講師として何を実現したかったかを再確認した1日。 | パーソナルブランドコンサルタント 立石剛のブログ
2018-06-11 16:31:41

講師として何を実現したかったかを再確認した1日。

テーマ:ノウハウ

 

先週末は大阪で、

セミナー講師養成コース」大阪28期、

 

セミナー講師養成コース」東京23期

の開講日でした。

 

今期は、大阪、東京あわせて25名受講。

うち、保険会社の方が4名受講してくだ

さっております。

 

保険会社の方と話していると、

昔の自分を思いだしますね。

 

 

自分がなぜ講師になったのか?
講師として何を実現したかったか?


 

15年前の私は、努力すれども、

思うように結果が出ない営業マン。

 

結果を出している人ばかりに光があたり、

結果を出していないと自分の居場所がなく
なっていくようで辛かった。

 

努力が結果につながる人、
そうでない人の違いは何かと、
この頃から色々と考えはじめました。

(この時の経験が、

パーソナルブランド理論の原点)

 

 

一方で、同僚が次々とやめていく。

 

辞める人たちは皆、

会社や上司を批判して辞めていく。

 

入社したての頃は皆、

夢や希望を持っていたのに、

上司部下とも熱く語りあえた仲なのに、

お互い理解しあえなくなるのが悲しかった。

 

 

一部の側面だけで評価されるのではなく、
一人ひとりの強みや個性に光があたり、

一人ひとりが自分らしく働ける社会であって欲しい。

 

関わる者同士がお互いを理解し敬い、

お互いを活かしあえる社会であって欲しい。

 

そう、強く思うようになりました。

 

このような社会を実現したくて

15年前に作ったセミナーが、

「パーソナルブランドの作り方」です。

 

人それぞれの強みや個性に目を向け、

自分らしい働き方、自分らしい成功を
手にいれるためのオリジナルセミナー。

 

まさか15年も続くことになるとは思って

もいませんでした。

 

セミナーづくりを通して手に入れた

ミッションの力は大きかったように思います。

 

自分がなぜ講師になったのか?
講師として何を実現したかったか?


私のミッションは

一人ひとりが自分らしく輝く社会を創ること。

少しは社会にも貢献できたのではないかと

思っております。

 

しかし、まだまだこんなレベルでは終わ
りたくありません。

 

昨日、保険会社の人と話していて、

私のセミナーを必要としている人が

世の中にはまだたくさんいることを知り、

 

もっともっと伝えていきたいという想いが

沸き起こってきました。

 

というわけで、今後は講師活動を増やし
ていくことにします。

 


[お知らせ]

 

★「パーソナルブランドコンサルタント認定講座」

1人ひとりが輝く社会を目指して、

パーソナルブランの大切さを、
私、立石と一緒に伝えていきませんか?


大阪5期の詳細はこちら
ビックリマーク
 

パーソナルブランドプロデユーサー 立石剛さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス