神戸に勝ち、新潟に引き分けて、を受けての磐田戦。
でしたが・・・0-1と残念な結果となってしまいました。

簡単に言うなら、『ほとんど何もなかった試合』です。
勝った磐田も、負けた京都も。
お互いにぼわーっとしたまま試合を進め、そのまま終わってしまった。
結果としては、クリアボールがうまく前田の前に転がってきた磐田が勝ちを拾ったと。
(磐田について書くと、もともと中央が不安定なイメージがありましたが、古賀の加入が大きいのか、今日は締まった試合してましたね。その安心感からか、ダイレクトでポンポンとはたいて行こうという姿勢も見せてた)


京都として悔やまれるのは、先制されたのが始まってすぐやったこと。
なんかバタバタした感じで、失点に直結した増嶋のクリアミスの前にも、何本か中途半端なクリアミスがあった印象を持っていた(そういえば、たった3分で!)。


それ以外は、特に「ここが全然ダメ!」っていうところってないんですよね、正直。

それは、端的に言うと何もチャレンジしなかったからで・・・
サイドを突こうとしているのはわかりますが、どうしても手数がかかってしまっている。
さらにそこでミスが出てしまうので、後ろにも負担がかかる。

で、京都は言ってしまえばいつもそうなんですが、それでもいい時は、ハッキリとした動き出しが見えて、それに呼応する。
その役割を担うのが、交代で入ってくる選手もしくはタイスケor大剛なんですが、今回はそれもなかった。


今日のアキさんの采配は、結果から行くと失敗。
交代選手で流れを作ることはしなかったし、後半、両サイドバックがなかなか絡めなかった。
特にタイスケは、飛び出して受けることがまだそこまで上手くないし、高い位置を取らせていた方がやりやすいかもしれない。アツタカとの相性もあったかな?(←シャレじゃないからな!)


で・・・なんでアキさんが交代枠を使わなかったのか。
ここからは推測です。幾つか考えられることを書きます。

まず一つ。新潟戦で、ヤナギを投入した後にテヒが退場したこと。アキさんは監督になってまだ数試合。
交代直後のアクシデントっていうのは初めての体験やと思う。
新潟戦は10人になってからもそれなりにいい動きでしたが、アキさんの頭には警戒すべきこととして刻まれたかもしれない。で、ここで主審が佐藤さんやったってことも絡むんですが。。。

2つ目。多分試合後のコメントからしてもこれが正しいと思うんやけど。
後半、磐田もそんなにいい出来ではなく、ズルズルやっててもポロっと点が入る可能性はあった。
一方、守備はしっかりやれていた。
こういう時、ボランチ含めた後ろはなかなかイジれない。
じゃあ前を、ってなるんやけど、今日のFWは一発のあるディエゴとドゥトラ。う~ん、と。
(ディエゴ、ドゥトラの2トップはどうしても動きが少なくなるのだけれど・・・真夏の時よりマシでしたが)
やるとしたら、安藤からヤナギ。ただ、これをやった時の、サイドハーフにドゥトラを置くリスクを考えたんだろうなと。
ただ、少なくともドゥトラをヤナギもしくは西野に替えるってのはあっても良かったんじゃないかな。。。
ここは、監督経験の少なさが出てしまったか。なかなか踏ん切りがつかなかった、迷いがあったんじゃないかなぁと思う。

3つ目。2つ目とも関連するし、やや残念なことになるけど。
交代で出す選手がいないのでは?
それはコンディション的なこともあるし、戦術的なこともあるだろうし。
慎吾さんもケガ明けで、ヤナギもフル出場できてないところを見ると、あまりよくなさそう。西野も前の試合はイマイチやったわけで。。。


こういったのが複合されて、結局、『交代一枚』という、見てる方は歯痒い形になったのかな。
もちろん、それでもアキさんには、チャレンジしてほしかったんですが・・・


次はホームで広島戦。
ここでは、チャレンジする姿勢を見たい、切に。