これで良し(^_-)-☆ | ブレインレスキュージャパン。・。☆

ブレインレスキュージャパン。・。☆

ブレインレスキュージャパンは
あなたの心と身体の痛みを取るための、
メスも薬も使わないメソッドです


テーマ:

 

宝石ブルー鈴木るみの独り言ブログ宝石ブルー

 

セッションによりたった3か月で10年以上辛かったウツから抜け出したクラアイントさまが「もっともっと沢山の辛い方にこの情報をお知らせするべきです」と感動とともにある出版社さんを紹介してくださりましたハート

出版社社長さんは面白いテクノロジーだねと言ってご自身でも何度も体験してくださり、出版社スタッフさんも体験してくださり(そのうちのお一人のスタッフさんはウツから抜け出しましたむらさき音符)全員一致のもとにブレイン本の出版が決まりました爆  笑チョキ

この本のために私もスタッフも全員「眠る代わりにセッションをしよう」を合言葉にすべての力を出し切りました炎

 

私は編集者さんに何度もダメ出しくらってもあきらめず、挑戦また挑戦していきました!!なにせ17歳から47歳まで精神病だったもんで文字なんて読んだ事も書いた事も無いですしアセアセあると言ったら世間で「うわーこの人の体験凄いびっくり」という体験本を見て「うわーこの人の体験文章にまとめられていいなーおねがい」みたいなくらいの膨大な体験の数のみもやもや

 

その絶対にあきらめない鈴木を見ていた翻訳ゆんちゃんがある日「もしかして、鈴木せんせの体験はなんだか文字っぽくない感じなので、鈴木せんせの言っている内容をいきなり英語にしてしまってから日本語にするという方法を使ったら文章になるかもしれない!!という奇抜な提案をしましたハッ

私の喋っている事を全部テープにとってそれを英語で文字起こししてそれを日本語にするなんて・・・・大丈夫か!?

「やってみます!!また、本部の方達の英語資料も社外秘以外の英語資料も全部日本語に訳します雷

 

セッションで数十年のウツから抜け出し元気いっぱいのスタッフ杉ちゃんなどは「鈴木さん 今こそやる時です。僕がずっと書き続けてきた資料を使いましょう。僕はこのテクノロジーがベースとしているカールプリグラムをもう20年も前から勉強しているんです。カールプリグラム デニスガボール なんでもなんでも聞いてください~」

 

セッションで元気になったクライアントさまにも呼び掛けたところ

沢山のすごい体験談を書いてくださりましたハートハートハート

みんな文章のプロじゃないのに一生懸命自分の字で書いてくださった

 

本は5月に出る予定だった・・・でも先方の大人の事情で6月、そして7月になり、流石の鈴木もちょっと力を入れて出版社に「早く本にしてくれないと内容がもっともっと進化してVol2になってしまいますおいでと訴えたアセアセ

そして最終、出版社さんが9月の出版を約束してくれた!!

 

やっとやっと本の出版ができる音符結構有名な出版社でもあるハートやっとみんなに告知できるぜ~~!!

 

そして最後に確認のため出版社さんに条件などをもう一回おさらいしましょうというメールを出したところ・・・

「えっびっくり?まじプンプン? なんか条件が最初に言ってた事とじぇんじぇん違うじゃん!!本を出してやるからそのためのお金は全部あなたが出して儲かりはうちが沢山いただきます」というお金儲け主体の条件に変わっていたガーン 最初とまったく違う回答に鈴木唖然ガーン

みんなが笑顔になるためにうちは出版という形で協力しますという最初の条件はいったいどこに行っちゃったんだろかもやもや

鈴木は、そんなんだったら一生懸命作ったこの本をあなたの会社から出版することをお断りしますプンプンこれはお金の話ではなく信用の話ですよ!!と断ってしまったのでしたドクロドクロドクロ

 

凄く一生懸命、作った愛情たっぷりの本だけど、そんな本だから「金儲けを一番の目的として出版業をやっている会社から出す」のは本に申し訳ないって思ったうずまき

スタッフもみんな「それで良しチョキと言ってくれた・・・キラキラ

 

 

とは言っても、今年になってからほとんどの時間を本を作る事に一生懸命になってきただけに、かなり気が抜けてしょんぼりしていたこの2~3日があり・・・ショボーンそして今日、FBでかなりビックリした記事を見つけたのでしたびっくり!

 

それは結構有名な未来予測者の方がここの出版社から派手に対談本を出している広告を見つけたのです!!この偉そうな未来予測おやじの事は知ってるんです。本当にえっらそうなこのおやじ。私と名刺交換した時も「俺の名刺もらえるのをありがたいと思え」くらいのノリ。私のクライアントがこのおやじのカウンセリングに1時間3万円をもっていったところ「お前は日本人じゃないから幸せにはなれないもやもやとアホみたいな事をほざいた最低なおやじなんです。私は一生懸命お金貯めてこのおやじのとこでめちゃめちゃ傷ついたクライアントの涙を忘れないタラー彼女は世界で一番幸せになる人ですよラブラブ

その差別おやじの本の広告を見たときに、ここの出版社さんから尊い我らがブレイン本を出すのをやめて本当に良かったって思いました!! こんな人種差別おやじと一緒にされたくない!!

 

いつかチャンスは来るイエローハーツチャンスが来なかったら作ればよいイエローハートあきらめないで進む先にはもっと大きなチャンスが待っているイエローハーツイエローハート

いつかみんなが読めるようにブレイン本を出版しますので・・・チョキ

 

みんな もうちょっと待ってて~爆  笑チョキ

 

 


にほんブログ村

ブレインレスキュージャパン☆鈴木るみ☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス