戦いを経験して、戦わなくていいことを知る | パーソナルブランドコンサルタント 立石剛のブログ
2017-12-25 14:49:15

戦いを経験して、戦わなくていいことを知る

テーマ:人気講師になるためのマインド
{E3CDA4EA-CB7C-422C-A117-4FA0F73B6786}

 

セミナー講師の甲子園、
今年の地方大会はこれですべて終了。

 

先日の東京大会、出場者の発表が素晴らしかった。

 

皆さん個性際立つ内容ばかりで、

みなが伸び伸びと発表されていた。

 

サポーターによる運営もチームワークばっちりだった。

 

何よりも嬉しかったのは、

出場者同士が仲が良かったこと。

 

出場者とサポーター、出場者と認定講師。

コメンテーターやオブザーバーとも。

 

みんなが終わってからとても仲がよかった。

 

馴れ合いというのではなく、

お互いを認めあい讃えあう関係だ。

 

やはり、みんなが仲がよいのが一番だと思った。

 

私は若い頃から、

人間関係の争いごとが大嫌いだった。

 

人の陰口や悪口がとくに嫌いで、

会社員時代は、誰かが会社や上司の悪口を言い
始めると、黙ってその場を立ち去るくらいだった。

 

ある時、他人を責めているのは私だと気づいた。

 

他人を責めてはいけないという理由で、

私が他人を責めていたのだ。

 

すべては相手の問題でななく、

自分の問題であると気づいた時から、

私の人との関わり方は大きく変わった。

 

他人の陰口、悪口を言う人にも
その人なりの理由があり、
それはその人にとってのその時できる
ベストな選択なんだと、
受け入れられるようになった。

 

人それぞれに正しさがあり、

その正しさを理解し、

受け入れられると、

人間関係はうまくいく。

 

私はやはり、みんな仲が良いことを大切にしたい。

 

人は、人と戦うために生まれてきたのではない。

人は、人を認め、支えあうために存在しているのだと思う。

 

セミナーコンテストはそのようなことに気づかせてくれる場だ。

 

戦いを経験をすることで、

戦わなくていいことを知るのだ。

 

他人とも、自分とも戦わない生き方。

それが、自分らしく生きるということ。

 

私は、自分を認め、

自分を生きる人を増やしたい。

 

関わる人たちが、お互い認め、

お互いを生かしあう社会をこれからも広めていきたい。

 

そのために、私は、100年続くセミコンを目指す。

 

 

【講師以外の人にも参加して欲しい】

 

セミナー講師の甲子園、セミナーコンテスト全国大会は、
誰でもオブザーバー参加できるイベントです。

 

自分らしく輝くとはどういうことか、肌で感じてください。

 

詳細はこちら

パーソナルブランドプロデユーサー 立石剛さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス