食べ物が身体を作る~腸内環境を整えよう~ | 藤原美保 official

藤原美保 official

発達障害周辺の女の子の身だしなみマナー療育を行っています


テーマ:

日本がヨーロッパより食品添加物が使用されているってご存知でしょうか?

 

私はお肉を一部のブランドを利用させていただいているので生協を使っているんですが、

生協さんの食品添加物への基準を定めていたとしてもそれでもまだ

25倍から30倍近くヨーロッパより認められているそうです。

 

その中には日本の1/500の基準しか認められていないところもあるそうです。
 

今は和食ブーム!しかし食品添加物を使って日本で作られた調味料が

ヨーロッパへ輸出された際に発ガン物質が危険だからと返って来る事があるそうです。

 

「サラミ」って食べますか?
私はコンビニで売っているあのサラミは臭くて苦手なので食べないのですが、

裏を見てみると添加物の王様・・ガーン

とても子どもには食べさせたくありません。
先日ようやく食べてもいいサラミ見つけました。

image
やっぱりスペイン・・

ヨーロッパ・・

特に子どもは代謝が激しい為、食物の影響をまともに受けます。

そしてその食べ物の影響を腸内環境はまともに影響受けます。

添加物の摂取は腸内環境を荒らします。

 

私は普段から食生活の大切さを保護者に話しています。

無防備な子どもを守るのは親しかいません。

子どもが口にするものを選択できるのは親です。

保護者が学ばないと子どもにとんでもないものを食べさせる事になるのです。

 

スナック菓子の依存性はよく取り上げられますが、調味料なども気を配りたいです。最近私が使っているのはこれimage

image

 

原材料名  ゆず(笑)

 

これスタッフのお母さんからいただいたんです^^

私は2度も癌になっているので食品添加物にはちょっとうるさいのですが。。。
 

そしたらスタッフが「先生、これ母からです・・」とプレゼントしてくれました。

これすっごいお勧めですラブ。つい先日もらったんですが・・もう半分使ってしまいました(笑)

腸内環境にも優しい調味料です。


4月19日に腸内環境のセミナーやります。

私も普段の食生活や子どもの食生活について15分ほどお話させて頂きます。

無料です。

 

是非ご参加ください。

お申し込みはこちらから

 

 

 

 

藤原 美保さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ