すごいお母さん~困ったことが才能になる~ | 藤原美保 official

藤原美保 official

発達障害周辺の女の子の身だしなみマナー療育を行っています

利用者さんでいま中学受験の為に3月からLuceをお休みしてる子がいます。

近くに住んでいるため時々顔を見せに来てくれるかわいいお嬢さんです。

 

1年生のころから通っているのでもう6年生早いなあ~~照れ
遊びに来てくれると元気な顔を見る事が出来て嬉しいなあ~~~~


幼いころから触覚過敏で着られる素材も限られていて服の縫い目などもとても気になるお子さんんです。

 

 

通い始めた時、保護者は彼女の触覚の事にとても悩まれていました。靴下が履けなくて、寒い日でも裸足。。冷たくなった足先でも靴下を履くのを嫌がってレッグウォーマーをネットで私も探した記憶があります。

これはどうだろう?これは?とお母さんと一緒に相談したこともありました。

 

 

我儘ではなく彼女の特性の一つだと保護者に話した5年前・・・

様々な相談にのりつつ今の彼女があります。

 

その彼女今は本当にちょっとした生地の違いが判り、これはちょっと固い、こっちの方がふわふわしてるからこっちなら大丈夫と

普通の人ではわからないくらいの微妙な手触りが解り教えてくれるのです。

もうこれは才能レベルだ!と感心していると

これ、「何回洗濯したら着られなくなると思います」

え~~~~~~~~~
お母さんそんな事生地触っただけでわかるようになったの@@;

自分の娘が着られるもの一生懸命探して試して頑張ったのね~~

お母さんの感覚は普通だけど娘さんに寄り添って寄り添って来たのね。

凄い!

感心した。
お母さん!それも才能よ!