【8/22のオリックス】解せぬ5回の乱調 | 勇者の魂は西北に眠る

勇者の魂は西北に眠る

今はなき阪急ブレーブスと西宮球場を懐かしみつつ、後継球団オリックスバファローズを応援するブログ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「松永浩美の野球塾」 最新動画Up!

チャンネル登録はこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8月22日(木)
 対ホークス20回戦(ヤフオク)

H 5-1 B

 負) 張奕 2勝1敗
※現在帰省中のため、しばらく遅稿またはまとめ短信となりますm(__)m。
 
 1点では勝てないが、何の変化か?
 
 攻撃陣、ホークス先発和田の立ち上がりを攻めきれず。先頭福田の右中間スリーベースと西浦ストレートのフォアボールで無死1・3塁の先制のチャンスで吉田正、外角低めのスライダーに泳いで併殺打。1点先制したものの流れをむしろ手放す1点。2回表は2死から宗ヒットと安達のフォアボールで1・2塁とするも若月が甘い真ん中ストレートを空振り三振。これで和田を調子に乗せてしまう。3回以降は狙い球の裏をかかれるような攻撃が続き、ランナーを塁に出すこともできず。やっとチャンスがつかめたのが3点ビハインドの8回表、宗と代打宮﨑のヒットで1死1・2塁と3番手モイネロを攻め立てる。しかし福田がセンターフライ、西浦に代打鈴木昂をだす脱攻撃的采配で見逃し三振。
 
 先発は2連勝中の張奕。序盤は攻撃的な投球でピンチを迎えても動じず。5回も2死まで順調に進んだが、福田と柳田に変化球が入らず連続ストレートフォアボール。内川聖にストライクを取りに行ったストレートが真ん中に入り左中間に逆転のタイムリーツーベース。さらにはグラシアルにインコースフォークが落ちず3塁戦を破られ計3失点で降板。4回2/3を83球4安打4四球2奪三振。突然の乱れは5回完了が見えたからか?
 山田~吉田一~とリレーし、7回裏2点差で登板したのは昨日に続き神戸であるが、柳田にレフトへしばかれて痛恨の被弾。神戸は8回も続投し、この回も1失点で4点差での敗戦・・・。
 
 先発が張奕であることを考えると大きな期待をすることはできない。そのためにも1~2回での複数点リードが取れなかったのが響いた。和田の老獪さに捻られたというところか?また5回の張奕の連続フォアボールがどうも解せない。ストレートの球威が衰えたという若月の判断で変化球主体に切り替えたのかもしれないが、それが裏目に出た格好。一番自信のあるボールで投げ切らせるべきであった。そして、7回の神戸の登板、この場面は今日折角昇格した澤田のお試し登板にはうってつけではなかったか?2点差のままなら終盤の反撃も期待できたが、最悪の場の盛り上げをしてしまったので反撃もついえた。
 
 とにかく連勝は5でストップであるが、2連戦1勝1敗は御の字。次のファイターズ戦でまずは最下位脱出を。
 
 よろしければクリックお願いしますm(__)m。

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ