2019シーズンが開幕し、3試合を終えました。

大方の予想に反して、京都は2勝1分の良いスタートを切りました。

成績だけでなく、内容としても見どころの多いものになっていて、見ていて楽しいですね。過去2年の苦しさがあっただけになおさらそう感じます。

今回の記事では、今季の京都がやっていることを見ていければと思います。

 

 

ボール保持とリスク管理を徹底した攻撃

 

キャンプでは4バックと5バックの両方を試しているという報道がされていましたが、開幕から2試合は4バック、第3節は5バックで戦いました。

布陣にかかわらず、ボール保持を大事にして、後方から丁寧に繋いでいき、相手を外しながら前線に運んでいきます。

 

このときポイントになるのが選手の位置どりです。

前線では両サイドハーフ(ここ3試合では小屋松と中野)が基本的にサイドいっぱいに開き、相手DF陣を広げます。

後方では相手前線のプレスの掛け方に応じて、中盤やGKも含めて数的優位を作っていきます。

例えば4バック採用時に相手ツートップが積極的にプレスに来る場合、庄司がDFラインまで下がって外しにいきます。新潟戦がこの形でしたね。これも闇雲にやっている印象はなく、鹿児島戦のように相手が一人しか来ない場合や、積極的に出てこない場合には庄司が下がる必要はないので、DFラインだけで運んでいきます。

5バック時で臨んだ福岡戦では、右CBに入っていた安藤が中盤の底に移動してボールを引き出す動きも見せていましたし、相手に合わせて多彩かつ臨機応変な動きが仕込まれていることが伺えます。

安藤のポジションチェンジは守備時にスペースを空けるリスクを抱えていたのと、福岡が1トップの石津に加えてトップ下に入っていた田邉もCBへのプレスに出てきていましたので、前半途中で止めて3バックでボールを動かしましたが。

 

また、ボールを保持して相手を押し込んでいく中で、奪われた後のカウンターに対する予防線が張られていることも重要です。

ボールを保持している時にはボールと逆サイド側のサイドバックが中盤中央に入っていき、ボール回しを円滑化する助けをするとともに、相手のカウンターに対して危険な中央のエリアで対応できるようになっています。

最近よく見られる「偽サイドバック」の派生形と言えるでしょうか。

右サイドバックに左利きの黒木が入る試合があったのも、ボール保持を大事にする現れですね。

前線でサイドハーフが幅を取っていますので、ポジションが重なりにくく、パスコースを多く作ることができています。

 

最前線では1トップの宮吉が裏への飛び出しを見せて相手DFを牽制しながら、タイミングに応じて引いてパスを引き出します。

その動きに合わせてインサイドハーフをはじめ後方の選手が前線に飛び出していき、宮吉から横パスや裏へのスルーパスを受けて相手の裏を取りに行く形が崩しのメインですね。

カウンターでの得点でしたが、鹿児島戦の重廣、福岡戦の黒木と早速この形で点を奪えているのは良いですね。

宮吉はもともと裏への飛び出しに優れる選手だけに、相手としても警戒せざるを得ませんし、相手のプレスが弱ければDFラインからでも裏へ直接パスを出すことも織り交ぜているので、守る側はやりづらいでしょう。トラップやパスも上手いですからね。

帰ってきて必要以上に期待を集めてしまう選手ですし、今季は主将を務めるということで正直負担掛け過ぎなんじゃないのかなと心配だったのですが、やはり宮吉の活躍を見ることができているのは嬉しい限りです。

リターンパスを受けてのゴールも期待できる攻撃の形ができつつありますし、彼自身のゴールももっと見たいですね。

 

中央が締められれば両サイドの中野や小屋松が空いてきますし、そこからの突破を使いつつ、中央とのコンビネーションでエリア内を攻略しようという姿勢も見えます。

反面、サイドからクロスを上げる形はほとんどなく、リーグの中でサイドからのクロスが最も少ないようですね。

タイミングによっては、相手の裏に入れるような速いクロスを狙っても良さそうに思うシーンも見られますが、現段階ではボール保持を優先しているところがあります。

守備のやり方とも関係しますが、ボールを保持することで相手の攻撃回数を減らそうとしている感じもするので、この辺の状況に応じた判断はこれからの磨きどころでしょうか。

 

昨季も開幕当初はボール保持を大事にするというコンセプトが掲げられてはいました。

しかし、テクニカルな選手を並べるだけで具体的な方法論は仕込まれておらず、単発の動きに終始して結局は苦し紛れに蹴り出すシーンを見続けていました・・・。

なので、驚くばかりというか、指導体制でここまで変わるのかというのを見せつけられた思いです。

 

 

後方の人数を揃えることを優先する守備

 

守備については、まず後方の人数を揃えてセットすることを優先しています。

布陣によりますが、5DF&4MFもしくは4DFもしくは5MFの2ラインです。

後ろの人数がセットされていれば、1人は前に出て相手のボール保持者にプレスを掛けにいって良いという形。

例えば相手のCBが持っている時には、宮吉に加えてボールに近いMFが前に出て制限を掛けにいきます。

また、5バック時には、前線からパスを受けに引いていく相手選手に一人がついていっても良いことになっている様子もありました。

つまり、5人でラインを形成している場合は、1人が出ていっても4人でカバーできるという前提があり、その場合には前に行っても良いということですね。

1人がプレスに出ていくとそれに伴って全体も上げていきますので、昨季まであったようなドン引き守備という印象はありません。

リスク管理を最優先にしつつ、できるだけ前で絡め取れるようにしている形ですね。

 

既に書いたように、攻撃時にはボール保持を長くして相手を押し込んでいくスタイルを志向しています。

その分奪われた時には、京都の選手が前がかりになっていることも多いです。

そのため、奪われた直後にはボールに近い選手がすぐさま奪い返しにいくことも徹底されています。

そこで奪えれば再びチャンスに繋げられますし、奪えなくても最小限時間を稼ぐことが必須で、その間に他の選手はポジションに戻っていきます。

攻撃時のサイドバックの位置取りもカウンターを受けた際への対応に気を配ったものになっていますし、攻守の連続を踏まえてチームとしてのやり方が構築されていっている印象です。

 

 

「原則」を徹底するからこその柔軟性なのか

 

正直なところ、第3節で布陣もメンバーも替えて戦いながら、それなりの内容でもって勝利を収めたことは驚きでした。

まず5バックにしたことについてですが、上で見てきたように、布陣が変わっても攻守のプレー原則は同じものとなっているので、選手としても大きなやりづらさはなかったように思います。

これがこの2年見てきた場当たり的なチーム作りだと、変化に応じてもう一度すり合わせていかないといけなくなるので難しいものであることは身に沁みているのですが・・・。

プレーする上での原則をこの段階で確立しつつある様子であるのは良いポイントですね。

 

ただ、実は最初の2試合を見た段階で、何人かの選手はメンバーに入ってくるのは難しいんじゃないかと感じていました。

フィジカル能力を武器とする本多や石櫃はサイドバックとしては厳しいだろうと思っていましたし、闘莉王も跳ね返し役もしくはパワープレー要員としての途中出場がメインだと思っていました。

その3人がDFラインに入って、多少ぎこちないところもありましたが、きっちりと役割をこなして完封したというのは正直言って意外でした。すみません・・・(笑)

 

この意味は大きいです。

最初2試合で見られた課題として、新潟戦ではカウエやレオナルド、鹿児島戦では韓勇太に代表されるように屈強なフィジカルを持つ選手に手を焼いていたところがあります。

全体のポジションで対応しようにも、どうしても個々の勝負に持ち込まれてしまう局面は出てきます。

テクニカルな分、全体的に強さに欠けるメンバー構成でしたので、どうなっていくかなと思っていたところです。

そこで、宮城や牟田の欠場もあったにせよ、フィジカル勝負で強さを発揮できる選手たちも十分にチーム原則の中でやれるのであれば心強いです。

特に次節はオルンガやクリスティアーノを擁する柏ですし。

 

もちろんまだ3試合しかやっていません。今後いろんな局面が出てくる中で不具合が出てくるところもあるでしょう。

現状でも、順応するためのステップではありますがパスのタイミングが弱かったりズレたりするところもありますし、危険なミスも多いです。

また、相手カウンターを阻止できなければ、フィジカル勝負で一気にゴール前に運ばれるのも、より丁寧な対応が求められていくでしょう。

攻撃面ではどこで仕掛けるか、仕掛ける数を増やせるかは課題ですね。

ただいずれも、チームの原則を徹底していく中で解決を図っていけると感じられるものです。
また、意外にもと言ったら失礼かもしれませんが、中田監督が現実的対応をきっちり打っているというのもおもしろいですね。

チーム原則としては挑戦的に思いますが、その実現実的なリスク管理も徹底していますし。

第2節に冨田が退場処分を受けた後には、5バックでスペースを消しにかかったのもそうですし、福岡戦もその流れですね。

それもあって各試合で内容の伴ったサッカーを出しつつ、結果もついてきているので、今後も選手たちは自信をもってトライしていけるでしょう。

 

見る側としても楽しいですね。ほんとに。

 

 

第1節
2月24日(日)14:03@西京極 天候:晴

京都−0 新潟
試合記録:
http://www.sanga-fc.jp/game/2019022406/data.php

【京都出場メンバー(4-1-4-1)】

GK清水。DF右から黒木、上夷、宮城、冨田。MFアンカーに庄司、前に右から中野、仙頭(87分:→モッタ)、重廣、小屋松(72分:→石櫃)。FW宮吉(87分:→闘莉王)。

【得点】

京都:なし

新潟:なし
【警告】

京都:なし

新潟:高木(68分)

 

第2節
3月2日(土)14:03@西京極 天候:晴

京都−1 鹿児島
試合記録:
http://www.sanga-fc.jp/game/2019030211/data.php

【京都出場メンバー(4-1-4-1)】

GK清水。DF右から黒木、上夷、宮城、冨田。MFアンカーに庄司、前に右から中野、仙頭(67分:→闘莉王)、重廣、小屋松(83分:→石櫃)。FW宮吉(90分:→ジュニーニョ)。

【得点】

京都:宮吉(23分)、重廣(40分:←宮吉)

鹿児島:韓(38分)
【警告】

京都:冨田(45+2分、58分)、宮城(81分)

鹿児島:中原秀(18分)、ウイリアン(20分)

【退場】

京都:冨田(58分)

 

第3節
3月9日(土)13:04@博多の森陸上 天候:晴

福岡 0−1 京都
試合記録:
http://www.sanga-fc.jp/game/2019030907/data.php

【京都出場メンバー(5-4-1)】

GK清水。DF右から石櫃、安藤、闘莉王、本多、黒木。MF前に右から中野(92分:→仙頭)、庄司、重廣、小屋松(88分:→ジュニーニョ)。FW宮吉(88分:→エスクデロ)。

【得点】

福岡:なし

京都:黒木(71分:←宮吉)
【警告】

福岡:石原(64分)

京都:なし



−2019シーズン通算記録−
2勝1分0敗 勝ち点7
3得点 1失点
第3節終了時点での順位:5位

 

【ゴール】

1得点:宮吉、重廣、黒木

 

【アシスト】

2アシスト:宮吉

 

【累積警告】

1枚:宮城

 

*冨田は同一試合での警告2枚による退場処分が1度アリ