【6/14のオリックス】運の無さを利用する! | 勇者の魂は西北に眠る

勇者の魂は西北に眠る

今はなき阪急ブレーブスと西宮球場を懐かしみつつ、後継球団オリックスバファローズを応援するブログ

6月14日(金)
 対タイガース1回戦(京セラ)

  B 6-4 T 

 勝) エップラー 1勝2敗

 S) 増井 1勝1敗18S

 本) ロメロ8号2ラン
   
 終盤見事な集中打で、元同僚を下す!
 
 先発成瀬、丁寧な投球で6回までを投げぬいた。先制点をもらった直後の2回表、原口に初ヒットのレフト前ヒットを許すと、続く梅野がレフト線へのフライ。これをレフト吉田正が追い付きながらグラブに収められずに、原口が本塁に激走。リクエストでセーフとなりタイムリーツーベースとなってしまうと同時に梅野も3塁に進む。前進守備ながらマルテがチェンジアップに緩いサードゴロで2失点で同点とされる。吉田正のまずい守備、そしてマルテの当たりをショートが取っていれば失点にはならなかったのではないか?勝ちにつながらない成瀬には残酷な失点となる。その後も好投を続けて6回を79球3安打1死球3奪三振。チェンジアップのブレーキの利きが素晴らしかった実質自責点0の好投であった。
 攻撃陣は昨日の勢いそのままに先制する。タイガース先発は、昨シーズンまで同僚だった西。初回2死から吉田正が追い込まれながらレフトへヒットを放つと、昨日のヒーローロメロがストレートを捕らえてバックスクリーンに運ぶ。ただこの後は西に完璧なピッチングで塁に出るのもままらななくなる。2回から7回まで1安打とエラー1つによる出塁のみで勝ち越す気配なし。
 
 その間にタイガース打線にリリーフが捕まる。7回表、成瀬の後を受けて2番手に比嘉が上がる。しかし連投のためか球が走らず先頭原口のヒットなどで1死2塁とされると、マルテにレフト前に運ばれる。吉田正のバックホーム送球がランナーに当たって逸れ勝ち越しを許す。さらに3番手海田にスイッチするも高山にレフト前にはじき返されもう1点失う。西の出来とリリーフが控えていることを考えると、追いつくのも難しい状況に。
 8回表、左が続くということで海田が続投。しかし糸原にヒット、糸井にデッドボールを与えて降板。後を受けたのはエップラー。チェンジアップで大山を併殺打に取り、続く代打鳥谷もやや大きめながらセンターフライに抑え追加点を許さず。
 すると、8回裏、西のコントロールが乱れ始める。先頭小田が三遊間を抜いて出塁。続く代打後藤がファースト左を抜くヒットで無死1・3塁。福田が初球をショート左をぬいて1点差に。ここで次のバッターは佐野・・・ではなくピンチのバンター鈴木昂が登場。当然場面的に厳しいシフトながらもピッチャー右に転がす。西h3塁に投げようとするも諦めてバント成功。大きな仕事を決めて1死2・3塁。タイガースはここで藤川と投入。吉田正はやはりというフォアボールで満塁。ロメロとの勝負となる。ロメロはフォークボールを意識して踏み込めないバッティングで最後は空振り三振で2アウト。続くは途中出場の西野。ここで藤川のフォークがワイルドピッチとなり、後藤がヘッドスライディングで生還。さらに西野、追い込まれながらも高く入ったフォークを振りぬき、ライト糸井の頭を抜く悠々の2点タイムリースリーベース。昨日に続いての逆転勝ちを収めた。
 
 勝因は、100球超えると急に球が怪しくなる西が続投し、下位打線がつなぐことができたこと。西はバファローズ時代も接戦で投げ続けた結果捕まったり、ランナーを残すとリリーフが打たれるなど不運な面が多かったが、タイガースでもその不運さは継続しているようである。投球内容とチームの打線がかみ合わないところは相変わらずといったところか?勢いそのままにこの週末を突き進め、オリックス・バファローズ!
 
 
 よろしければクリックお願いしますm(__)m

 

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ