お薬について~発達障害の子の薬の使用について~ | Splendore(SDD研究会)

Splendore(SDD研究会)

発達障害周辺の女の子の身だしなみマナー療育を行っています


テーマ:

最近新薬のニュースが私の耳にも入ってきています。

反対派の方も多いようです。

 

覚醒剤と同じ成分が使われているから・・だとか・・。

私は反対派ではありません。

かといってもろ手を挙げての賛成派でもありません。

 

ただ・・

現状を知らない方にむやみやたらに反対とはしてほしくないと現場の人間は思うのです。

SNSで「発達障害にこんな薬を使わせるなんて!!」と騒いでいる方のどれくらいの方が

発達障害に対してのしっかりとした知識をお持ちでしょうか?

 

発達障害の中には他の認知レベルは高くても衝動性や抑制力が

2歳や3歳レベルのお子さん、前操作期(ピアジェ)の子もいます。

日常生活で情報処理が上手くいかず、衝動的な行動をし、周囲からも疎まれ、

叱られてばかりのお子さんがいます。

 

まだまだ学校や社会はそんな彼らへの視線は冷たいのです。

考えてみてください2歳、3歳の子に我慢させるのがどれだけ大変か・・。

 

しかもその子の体の大きさは2,3歳ではないのです。

親も抱えてその場を離れるわけには行かないのは明白です。


更に本人はほかの部分は認知が育っている場合自己嫌悪に陥り、

苦しくて苦しくて仕方ないのです。
その2次障害から他害や物損、自傷行為が始まることもあるのです。

 

保護者はただ子どもをコントロールできないダメな親だと白い眼で世間から見られ

いたたまれない気持ちで毎日が針の筵なのです。

夜も眠れない子もいます。日中生活がままならない子もいます。

それは、脳の未発達なせいでホルモンの分泌が悪かったり、

内臓の働きや中枢神経など様々な目に見えない問題を抱えているからです。

 

そんな毎日がお薬で少しでも楽になるなら・・

私は使う事を薦めます。

 

「覚せい剤の成分が入っている」と言うのも何を選ぶかです。

末期がんの患者はもう望みがないなら緩和ケアでモルヒネで痛みを

和らげてあげるのと私は似ていると思います。

それほど苦しんでいる子や親たちがいるのです。

 

依存症の恐れ・・

では二次障害、行動障害の苦しみと天秤にかけた時に

どちらが社会で暮らす彼らにとって良いのかを考えたことがあるでしょうか?


同じADHDの診断でも発達障害の診断でも子供は一人ひとり違うですから私は

保護者にいつもお薬を使う場合の心構えをお話します。

 

まず医者が出してくれたからと言って子どもに効果があると思わないでほしい。

とにかく観察してほしい。

合うか合わないか、ほかの薬と併用した方が良いのか?

自分の子どもに合った薬を見つけられるのは普段そばで見ている親しかいないし、

それを見つけるには時間がかかるという事を。

残念ながら医療者も薬のことはわかっても子どものことはわからない人がほとんどです。

日常の状態は保護者にしかわからないのです。と。

 

ですからむやみやたらに成分が云々とかだけで判断するのはやめてほしいと思いjます。

合法であるなら選択肢として与えてあげて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

藤原 美保さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス