{93A8EF0E-6B6D-4FB7-AA6F-D1EB168A38D0}
[DA:現場]
勝利
"'ビッグバンのメンバー'という言葉聞きたい、
自信がある"(一問一答)

グループはビックバンの勝利がソロに戻った。 

20日、清潭洞(チョンダムドン)M-CUBEでは勝利、正規1集'THE GREAT SEUNGRI'発売記念の懇談会が開かれた。

勝利は5年ぶりに発表するソロアルバムについて"真実の姿、音楽的な私の歌手としての才能を私のソロツアーに多くアピールしたい。ビッグバンの空白期にソロ活動をするものであるため、音楽的に責任感を大きく感じる"と話した。さらに、"今回の活動を私の全盛期に作っていきたい"と覚悟した。 

タイトル曲'三つ数えるので(1、2、3!)'はプロデューサーテディが作詞、作曲した歌だ。サブタイトル曲'Where R U FROM'は、華やかなEDMダンス曲で、老若男女みんなに愉快さを与え、ウイナーソンミンホが客演をした。 

タイトル曲のほかにも'LOVE IS YOU(ft.Blue.D)''知らなくても、(ft.B.I)''甘い嘘(ft.DANNIC)''BE FRIEND''HOTLINE''一人いる法''GOOD LUCK TO YOU'計9トラックで構成されている。ダンス、R&B、EDMなど多様なジャンルを網羅し、きめ細かに完成しており、8曲に勝利が参加した。今日(20日)夜6時公開。


{9C276ECF-8411-492A-B59C-E23FE9DECCB6}

<勝利 一問一答>

Q.5年ぶりのカムバックの感想。

-ビッグバングループ活動をしながら多様な活動をして、個人的な活動をした。ソロよりはグループ活動がもっといい。一つより二人が良く、三人が良くて五人がいい。しかし、現実的に状況がビッグバンのメンバーらが空白期間で、唯一一人で残っているビッグバンのメンバーだ。大衆がビッグバンの空白期を大きく感じないように作ろうとした。メンバーたちも、軍入隊前に'君がファンらが空白を感じないように活動してほしい。音楽的にもビッグバンのメンバーとして活動してほしい'とジードラゴン兄が特に強調して言った。ビッグバンのメンバーとしてチームに資するために、ソロアルバムを準備した。以前のソロアルバムでは欲張りて野望が溢れたが、今回だけはYG所属している最高のチームと一緒に作業してもっと音楽的に成長した姿、老練な姿、ソンスクミあるアーティストとしての姿を大衆とファンたちに見せるために心血を傾けた。 

Q.初のレギュラーアルバムの意味は?

-YGはアルバムを随時よく発売する会社ではない。ディテールに心血を傾けている。9曲を出すが、運が良ければ3個程だけに記憶されるだろう。真実の姿、音楽的な私の歌手としての才能を私のソロツアーに多くアピールしたい。 

Q.異例的にテディと初めて作業をした。作業するようになった契機が気になる。

-初めてテディ兄と作業をした。作業を始めた瞬間から'ビッグバンの勝利であるだけに可能な音楽をしたい'と話した。勝利であるだけに可能な愉快な音楽をしようとした。 

Q.以前のソロアルバムではジードラゴンの参加がない。 

-多くの方々が色眼鏡をかけてしまう。ジードラゴンがすれば全部上手くいっていると知っている。ビッグバンのメンバーたちもプロデュースに参加するが特にからドラゴン兄にフォーカスが行く。これまで肩越えて見て学んだことがある。全てのノウハウが込められている。メンバーお兄さん達にも助言、コメントをしてもらいたかった全部軍生活の関係で話をしなかった。 

Q.YGで特に全面的に支持してくれたようだ。

-そうだ。私が序列が多く掲載された。メンバーたちが空白期だ。多くの方々が疑問に思った。音楽でもなく、何の事業かと。しかし、結果を作り出し、社長も私に対する信頼が生じたし、私が設立したDJ・レーベルを買収、YGXというラベルの代表になった。YGの看板グループであるビックバンのメンバーとして、現在YGで全面的に支持してくれることについて、結果を出さなければならない。重い責任感を感じる。ビッグバンのメンバーとして最高の結果を作り出さなければならない。 

Q.'三つ数えるので'に歌手知っているが出演する。

-アンダがYGX所属アーティストになった。ポテンがある歌手だ。今後の活動を計画中だ。 

Q.後輩らと競争しなければならない。

-ビッグバンが来年に13年目だ。ウォノウォン、防弾少年団をはじめ、トゥワイス、ブラックピンクなどが活動中だ。後輩たちがよい音楽活動をしてほしい、応援している。競争という表現よりは今回の活動は私らしく活動したい。競争するにはメンバー数から不足する。 

{B2815AD8-810F-4612-B0DE-35F4ACF9830E}
Q.自信の源泉が気になる。 

-ビッグバンで生き残った理由は一つだ。自信。最初は無謀な自信感だったが、自ら気づいた。メンバーたちと違う僕だけの長所、才能を探すために努力した。

Q.事業を多方面にしている。

-私は生存力だけ持ってビッグバンを開始したメンバーだ。錚錚たる実力を持っているメンバーたちに轢かれて後回しで、認知度も後回しだった。顔で立てようとしたら塔があり、ダンスを立てようとしたら太陽があるし、音楽的に、ファッションの方に行こうとしたらからドラゴンがあり、芸能に行こうとしたら大成があった。私だけの生存力で事業を開始した、ノーハウができて結局自分に合う事業を訪れるようになった。しかし私は経営について習ったことがないが、ビッグバンで活動し、100回以上の公演を行っており、人ということを知った。それでスンチュビというニックネームも付けられた。人脈、良い人をそばにいるのは上手だ。梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)会長の眼目、霊感を多く受けた。

Q.事業家の視線でYGの未来はどうか? 

-事業家の視線でYGの未来を話してほしいという敏感な質問だ。私はただYGがいい。家だ。家を出たら寒くてひもじい。YG、愛してる。YGがさまざまな事業を展開している。すべての事業の重点は、韓流だ。グローバルに知らせしようと努力中だ。韓流のコンテンツを持って多様な事業を融合させて、グローバル化させていることに大きな役割をする価値の高い会社だ。今YGで発表しなかったが、ウイナー、アイコン、ブラックピンクを継ぐ友達も準備ができている。この友達もすごいする。私が考えるYGの未来は'とても明るい'と断言できる。YGXに力をたくさん乗せてくれている。私がやってきた系列会社で、様々な事業を準備中だ。会長様とは異なる視線でもう少しトレンディな目で私が直接新人を発掘する作業も進行中だ。時間が流れたときYG系列会社で出た新人たちがYG本社よりも優れることが起るかもしれない。 

Q.軍入隊後に控えた。

-時期は正確に決定されていなかった。しかし、来年初めには入隊することだ。理由は、誰よりもビッグバン完全体が早い時間に再びファンの前に立つのを望んでいるからだ。空白がさらに長引けばならない。 

Q.偉大なスンチュビは何番目の全盛期を迎えていますか?

-ビッグバンならないことを何しているのかなという気がする。今は欲がたくさんなくなった。ゆっくり一階段一階段上がったい。グループ名を看板につけて活動するソロアルバムだ。今回の活動を私の全盛期に作っていきたい。 

Q.最終の夢は何か
-幼い年にビッグバンでデビューし、愛をたくさん受け、金銭的にあった。私の今後の10年は受けた愛を返す時間になるだろう。それでビッグバンが早く集まらなければならない。本当に簡単にはよい父親となることが夢だ。そうと子がいるわけではない。職場人と熱愛するという記事が出たケド、それも事実ではない。'私一人で生きる'に登場した課長と言われているが、その記事以降に恥ずかしくなった。 

Q.最後に。
-もビッグバンのメンバーという言葉を聞きたい。これから先の私の行動も見守ってほしい。私はデマもいいし、すべてがよい。一番嫌いなのは無関心だ。ありがとうございます。
http://sports.donga.com


BIGBANGのV.Iが本日(20日)1stソロフルアルバムを発売する中、感想を打ち明けた。
{5897B6B5-BE5E-4FD0-B754-AFD71E46704F}


V.Iは20日、自身のInstagramに「BIGBANGのグループ活動のほうがもっと好きな僕ですが、今回5年ぶりのソロ活動は僕にとって大きな意味があります。メンバーの兄さんたちの軍入隊のため1人残された末っ子として、ファンたちにBIGBANGの空白期を感じさせないようにしたい気持ちでいっぱいで、兄さんたちの応援が今回のソロアルバムを完成させるまでの大きな原動力になったと思います」と打ち明けた。

また、V.Iは「5年ぶりのソロアルバムは、僕の未熟な部分を成長させて埋めることができるように、最高のチームが隣で一緒に助けてくれました。ヤン・ヒョンソク代表をはじめ、TEDDY兄さんとFuture Bounce兄さんたち、今回のアルバムを助けてくれたすべての方々に心より感謝申し上げます」と伝えた。

最後に彼は「さらに老練で成熟した姿で皆さんの前に立つことを約束し、今回の僕のアルバム『THE GREAT SEUNGRI』のソロ活動にたくさんの応援と声援をいただければ、本当に幸せだと思います。以上、BIGBANGのV.Iでした」と話した。
{22E69A17-DAD9-4A73-99B1-6AB52FF6B9E4}

これと共にV.Iは今回、自身のソロアルバムの制作に参加したスタッフと撮った写真を掲載した。写真の中でスタッフたちはV.Iの新曲「1,2,3!」を意味するように、指3つを広げている。

V.Iは20日午後6時、1stソロフルアルバム「THE GREAT SEUNGRI」を発売する。V.Iのソロ活動は2013年8月「Let's Talk About Love」以来5年ぶりだ。

タイトル曲「1,2,3!」はセンスあふれる比喩表現が含まれた感覚的な歌詞が、V.Iのアイデンティティーをよく表している。TEDDYが作詞・作曲を務め、V.Iは作詞と作曲に参加した。24、ソ・ウォンジンは作曲と編曲に参加した。

【V.I コメント全文】

BIGBANGのグループ活動のほうがもっと好きな僕ですが、今回5年ぶりのソロ活動は僕にとって大きな意味があります。メンバーの兄さんたちの軍入隊のため1人残された末っ子として、ファンたちにBIGBANGの空白期を感じさせないようにしたい気持ちでいっぱいで、兄さんたちの応援が今回のソロアルバムを完成させるまでの大きな原動力になったと思います。

5年ぶりのソロアルバムは、僕の未熟な部分を成長させて埋めることができるように、最高のチームが隣で一緒に助けてくれました。

ヤン・ヒョンソク代表をはじめ、TEDDY兄さんとFuture Bounce兄さんたち、今回のアルバムを助けてくれたすべての方々に心より感謝申し上げます。

さらに老練で成熟した姿で皆さんの前に立つことを約束し、今回の僕のアルバム「THE GREAT SEUNGRI」のソロ活動にたくさんの応援と声援をいただければ、本当に幸せだと思います。以上、BIGBANGのV.Iでした。


{3E07C263-FC89-4A20-A342-482F8F34B2B7}





{328F0F48-1258-44A3-87A9-5EE00013D6B0}
脱いでラブ
{E110401D-43A1-43B9-8E45-60962FE4ACA3}
着てウシシ
{74197513-75A5-4188-B090-6CE00A55301F}
脱いでラブ
{552A365E-81D6-44D9-B03C-9B3F2B5B7736}
着てウシシ
{235B933E-8992-4CE6-944D-6FDF27DC6C63}
セクシースンリぶちゅー
{5239F017-3C7F-41F3-9EFA-0EFAC72960B2}

1回目、聴いた時より

2回目

3回目

なんだか

懐かしいような…

癖になるスンリのDANCEキラキラ


クラッカー拍手クラッカー

キラキラGREAT SEUNGRIキラキラ