一声かけるだけで大変喜ばれます。

 

もちろん、すでに友人知人、

近所にそういう方がいれば最高です。

 

「最近パンつくりにハマってて・・」

 

そんな感じで連絡をとってみる、

できれば会う機会を先に決めて

スケジューリングすると良いと思います。

 

パンが好きな人、パンを焼いている人

つくっている人と繋がること。

 

そのきっかけとなる、

小さな一歩を、少しずつでいいので

踏み出してみてください。

 

 

ブレッドマン(ぶれっどまん)