www.flickr.com
BREAD&CIRCUS' items Go to BREAD&CIRCUS' photostream
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-01-31 06:15:18

明るい夜

テーマ:コラム


夜道の足元や辺りがすっきりと明るい。
夜なのにウキウキ気分になるくらいに。
光源は? と見上げる夜空にあった満月。
よい明日につながりそうな夜空模様。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-01-29 19:50:54

ああ、フリオ

テーマ:コラム

本日の賄いは牡蛎のチャウダーでした。おいしかったです。



ブレッド&サーカス・ブログAbsolutely Delicious!-牡蛎チャウダー



いま店内でかかっているCDは「エンリケ・イグレシアス」です。

たいへんに評判がよく、わたしもうれしく思っています。


歌手名を聞かれて、エンリケ・イグレシアスです、とこたえると、

”イグレシアス”の部分でレディたちはぴくっと反応されて、質問されます。

「イグレシアス?」

わたしはこたえます。

「ええ、はい、イグレシアス」

なにやらお考えの奥様に、わたしはおしえます。

「フリオ・イグレシアスさんの息子さんです」

するとかならずこうお返事されます。


「ああ、フリオね」


正直申しまして、はじめはびっくりしました。

雲の上どころか、もう住む世界が違う方、というわたしのフリオ・イグレシアス氏への認識と

大きなズレを感じたからです。

「フリオ」とさんも様もつかない名前呼びに仰天したのです。

ところがどの奥様も「ああ、フリオね」と近所の方のお話しでもあるかのように、

「フリオ」と呼ぶのです。


あらためてフリオ・イグレシアス氏ってすごい方なのだと思いました。

あんなに殿上人のようでありながら、ファン(というかそうでない奥様にも)親近感を持たせる、

それはなかなかむずかしいことではないでしょうか。


店内でかけているCDのジャケットを、お客様が見えるように置いてありますが、

そこには紅顔の美少年が憂いを見せてたたずんでいるエンリケ・イグレシアスのジャケット写真があります。

よろしければみなさまもぜひごらんください。


ブレッド&サーカスでした。

エンリケ・イグレシアス、おすすめですよ~。



ブレッド&サーカス・ブログAbsolutely Delicious!-エンリケイグレシアス

*エンリケイグレシアス「AWAY」CDカバー ↑
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-01-27 13:05:33

ブラックライといちご

テーマ:コラム



いまだけのたのしみ。
いちごのヨーグルトのせ。
ブラックライにばっちりなんですよ。

はい、食べすぎ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-27 11:06:08

Michael

テーマ:コラム
MICHAL JACKSON'S
THIS IS IT


ブレッド&サーカス・ブログAbsolutely Delicious!-thisisit


これでいつでもいつまでもMichaelに会える。
段取りよく仕込みの準備仕事を終えて帰宅して、
部屋でゆっくり鑑賞したい。


Michaelの第二章がはじまるのだと思う。

納得している。
でも、やっぱり、彼の不在はひどくせつない。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-01-24 15:03:14

白いシャツを着てをり

テーマ:コラム

ブレッド&サーカス・ブログAbsolutely Delicious!-バイキング


芽キャベツをみつけると買わずにいられません。

もうすっかり姿を消してしまいましたね・・・・さみしい。

立春になろうとしているのですから、当然ですね。


春になると「白いシャツ」を連想します。

コットンのパリっとしたスタンドカラーの白シャツ。

まぶしいです。


先日、ある取材で「若い頃の写真、ないですか?」と言われました。

写真に写るのがにがてだったので、ごくわずかしか若いわたしの写真はないのです。

写真を撮ることもにがてで、さまざまな瞬間は自分の中に刻めばいいと思っていました。

今思うと、たいへんに残念です。

どのような瞬間も写しておけばよかった。

今のようにデジタルカメラもなかったですし、しかたがないことですが。


自宅で写真をさがしてみると、モノクロームのずっとむかしの写真がでてきました。

写真の裏に

「白いシャツを着てをり」

と走り書きがありました。

なにしろ白黒写真ですから、ちょっと説明書きをしたのでしょう。

春先の白いシャツがうれしかったのだと思います。

「をり」という表現に、若さというか青さというか、そんなものを感じました。

表情もとんがっています。

わたしはいつのまにか炎のような向上心を手放して自分を知ったようです。

成長しているのですね。


「白いシャツを着てをり」

遠離る若い日。

やっぱりわたしは、今がいちばん好き。



ブレッド&サーカスでした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。