いつも通りか・・・と思ってました。

序盤はいい滑り出し。
前節でも触れたけど、アツタカが存在感を強めていってる。
プロでのプレーに慣れたか、自信を持ってパス、ドリブルと色を出していってくれて心強い。
今日はCKも蹴ってましたね。

ただし、やはりサイドの守備が怪しいサンガ。
2点取られたけれど、両方ともコチラの左サイドを使われてる(2点目はCKでしたが、それに繋がったのはこっちの左サイドを破られてのもの)。
逆サイドにボールがある時に、もちろんベッタリつく必要はないけど、あまりに無警戒というか。
守備を念頭に置くか、そちらをある程度犠牲にして攻撃を考えるか、結局そのバランスを上手くとっていくことが大事だと思うんだけど、両方に中途半端になってる印象が強いです。

そこからは、いつものしんどい時間。。。
こりゃ今日もダメか、と思わされるような感じで時間が経って。


それが!
ソガハタのミスとはいえ、サンガにとって久しぶりのゴール。

一点の重みと言いますか、見違えるように試合の印象が変わる。
強気に前に出られるようになったサンガ。
どこかちぐはぐな(これは前半からそうやったけど、よりちぐはぐな)鹿島。

鹿島は連戦をほぼ同じメンバーで試合した疲労が出てたかもしれない。
今季の鹿島はどうやら勝負弱いというのも聞いた。

それでも、グダグダなサンガがあれだけプレーできるんだから、やっぱりメンタルなんだな。
点が取れない、負けが込む、自信をなくす、のサイクルだったんだろう。
降格が決まってからも、開き直ってプレー、したくてもできなかったのかな。
それがあのゴールで、動きが変わる。つくづく面白いなぁ。
まだ負けてたから、追いつこう、っていう意識を持ち続けれたのも、強気になれたひとつの要因やろう。


最終節、相手はFC東京。
心理的にはあちらはモチベーションが高いけど、かなりのプレッシャーを受けながらプレーすることになるはず。
変に合わせること無く、自信を持ってやってくれたら。
どの選手にとってもこの一年の最後、ですからね。
反省ばかりかもしれないけれど、この一年で得られたものを生かして、ピッチで表現してもらえればと思います。