ILCHI希望の手紙

 

「脳は変化し続ける」

私たちの脳は驚くほどのレジリエンス(回復力、弾力性)をもっていて、死ぬまで変化します。

これは大きな希望です。

年齢が高くても新しいことを学んで経験し、自分の考えや習慣を変えられるのです。

私たちはよく、人は変わらない、年をとるとなおさら変わりにくいと思っています。

しかし私たちが努力すれば、脳の優れた可塑性のお陰で、どんなに年をとっても変化できます。

実際に刻一刻と変化しています。

さらに重要なのは、私たちが脳を訓練することによって、その変化の方向を自ら導くことができるという点です。

 

一指李承憲著『人生120年の選択』より

 

★ILCHI希望の手紙のバックナンバーはこちら★


http://ilchi.jp/?p=14