2017-10-09 13:01:29

何をゴールにするかで仕事の質は変わる。

テーマ:ノウハウ

 

先週末、今年最後の「セミナー講師養成コース」がスタートしました。


今回も様々な業種の方、個性豊かな方が多数集まりました。2ヶ月後の卒業発表がとても楽しみです。

 

さて、このセミナーでは、私、立石剛が、セミナー講師として独立してからどのように仕事を受注し、稼いできたかをタネ明かししていきます。

 

1年目から仕事が途切れずに講師活動ができたのは、あることをゴールにセミナー開催を続けてきたから。

 

セミナー開催することをゴールにする講師、満席になったら成功と満足してしまう講師は少なくないと思います。

 

私はちょっと違いました。セミナーを開催すること、満員御礼をゴールとは考えなかった。

 

参加してくださったお客さんの中から、新たな仕事をいただくこと。お客さんを紹介をしていただくことをゴールに開催し続けたのです。

自ずとセミナーのクオリティーは上がりました。

 

講師1年目からなぜこのような発想が持てたのか?

 

私が生命保険の営業をやっていたことで、自然とそのような発想が身についていたのでしょう。

30歳の時に私は生命保険会社に転職しました。フルコミッションの生命保険営業においては、常に新規の契約を挙げ続けなくてはいけません。

 

そのためには、成約いただいたお客さまに紹介をいただくことが不可欠です。
 

入社したての頃、先輩からのアドバイスが私の意識を変えました。
 

「成約をゴールにしてはいけない。紹介をいただくことをゴールに仕事をしなさい。」

 

生命保険の営業は契約をいただくことですら容易ではありません。大切な友人、知人に保険営業マンを紹介することは、さらにハードルの高いことです。


普通の顧客満足では紹介は生まれない。
 

顧客の期待を超える提案をしなくてはいけないと、基準が大きく上がったのです。
 

先輩のアドバイスをもらってからというもの、いかにしてお客さんの期待を超えるか、人に紹介、口コミせずにいられないほどの仕事ができるかと、そのことばかり考えていました。

成約していただいたお客さんから徐々に紹介がいただけるようになったのです。

 

この時の経験と教訓が、セミナー講師として独立したばかりの私の力となったことは間違いありません。
 

セミナーを開催すること、満席になったことで満足はしない。
 

「お客さんが友人を紹介してくれる。」「うちの会社に来て話してほしいと言わわれる。」をゴールにセミナーを開催し続けました。

「紹介してほしい」「私を呼んでほしい」とも伝え続けました。

 

結果、講師として独立して1年目から仕事の受注が途切れることがなかったのです。

 

何をゴールにするかで仕事の質は変わります。

成約をゴールにしない。これからも、ご紹介をいただける質の高い仕事を目指したいと思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パーソナルブランドプロデユーサー 立石剛さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。